« 銚子センチュリーラン+α | Main | 雲で見えない筑波山 »

July 26, 2008

風やや強し、でも止まると蒸し蒸し

オッティモ朝練に参加

朝練前に手賀沼のハス群生地に足を伸ばしてみた。
今時期がハスの花が最盛期みたいなので...。

手賀沼の群生地は関東有数(日本有数?)らしい。

風やや強し、でも止まると蒸し蒸し
風やや強し、でも止まると蒸し蒸し
風やや強し、でも止まると蒸し蒸し

ケータイデジカメだとちとツラかったですな。でも、かーなり咲いてました。

さて、朝練本番...。

今日も懲りもせず第1集団でスタートします、今日の第1集団は通常メンバー。
やや強めの向かい風の中、40km前後でクルクルローテが始まります。最初は
ローテに加わっていたが、途中から足が怪しくなる。泣きを入れて付き位置へと
下がります。なんとかんとかカンナ中盤までコバンザメするが、カンナ中盤で集団
ペースアップに遭い、一発目はなんとかしのぐが二発目は反応できず...。
今日も30分弱で撃沈(お約束やな!)
1周目後半はひとり旅、ダラ坂はタラタラと...林道区間で30km台前半に戻し、
信号先の下りでペースアップ! 上りは16で気合のダンシング! 最後タレたす。
2周目に入るところで先に下がった今井さんが追いついてきて、カンナ前半引いて
いただいた。(つか、前出れませんでした...情けねす...。)
その後、役目を終えたアシストのように消えていった...ありがとうございました!
再びひとり旅に戻り、ダラ坂はタレタレ(-_-;) 林道区間で息を整え、信号先の
下りで再びペースアップ! 今度は一枚落として17でダンシング! 最後まで
頑張ったっす。その先、手賀の丘公園入口信号で引っ掛かって、第2集団に
吸収され、最終局面は第2集団と共に走り、たね屋へ向かうフラットロードでの
ちむけんのアタックにもなんとか耐えてたね屋の坂へ、ガマンガマンで坂を下って、
柳沼さんを捕まえ、沼南高校へのフラットロードで機関車1号の役目を担って、
今日の朝練を終えました...。

1時間18分23秒(Ave.32.67km/h)でした。

朝練後、CCA理事長の佐藤さん差し入れのスイカを皆で食しました。
まいう~(^_^)v


風やや強し、でも止まると蒸し蒸し

今日はSPINERGYのタイヤをIRC Formula PRO SCに交換して走りました。
RedStorm はK.I.S.S. Ver.2 に履かせているWH-7701に移植します。
(WH-7701に履かせている旧RedStormのライフが終わりみたいなんでね。)

まず今日は比較の意味も兼ねて空気圧をRedStorm同様7.5気圧にしてみた。
転がり抵抗はRedStorm同様かなり小さい感じ、さすがIRCだなって感じです。
走行感は路面の凹凸が良くわかる。コンパウンドの柔らかさ&しなやかさのせい?
ただ、ソフトコンパウンドのせい? 少ーしねっとり感を感じました。これは空気圧を
少し上げたら解消するのかしら!?
今日は攻めた走りはしなかったので、限界(グリップ感?)はまだ分かりませんけど
上記記述のねっとり感は限界の向上を予感させます。(ちょと大げさか ~~;)

※雑誌にはHC:オンシーズンの通常使用,SC:低温時&雨天時の使用
 に適しているのでは? みたいな書き方だったような気が...。

|

« 銚子センチュリーラン+α | Main | 雲で見えない筑波山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47362/41973964

Listed below are links to weblogs that reference 風やや強し、でも止まると蒸し蒸し:

« 銚子センチュリーラン+α | Main | 雲で見えない筑波山 »