« ツール・ド・おきなわ 市民85km速報 | Main | ちょっと頑張り過ぎちゃったかな!? »

November 13, 2008

ツール・ド・おきなわ2008 ~雨中の85km~

2008.11.9 ツール・ド・おきなわ2008 市民85km

朝から雨でした。スタート地点の辺戸岬も雨...ちょと寒いかも。
オッティモウィンドベストを着込んで走ることにします。

~誰か雨男がいるのかな、どーなんよ? >ムネ (^_^;)

※おかげで補給食等の取り出しにくいことこの上なし。(>_<)
→Super VAAM入れたジェルフラスコはお腹にしまいこんだのね。

9:43頃スタートの予定が20分くらい遅れて流れで(!)スタート。

下り基調でガンガン抜かれていきます。でも、安全第一です。

2つめのトンネル、ウテンダトンネルで大落車祭の開催 (^_^;)
一人コケたら、皆コケたって感じでどんどんコケていきます。
去年だったかな? ジロでも同じような光景を見た気がする。
このトンネル、濡れてると普通に歩くのも難しいくらい滑るらしい。
私は安全第一でトロトロ走っていたので、事なきを得ました。(^^)v

トンネル抜けて平坦に。チームメイトの弦巻さんが追いついてきて
先行していく。しばし様子を見た上で、前に出て牽引する。

与那まで牽引、そこからダムへの上りはマイペース×10でイキます!
10月はかなり乗れたので上りはかなり良い感じでイケます!
んが、上りだして暑くなってきたんで前ファスナーを降ろして走る...
しばらくしたらボロッと何かが落ちた...ジェルフラスコだ...って、
おれんだYo! Super VAAMがぁ...
ジェルフラスコは見捨てて、先を急ぎます。(^_^)v

山岳ポイントまでの7kmはとてもシンドかったけど、かなりポジション
を上げた(はず)。
そこから3kmほどのテクニカルな下りは30km台でチョー安全走行。
上りで頑張って抜いたライダー達が横を飛んでイキます。(-_-;)
しかし...ゴールにたどり着くことが第一。リスクは取れません~

そして、ダムの補給ポイントでスポーツドリンク入りボトルをもらう。
その後、左折して東村のアップダウンへと入っていきます。
ここからは他人との戦いよりも時間との戦い、チェックポイントでの
足切りに引っ掛からないようにしないといけない。もちろん1分1秒
でも早くゴールするために頑張って走っていく。

※スタート時間が予定よりも遅くなったので、正確な足切り時間
 が分からないので、ちょっとドキドキしながら走っていた。

ウィンドベストのポケットに入れていた補給食(オーバースチーム)
を摂取しようと、ポケットに手をやるが出てこない...(~_~;)
うー、出てこーい! ひともがきしてやっと取り出せた。半分くらい
流し込んで、その後はレーパンの右足側の裾にしまいこむ。
ちっちゃなもんだったら、レーパンの裾のほうが取り出しやすい!?
その後はちょこちょこ摂取しながら走っていきます。

高江(残り40km?)のチェックポイントの足切り時間は11:35だったが、
チェックポイントまで残り数キロでその時間に。後ろから「降りて~」と
来ないかドキドキしたが、そんな気配はない。(~_~;) 助かったよ~っ。
結局、11:45くらいに高江のチェックポイントを通過した!
(後で聞いたら、+20分くらい見てくれたらしい。ありがたいこってす!)

次のチェックポイント平良まではおおよそ下り基調、コースもそれほど
テクニカルではないので、安全第一だけど、スピードを上げていく。
ここいらから少し周りのライダーと小集団をつくって走っていけるように
なってくる。(長い下りでは少し遅れるけど、上りで挽回していく!)

平良のチェックポイントの足切り時間は12:00だったが、通過は12:10
くらい。高江で+10分は容認されていたので安心して通過します。(^^)

平良を前に海岸沿いの平坦路に出てきて、後ろから200km参加の
外人さん@ラバネロが追いついてきて、「みんなで回していこうよ!」
と提案。10名くらいの小集団ができて、30km台後半となかなか良い
ペースで雨の平坦路を走ることができた&足も温存できた。

そして、源河の三段坂、もっと短いと思っていたが、長くてエグいよ~
上りはマイペースでひとつひとつポジションを上げていく。(のはず。)
200km,130km,85kmと入り乱れての走行。でも、気持ちは名護
のフィニッシュへと向かってひとつになっているので、みんな協力をして
走っていく。
三段坂を越え、もうひとつ上りを走り、2kmほど下って源河のチェック
ポイントを通過して海岸線へと。
源河のチェックポイントの足切り時間は12:45だったが、10分くらいの
余裕を持って通過できた。
残りは15km弱、時間的にはこれで大丈夫、あとは無事に名護まで
走りきることだけ! 力が湧いてくる感じがした!!

前にはポツポツとライダーの姿が見える。前のライダーを目標に走る。
雨の降りは強くなってきたが、なんとかガマンして30km台前半で!
残り10kmほどの橋で200km参加の九州大学ジャージのライダー
を捕まえた。「もう足ないので、先に行って~」とのこと。
先行してしばし走っていると、後ろから数名の200km参加のライダー
が回しながら抜いていった。その一人はさっき抜いた九州大学!
『もう足ない』と言いながら、さすが200km参加者は違うね!!
まだつける足はあったので連結させてもらう。ペースは一段上がって
30km台中盤~後半へ。
小集団で走って、残り7kmほどジャスコ横の最後の軽い上りへ。
前にも小集団が。その中に金城さん@ファンライド編集長の姿も。
さすがに200km参加なだけあって、もうヘロヘロな感じ。(~_~;)
軽い上りを過ぎて、ここからはもう平坦!
ここからは九州大学の彼が最後の力を振り絞って(?)Over 40km
で前を引いてくれた。いや、さすが200km参加者だよ (^_-)-☆
残り2kmくらいまで引いてくれたので、お返し(?)に先頭交代!
残り1kmで前の集団に追いつくまで引いた。その後、左におーきく
曲がって、フィニッシュラインまでは直線。集団はまったりモードでの
フィニッシュのようなので、左に出てスプリント! 集団の右からは
九州大学の彼がスプリントしていたので、並ぶ形でフィニッシュ!!
最後はバンザイフィニッシュ、去年たどり着けなかったので、二年越し
のフィニッシュとなりました。やったどーっ (^_-)-☆

フィニッシュは綾野 真さんが撮影してくれてました (^_^)v
on CYCLINGTIME.com

2時間45分29秒63 126/311(完走:223名)


フィニッシュ後、九州大学の彼と健闘を称えあいました。
ラスト10km弱はホントに助かりました、ありがとう!

ビチョビチョ&ドロドロでのフィニッシュ、軽い放心状態 (~_~;) で
片付けをしてたら、チームメイトの武末さんが放送で呼び出し
を受けていた。今年も入賞したんだな~と思っていたら、なんと
優勝だったんです! スゴい! スゴすぎだYo!!

武末さん、優勝おめでとう!!!!! on CYCLINGTIME.com

|

« ツール・ド・おきなわ 市民85km速報 | Main | ちょっと頑張り過ぎちゃったかな!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47362/43105936

Listed below are links to weblogs that reference ツール・ド・おきなわ2008 ~雨中の85km~:

« ツール・ド・おきなわ 市民85km速報 | Main | ちょっと頑張り過ぎちゃったかな!? »