« May 2008 | Main | July 2008 »

June 29, 2008

ツール・ド・美ヶ原 は中止となりました

スタート地点は大雨

ゴール地点は大雨に加えて濃霧だそうで…


自然には勝てませんわ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドシャ降りだよ…

ドシャ降りだよ…
やるのかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2008

受付完了!

受付完了!
ツール・ド・美ヶ原

受付完了しました。

参加のお土産?といっしょに地元小学校児童直筆の応援栞が入ってました。
こーゆーのうれしいですね、パワーもらった感じっす。


受付前に劇坂区間走ってみましたが、エグ過ぎ…。
明日は天気どうかしら!?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 22, 2008

今日も雲の切れ間をついて…

昨日同様、雲の切れ間をついて走りました。

今日は9時半過ぎにスタート、小貝川CRを大和橋まで往復。
距離短い分、中身を濃くしようと踏んでみました。

みずき野から水路横,車輌基地横を通って、小貝川CRに向かう。
田んぼ道では向かい風に挑み、35km前後で走っていきます。
CR往路は向かい風だったので上流に向かって左岸を30km前後。
ギアは52×16でケイデンスは90前後
大和橋で折り返し。復路は追い風に背中を押してもらって、往路と
反対の右岸を前半幅広区間は40km,後半幅狭区間は35km。
ギアは52×16のままでケイデンスは100前後に!
気持ちはツール・ド・スイス第7ステージで逃げ切ったカンチェラーラ!
(気持ちだけです、スンマソン...。~~;)

戻ってきて、みずき野住宅街をゆっくりと3周、その後住宅街パヴェ
を走ってたら戸頭駅の裏側に出ました。
そのまま踏切を渡って遊歩道経由で帰投しました。

フライトデッキによる計測
実走行時間:1時間18分
実走行距離:36km


家帰ってきて、来週の美ヶ原に向けてバイク整備して、シャワー浴びて
ひと息ついてたら雨降ってきました。
良いタイミングを捕まえられましたね、ぐっどぐっど。(^_^)v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2008

雨って予報はどこに…

6時半に起きたら、雨は降ってないけど路面は濡れ濡れ…二度寝を決め込む。
8時半に起きたら、路面乾いてますぅ。
雨の状況等をサイトで確認。出撃決定です!

10時半につくば支所をスタート、今日はWH-7701(G20球)に履き替えて走ります。
スプロケは12-23を付けて...つけっぱだろって。(~_~;)

不動峠からスカイラインを走って、つつじヶ丘駐車場までノンストップ。

不動峠はできるだけイーブンペースで走っていく。前半は36×19で回して走っていく。
1km過ぎの平坦でペースアップ。その後斜度が上がったところで21にダウン。
心拍はずーっと180前後をキープしていく。キツいけど、ガマンできてます...。
そして、最後の10%勾配、さすがに21ではツラくて、23に入れてヘロヘロ...。
麓から14分50秒弱でした。
14分台で走ったのはそーとー久しぶりな気がするYo! (^_^)v
そして、そのままスカイラインを上っていきます...が、最初は息が上がっていて、回復
に務めます。スカイラインの前半の上りはインナーローで息を整えて、ところどころにある
平坦&下りではアウターに入れて踏んだりします。ま、安全第一ですけどね。(~_~;)
中盤以降はかなりヘロヘロ。(~_~;) 風返峠はそのままパス、つつじヶ丘駐車場までの
残りは1.6km、こっからがさらにキツいっす...。
周りが白くなってきます、雲の中に入っていったんですね...。標高は600m超...
そして、残り500mくらいで斜度が緩くなってきたのでスピード(ビミョーに)アップ!
不動峠の麓から38分50秒くらいですかね... 距離的には11kmくらい?
美ヶ原はこの倍はしんのか... (>_<)

しばし休憩します... 

雨って予報はどこに…

筑波山といえば、『ガマ』ですよね。

雨って予報はどこに…

ソフトクリームが美味~(ぶどう&バニラのミックス)


その後、ウィンドブレーカー羽織って風返を下っていきます。風返のすぐ上のループ部、
ツール・ド・スイスのフランク・シュレックのダイブが頭に浮かぶ景色。(>_<)
ダイブしたくないので、おとなし~く安全第一で下ります。
湯袋のあたりにきたら、空は晴れてきたYo。雨はどこいっちゃったんでしょうね。(~_~;)
暑くて蒸し蒸し、ウィンドブレーカー脱いでユートピアに向かいます。
足はあんまり(ほとんど?)残ってないので、インナーローでのんびりイーブンペース
で上っていく。斜度あるので、油断するとスピードがひとケタ台になったりして。(~_~;)
あずまや&ユートピア直前の斜度が緩いところでは少しペース上げますが、他は
タレタレ。(~_~;) 残り500mからは最後の上りってことで頑張った...終わんねー。
もう一段ありました。(~_~;) もっかい踏みなおしてピーク通過っす。
麓から18分20秒弱でした...おせーな。(>_<)

そのまま真壁に下りました。湯袋からの下りより斜度があってキツいっす。路面が
濡れてたら怖いかも...
下りきって県道41号へ、少し向かい風かな。アウターで少し重めのギアで踏む。
そして、お約束のつくし亭。今日はもりそば大盛っす!

雨って予報はどこに…

つくし湖からつくば支所まで10km、りんりんロードをスピードは抑え目,ギア重め
で走って本日はしゅーりょー


フライトデッキによる計測
実走行時間:2時間20分
実走行距離:50km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2008

復興への道は険しい… 三宅島遠征(2)

夜中に村役場からの島内無線連絡で『阿古地区にレベル2(高感受性者警報)』
ゆめかまことか...

5時に起きてゴソゴソ準備を。6時に朝食食べて、6:30に輪行袋ガラガラ引っ張って
大会会場に向かう。

会場に着いて土屋さんと合流。会場ではDJタネさんが『TTTは中止、その他は30分
後ろにズラします。』とのインフォメーションを流していた。
夜中の連絡はホントだったのね。風向きが北向きなのか!?

レース走るつもりでコースを試走。下りこわーい&ゴール前の上りエグ~い。。。。(~_~;)
一周流して、もう一周。最後の上りは36×18でダンシング!
勝負どころだったらこんなギアだけど、レース(Cクラスは10周)全体ではアカンわ。

試走から戻ったら、主催者側から状況説明。風向&風速が一番最悪らしくて、
もう少し様子を見たいとのこと。
(10m程度の風だとちょうど市街地(?)にガスがおりてきてしまうらしい...。)
現在レベル2のままなので、ガスマスク携行してほしいとのこと。体育館の中で
休憩しながらちょと着用してみました。

復興への道は険しい… 三宅島遠征(2)

その後も状況は改善せず、『残念ですが、みなさんの健康を考え中止とします。』
と村長さんから。村長さん、ものスゴくがっかりしてました。
自然の力には勝てませんね。自然の中では人間なんてホントちっぽけな存在です。


復興への道は険しい… 三宅島遠征(2)

阿古地区には画像の『メガネ岩』のようなダイビングの名所もあって、だいぶ観光客
も戻ってきているようです。
この日はホントにめずらしい風向きだったようです。状況はかなり良い方向へと向いて
きているようです。来年はぜひ2日間走りたいし、島内一周コースでレースしたいなと
思います。

復興への道は険しい… 三宅島遠征(2)

帰りの錆が浜港、出航の際に村長さんをはじめとする島の方々が見送りに
足を運んでくれました。ありがとうございますっ!
来年戻ってきますからねーーーっ!!!  (きっと...たぶん...~_~;)

教訓

どちらの港に着くかわからないので、シーコンのようなゴツい輪行袋は向いてない。
荷物は全部背中にしょって移動する...くらいのほうが良さそうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

復興への道は険しい… 三宅島遠征(1)

2008.6.14~15 ツール・ド・ジャパン三宅島ステージ兼JCRC第4戦

13日の金曜日、20:00竹芝桟橋に集合。東海汽船のオフィシャルツアーで
三宅島に出撃。
バイクをシーコンの輪行袋にパッキングして、ガラガラと引っ張っていく。
うー、デカいよ...重たいよ...(~_~;)
竹芝桟橋に着いたら、うまい具合にオッティモメンバー土屋さんと合流できた。
ツアーの受付を済ませて、のんびりと出発を待つ。
21時過ぎにバイクをBデッキに積み込んで、22時過ぎに乗船。そして、22:30
に出帆しました。
さるびあ丸の特二等客室(狭い二段ベッド)に潜り込み、おとなしーく三宅島
まで... 
現地には5時着。錆が浜港に着くもんだと思っていたら、風向きの関係(?)で
反対側の三池港に到着...。ちょと匂いますね、注意報が出てたみたい。
阿古地区にはツアーバスで移動、23区内並みのメチャ混みっす。(~_~;)
30分弱で阿古郵便局そばの『民宿さつき』に到着。宿のおばちゃんに朝食の
時間を『8時くらいでね。』とお願いしてひと休み...Zzz...

8時ちょい前におばちゃんが『みんな食べてるよ』と起こしてくれた。他には3名。
2名が大会参加者、もう1名は応援のよう...。
ご飯食べて、のんびりと準備する。着替えて、バイクを組み立てる。今回は荷物
を極力減らす必要があったので、クリンチャーホイールのスピナジーを履かせます。
クリンチャーならいざというときに他の人に助けてもらえるもんね。(^_^)v
9:30過ぎに宿を出て大会受付(阿古中学校)へ移動。土屋さんと合流して
受付完了。ガスマスクを携行するようにと渡されました。

復興への道は険しい… 三宅島遠征(1)

その後、反時計回りで島内一周サイクリング。一周は30kmでアップダウンが
なかなかエグい。ここでレースできたらかなり走り応えがあるねぇと土屋さんと
話をしながら走る。
石原都知事はバイク(Moto)でレースしたかったみたいだけど、ヤヴァい気が
しますね。コースアウトしてそのまま崖下に...なんてことになるかも。(-_-;)

一周してみると噴火の爪痕はまだまだ残っている。火山性ガスや溶岩による
ダメージが至る所に残っている。復興への道はまだまだ険しいようです...。

復興への道は険しい… 三宅島遠征(1)
復興への道は険しい… 三宅島遠征(1)
復興への道は険しい… 三宅島遠征(1)

ちゃんと測りませんでしたが、1時間10分くらいで島内一周しました。
けっこう足に来たよ...。

しばし休憩を取って、サドルバック等を置きに宿に一旦戻って、その後
スーパーでお昼(おいなりさん)を買って中学校でもぐもぐ...。
その後、ヒルクライムTTのコースを流しながら下見をする。最初の1km
(平坦500m+斜度10%)がキツくて、その後緩斜面。最後ガツンと
踏めるコース... 全長3.5kmでっす。

中学校に戻ってしばし休憩...。15時過ぎにSクラスから15秒間隔で
スタートしていく。
自分はCクラスの8番目、前の選手を見ながらスタートしていきます。
クリートもうまくハマり、最初の平坦はアウターで踏んでいきます。
そして、上り初めて斜度10%に。ここはムリせずインナーローで回して
いきます。前の選手の姿は常に視界の中にあるので、モチベーション
高めです。斜度が緩くなる直前、後ろから来た選手(ゼッケン10番)
に抜かれる、ちょと足が違いますな...。
斜度が一旦緩くなって、ギアを上げてスピードアップ! その後斜度が
キツくなるが、ガマンガマン...
その後、ほぼ平坦になって、ギアをかけて前を追っかける。前の選手の
姿がどんどん大きくなっていく。
そして、残り500mで前の選手を捕まえる。ギアかけて前に! 前に!
前の選手を抜き去ったところでフィニッシュラインを越えました。

9分33秒704 でした。

順位は総合:42/110,クラス:8/13 そんな悪くないんじゃない?

※土屋さんは09分00秒332で総合21位,OクラスTOPでした。
 うーん、さすがだー。


その後、中学校に戻って、体育館で前夜祭。
筍が美味~っ。
んで、なぜか360°モンキーズとスターにしきの!

宿に帰って夕食食べて、村営温泉『ふるさとの湯』で疲れを癒し、
その後、爆睡しましたとさ...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 15, 2008

三宅島ステージ2日目は中止

ガス濃度が下がらず、残念ながら中止となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2008

三宅島ステージ初日TT 速報

3.0kmのヒルクライムTT

9分33秒704

総合:42/110
クラス:8/13

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三宅島到着しました!

三宅島到着しました!
三宅島の三池港に到着しました!

風が強い〜っ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2008

三宅島に出撃します!

三宅島に出撃します!
今週末は三宅島です。

ツール・ド・ジャパン三宅島ステージ

もうすぐバイク積み込みです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2008

暑いくらいでした つがいけサイクル

2008.6.8 つがいけサイクル2008

前日は6時30分にオッティモ集合、のんびりと栂池に向かいます。遠いっすね。
外環~関越道~上信越道で向かいます。上信越道に入る前に上里SAで
ひと休み。
上信越道から更埴JC経由で長野ICで下りて、オリンピック道路経由でR148。
栂池をちょと通り過ぎて、今年も南小谷でお蕎麦に舌鼓を打ちます。
その後、今回の宿 『ペンション 遊夢』にチェックイン。ひと休みして下見に。
スタート地点から中間点まで走ります。中間点あたりは雲の中...。
下りは寒かったよ... タラタラと1時間半ほど走りました。

当日は起きたら曇り。雨は降りそうもないのでひと安心。ちょと肌寒いかしら?
5時30分ににみんなで朝ご飯食べて、ボチボチ準備をしていきます。
7時30分くらいからローラー回し出します、ボチボチ上げてって、30分でMAX
までもって行きます。→陽も差してきたよ、ぐっどぐっど(^_^)v
その後、着替えて、下り用の荷物背負ってスタート地点に移動していきます。

今回もヒルクライムスペシャルホイールにTisoの超軽量スプロケ(13-26)装着!
CORSA ITALIA Lighter Version ってことでしょうか (^_^)v

スタート地点で地元の『チームゾウゾウ鼻』からエントリーの森脇さんを見つけ挨拶。
のんびりとスタートを待ちます...

エントリーした男子D(36~40歳)は、9:21に号砲一発スタートが切られました!
列の一番後ろからスタートして、前から1/3くらいのところまで上がって、後は同じ
くらいのペースのライダーを見つけて走る。斜度キツいので、いきなりインナーローす。
最初の2kmくらいは同じクラスのゾウゾウ鼻の方々について走る。旅館街(?)に
入る前に山田先生を抜く。
その後、斜度がキツくなったところでゾウゾウ鼻の方々に置いていかれますた。(-_-;)
空にはピーカンの太陽、いつもの山上りのカッコじゃ暑いくらいです。(~_~;)
6.5kmくらいで後ろからスタートの竹内さんに抜かれ、7.5kmくらいのところで森脇
さんを抜く。そして中間点、34分40秒くらいやったかな? 去年と比較してもそんな
悪くないかな?と思いながら走っていく。
このあたりではインナーローは温存し、斜度に応じたギアにして走っていきます。
後ろから来たゾウゾウ鼻の方々に抜かれた。足はまだあったので、ついていけるか?
とダンシングで後ろにつく。先週よりは足が山上りの感覚を思い出した感じだ。
11kmくらいのところでプリンス小川さんを抜く。その後2kmくらいは後ろに連結してた
みたい。
(抜いてしばらくは『ついてきてるな』と思いましたが、キレたのは分からんかった...。)
そして残り5km、50分ちょうどくらい。去年と同じくらいで走れるか?と一瞬勘違い。
その後は1km4分半くらいで走っていく。今年はよしーのの姿は見えません...。
そして、残り1kmを過ぎたところで去年のタイムは越えてしまいました...。
そして、インナーロー使って、いっぱいいっぱいでゴールしました...

1時間13分48秒2 出走52名24位でした。 順位はそんなに悪くないなと...。
 
暑いくらいでした つがいけサイクル2008

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2008

つがいけサイクル 速報

つがいけサイクル 速報
スタート時は曇ってたけど、途中からとても良い天気!

自己計測 1時間13分42秒
順位は不明っす。


おそおそでしたが、先週よりは走れたかな!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2008

受付完了

受付完了
つがいけサイクル2008

受付完了しました。

中間点まで試走しましたが、下りが寒いっ!

明日の本番は天気が持ってくれることを祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2008

ホンマ 凹むわぁ

2008.6.1 第5回 Mt.富士ヒルクライム

リザルトが公開されました。

5km 18'20"
10km 36'05" (スプリット 17'45")
15km 54'09" (スプリット 18'04")
20km 1:14'12" (スプリット 20'03")
Finish 1:26'12" (スプリット 12'03" )


順位は...

ロード男子 40~44歳:147/777
総合順位:803/3972

~ Playback

前日の雨と変わって、とても良い天気。ただ、日陰は肌寒いくらい...。

朝は4:00起き、5:00に宿を出て北麓公園に移動。まずは下り用の荷物
を預けて、車に戻ろうとしたら今中さんとバッタリ。今中さんは私の後ろの
グループでスタートするとのことでした。抜かれないように頑張らんと!

ヒルクライムスペシャルホイールにTisoの超軽量スプロケ(13-26)装着!

北麓公園を7:10(第3グループ)に出撃、Start地点を 7:17:32 に通過し
戦闘開始です!
んが、ぜーんぜん足が動きません。(-_-;)

2km過ぎでマイミクのハルホフトさんを見つけて一声かけて先行。
直後、後ろからスタートの今中さんにバヒュ~ンと抜かれました。
ホンマ、凹むわぁ...。(~_~;)

ステムに 1:15' 1:17' 1:20' のペースをはっつけてスタートしたものの、
10km関門でそんなもんは何の役にもたたなくなりますた。(-_-;)
でーんでん遅いのねん、お話になりまへんがな...。

第2CP(17.2km地点)くらいまでは遅いながらもイーブンペースで走るが、
四合目からの斜度があがった上りで売り切れ、禁断の26Tに入れる。
日本版悪魔おじさんの応援を受けながらもヘロヘロ...。
残り3km切ってのフラットロードではアウターに入れて後ろからの列車に乗る。
んが、30km台中盤がやっとだよ...。
残り500m、最後の上りはもう気力だけ。インナーローで回して回して...。

去年よりも6分以上遅いタイムでフィニッシュ...なんてこったい...

フィニッシュして、預けた荷物を受け取ったが...ケツ筋が強烈に痛いっす。
下り仕様(?)に着込んで、そそくさと下山しました。

6.22 追記

1歳刻みランキングが発表されました。わたくし的には...
男子40歳 38/192 → ビミョーな順位ね。(~_~;)

さらに山岳区間(19k~20k)の記録も手元に届きました。
3'52" 1180/3976 → まったくもって圏外っすな。(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2008

Mt.富士ヒルクライム 速報

とても良い天気。でも、ちょっと肌寒い

そんな中で走りました。

自己計測 1時間26分12秒
申込時自己申告タイムは1時間17分

自分にガッカリです…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »