« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

タイムは不満 but 順位は満足 ~富士チャレンジ

10.28 富士チャレンジ 

男子ソロ100km(4.526km×22周)

スタートは最前列に陣取ってみた。Funrideに載るかしら!?

1周目のローリングが終わり、2周目から本格的戦闘開始!
1コーナー過ぎでビビリーくんが顔を出して、大集団の後ろに
下がる。チョー怖いよ...。

最初の1時間はかなり良い感じで入った。
(と思ったが、ぢつはオーバーペース)

6周目くらいやったかな? 1コーナー回って下りに入ったら、
前でパァ~ンと音がして、女性ライダーがグラッ,グラッと揺れ、
その後大落車...(救急車が出動しました...。)
自分は距離があったので巻き込まることはありませんでしたが、
その後、集団の中に入るのが怖くなりました...。

次の1時間、大きな集団の中で走っているつもりが前で中切れ。
ミョーなマイペースで走っている参加者多し。集団の中で走るの
であれば、少しは周りを見てくれって感じ。
前を追っかけたりして、徐々に足がなくなっていく...。
後半の上りはダンシングしながら参加者の間を走ります。

2時間過ぎて、ずっとアウターで走ってきたが、18周目でガマンの
限界。後半の上りでインナーに落とさざるを得なくなってしまった。
太ももがいっぱいいっぱいですぅ...。
20周越えて最後のひと踏ん張り!とばかりにペダルを回していく。
いらん力が入ってしまっていたのだろう、肩がいてー,腰もいてー,
股は最悪,足裏はビリビリ... 満身創痍です...。
さらに、右のほっぺたに冷たいものが...よだれタラーっ...。
やばっ! イッちゃってますわ...。
最後の周、もういっぱいいっぱい。でも、最後の直線は気合で
踏んでいきました。

おまけでもう1周走っときました。(~_~;)

ポラールによる計測 アバウトなラップタイムです。

LapTime
1 7:04
2 6:37
3 6:38
4 6:47
5 7:09
6 7:20
7 6:54
8 7:24
9 7:28
10 7:16
11 7:12
12 7:33
13 7:16
14 7:13
15 7:19
16 7:38
17 7:46
18 8:10
19 8:05
20 7:45
21 7:52
22 8:17
23 8:22


2時間42分51秒 30/445

タイムは目標の2時間30分には遠く及ばず。まだまだやー...。
でも、順位は悪くないですよね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2007

富士チャレ速報

富士チャレンジ ソロ100km完走しました!

2時間42分51秒で30位でした!
順位は悪くないんでない!?

しかし、すんげぇ疲れますた。
おしるこ食べて疲れを癒やします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FISCO到着

FISCO到着
良い天気ですが、寒いです!

富士山は真っ白です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2007

茄子!

買いました!
コレクターズエディション買いました!
特典でストラップもゲトしたです!

マッハで家帰って見るです!

そして、富士チャレに向けてモチベーション高めるです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2007

朝練クールダウンRun

朝練後のト-クタイムを終えて、クールダウンRunします。

フィッシングセンター側に行って、公園で折り返し。

往路は丹羽さんとごいっしょさせていただき、おしゃべりしながら
キロ6分くらいで走ります。
復路はひとりでキロ6分くらい。

3.5kmを21分弱...。


つくばマラソンに向けて、ぼちぼち行きますかね。(^.^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沼南高校の坂での一騎打ち!

ウォーミングアップRunの後、オッティモ朝練に参加

朝練前にRunで暖まったので、イケるかな?

第2集団でスタートします。

今日の第2集団は8名、30km台後半でローテーションしていきます。
布瀬の信号を過ぎて、田んぼ道に入ると、後ろから飯島監督が!
前に出てグイグイと引っ張っていきます。
カンナに入る前に後ろをチロと見てみると、丸山さん他第3集団の方々。
飯島監督の強烈な引きで第3集団が追いついてきたのね!
でも、今日はそう簡単には引き下がらんよ!!
カンナでは集団の前で先頭交代を繰り返していきます。
カンナでは前数名がプチアタック! でも、林道で吸収して2周目に...。
2周目のカンナでは前半はおとなしめ。ぶぁっと、見通しの良い中盤は
飯島監督がグイグイいきます。負けじとこちらも数名で抜け出しをはかる!
が、逃がしてもらえず...。
ダラダラ坂は塩田が前に出て引っ張る...ってほどのスピードはなく、
先頭交代で遅れかかります...。が、なんとかしがみつきます。
手賀の丘公園入口の信号で一時停止。その後戦闘再開します!
下って上って下って、最後のフラットロードへと入ります。
徐々にスピード上がるが集団のままでたね屋の坂へと向かいます。
数名に先行されるが、ちょとついていけず...。
最後の沼南高校の坂でプリンス小川さんとの一騎打ち!
小川さんダンシング VS 塩田シッティング!!
塩田のラインにTREKerな方がいて一瞬足を緩めてしまった&根負け。
ヤラれました。


1時間14分59秒(Ave.34.19km/h)でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝練ウォーミングアップRun

朝練前にウォーミングアップとばかり軽くRunします。

朝練集合場所から手賀沼公園までの往復、2kmだと思ってたら3kmありました。
キロ5分のイーブンペースで走り、15分弱...。

暖まりました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2007

Playback Mt.Fuji eco CYCLING

10.13-14 Mt.Fuji eco CYCLING

木曜日の11日の昼休みにケータイが鳴った。オッティモ(CCA)の児嶋さんから。
笹森さんがギックリ腰でギブアップ、行けるか?』とな。
ツール・ド・ちばに続いてスタッフとしての参加決定であります...。

今中さんがアドバイザリースタッフに名を連ねていたので、気になってたのよね。
『いっしょに走れるかも!?』 楽しみであります!


10.13

前日は朝6:30ちょい前に古山さんと合流、古山さんの車に乗り換えて柏駅に。
その後、オッティモメンバーと合流して現地に向かう。
土曜日の午前中ってことで首都高が少々渋滞、現地には11時くらいに到着。
スタート/フィニッシュ地点の日本盲導犬総合センター。準備が着々と進んで
いました。小林ゆっくり班班長の姿もありました。
InterMaxテントに白川さんを見つけたので挨拶を。
13時からスタッフミーティングってことで、着替えてお昼食べるお店探しのライド。
4kmほど下った白糸の滝のそばのお店で桜海老のかきあげ丼を食します。
う~ん、美味美味!
お腹をふくらまして、今度は4kmほど上ります。ゆっくりアウターで上ります。
盲導犬センターに戻り、まだ少し時間があったのでInterMaxテントのところで
TIME小林さんとあれこれ見ていたら、今中さんが現れて、「どう、調子は?」
と声をかけてくれました。TIME小林さん、ちょとビックリした顔してました。
塩田は今中さんの"Fun"であると同時に、今中さんの"Customer"でもある
のですよねー。(笑)
ハンドルまわりに関して、いろいろアドバイスをいただいていたら、遠くのほうで
「ミーティング始まるよ~」とお呼びがかかりました...。
ミーティング、狭い部屋にギューギュー詰め。ツール・ド・ちばといっしょで企画
する側の中心?の方々はあまり自転車関係に明るくないようで、小林班長
の表情は曇りっぱなし。新しい企画を立ち上げるのはやはり大変ですね。
2時間弱のミーティングを終え、宿(富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ)
に移動。合宿状態だす...。
皆で買い出しに出撃、風呂に入って、食事。その後、体内アルコール消毒。(~_~;)
なぜか同部屋にナショナルチーム監督のキング三浦さんが...。
(いっしょだったのは寝るときだけでしたが...。^^;)


10.14

朝は5時集合ってことで4時起床、寒いくらいです...。

InterMax長袖ジャージの上にウィンドベスト着用。下もロングスパッツ履いて
完全冬使用です。(~_~;)

コース:県道71号~県道72号~R469~県道23号~R138~R139

実走スタッフは足のある順にスタート、第1集団でTIME小林さんがつき、
直後の第2集団に塩田がつく。

スタート直後の下り、寒いっ! 手がガタガタ震えちゃうくらい。その震えで
ホイール振れてんぢゃないっ!ってくらい。(寒さに弱すぎ、なさけねーっ)
ゆーっくり下っていきました。
昨日のお昼食べたお店(交差点)を過ぎて、アップダウンが始まります。
渡された地図では10km過ぎまで下りでしたが、実際はそんなことねっす。
集団はあっという間にバラバラに...。
どの辺走るかなーっと考えていたら、TIME小林さんに追いついちゃった。
「バラケちゃいましたね」と話して塩田は少々ペースダウン。
その後、上りに入ってウィンドブレーカー脱ぐために停まる方も。同様に
停まってると思いきや、リアディレイラーがベロ~ンと垂れ下がってる方。
慌てて戻ると、「連絡しましたんで...。」と力ない声...。
走り出して、どーも右足のアキレス腱あたりの動きが硬い。寒さかな?
ところどころ一車線になってしまうところがあり、対向車来たら怖いかも。
浅間神社のあたりで先行していたTIME小林さんが待っていた。
先行するライダー相当速いみたい。前日の深酒も堪えてるかな?(~_~;)
塩田が牽引する小編成に連結して先を急ぎます。
ここから先は軽い上り基調の道。道の両側にはススキが、もう秋ですね。
前にスタッフいなくなっちゃったんで、ガンガン牽引していきます!
こどもの国,富士サファリパークを越えて、山岳ポイント(?)の黒岳に。
昨日のミーティングだと黒岳に補給部隊を配置するとか行ってたんだけど、
だーれもいません...。
黒岳からはしばらく下り、ゆっくり下って行きますが寒いっす...。
そして、R469から市街地へ。参加者の方々は公園等で休憩,補給を。
塩田とTIME小林さんは裂きを急ぎます。
R138に入る信号で立哨の方が「15人くらい先に行ったよ」と教えてくれた。
ちょとやる気になっちゃいました。
ここから西湖までの道は良く知ってる(車では良く通ってる)道。TIME小林
さんをアシストとして先行します。
篭坂峠があるので、多少余裕を持って上っていきます。ポツポツと先行する
参加者がいますが、自分のペースで走っているのでジャマしないようにする。
須走で側道に入る。後ろから来た車の屋根の上には犬が!全然怖がって
ないよ。びくーりしちゃいますた。
TIME小林さん、かなりしんどそうだけどピッタリとついてきます!
そして、自衛隊の横を通って、今日のチマコッピ、篭坂峠へのアプローチ!
一定のペースで上っていきます。ここでもポツポツと参加者が...。
車で走った感覚だとけっこう短かったが、やはり長いっすな...。
しかも途中でフライトデッキの計測が止まってる。いつまで経っても距離が
変わらんとです...。(~_~;) 道路上の看板頼りに走ります。
そして、チマコッピの篭坂峠を通過します。けっこう良い感じで上れました。
R138の入口から5名くらい抜いたのかしら?
下って、最初のエイドステーション『PICA山中湖』に到着。9:00くらい?
...が、スタッフ誰もいません&補給なんもありません...。
トイレ後、隣のローソンで補給&休憩。我々を見つけたバイクスタッフが
「間違えて裾野ICのほうに行っちゃった参加者がいる。」と教えてくれた。
確かに何箇所か間違えそうな場所あったよねぇ...。
※お弁当が用意されてたって話だったが、こんな時間には食べれません!
 →後から来た実走スタッフは湖畔で食べたらしい。
その後、再スタート。しばらくはR138を走ります。山中湖畔寒いっす!
やはり標高Over1,000mですね。役所そばの表示は11℃でした。
R138はまだ時間が早いこともあってそれほど交通量多くない。TIME小林
さんと先行交代を繰り返しながらガンガンいきます!
TIME小林さん、休憩後は足が動くようになったみたい。逆に塩田の足が
動かなくなってきた。前で楽して後であえぐ。普段とは逆だよ~っ。
富士吉田まで下ってきて、次のエイドステーションは清水國明さん主宰の
『河口湖自然樂校』、R139からの入口に立哨がいるって話だったので、
それを頼りにしていたが、誰もいない...。「ここが入口?」って場所は
あったものの、通り過ぎてしまった。...話が違うじゃねーかよっ!
鳴沢~西湖~精進湖~本栖湖あたりは軽い上り基調。大した斜度では
ないので、ずーっとアウターで走るがかなりキツい、ふくらはぎがかなりキツく
なってきた。→太ももを意識してペダリングするが、今度はハムストリングが
キツい...。心拍はMAXゾーンに張りついてます...。(>_<)
本栖湖過ぎて、富士宮道路は下り基調。足も心拍もようやく楽できます。
でも、けっこうなスピードで走っているので気は抜けません。
その後、道の駅朝霧公園でトイレ休憩。地図を見て道を確認します。
再スタートして、R139を離れます。そして、少しペースを緩めて、最後の
エイドステーション山村レイコさん主宰の「フェアリーテール」へ向かいます。
看板はあったものの見落としそうな場所、行き過ぎそうになりました。
道をはずれてけっこうな距離。「ホントにこっちで良いのか!?」と不安に
なりましたが、ありました。(最後数百mはダートでした。)
んが、現地の方々は「何しに来たの?」的な視線。居心地良くなかった
し、ゴールまであと10kmないので、飲み物だけもらってそそくさと出発。
ゴールに向かって走っていくと、ファミリーコース参加者の方々が続々と。
エイドステーションを目指していました。
その中に危ない見た目のオジさんが! マイミクのみきちんさんか??と
思ったら、中野浩一さんでした。(かなりメタボ入ってきてるのはないしょ)
その後もエイドステーションに向かうファミリコース参加者とすれ違いつつ
ゴールへとい向かいます。
そして、11時の数分前にフィニッシュラインを越えました!

ポラールによる計測
 実走行時間:4時間22分
 実走行距離:109km


でも、今中さんも鶴見さんもいません。もー帰っちゃったのかしら?
と思いながら、小林ゆっくり班班長に少し愚痴を。
(ミスコースで裾野ICまで行った&鶴見さんパンクで大きくロスを
 したという話でした。お疲れさまでございました。)

その後、富士宮焼きそばと豚汁を食べて他のメンバーが戻ってくる
のをのんびりと待ちました...。


いや、TIME小林さんのおかげでかなりのハードトレーニングとなりました。
ありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2007

Mt.Fuji eco CYCLING

Mt.Fuji eco CYCLING
6時にスタートして11時ちょと前にゴールしました。
100kmって話やったけど実際は110km弱?
いや、キツかった。

途中でフライトデッキが止まってしもたんで、後でポラール見てみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2007

いつ以来でしょう? 筑波峠三昧

オッティモ有志の方々と筑波峠三昧

参加はTIME小林さん,今井さん,笹森さん,プリンス小川さん,原地さん,遠藤くん,
そして塩田の7名。

車をつくば市役所の支所に停めて、北条体育館へ移動してスタートします。


今日越えたピーク

不動峠
ユートピア
きのこ山
足尾山
一本杉峠
丸山
加波山
湯袋峠
風返峠

すべてのピーク4着でした。修行が足らんですね。

~Playback...

不動峠はアップとばかりフルアウターでのんびりと上ります。

その後のClimbing 前半は遠藤くん,今井さん,TIME小林さんに
なんとかついていくも後半息切れ、いや足切れだな。(~_~;)

加波山からの下りはやはり路面状況悪し、凸凹&岩ゴロゴロ。
笹森さんと遠藤くんがタイヤサイドが切れました。

修理を待っていたら、私のヘルメットにトンボがとまったとです。
もう秋なんですね。
ヘルメットにとまったトンボ photo by 原地さん

修理完了後、下り始めたら対向車! 危うく接触するとこでした。
下って、フルーツラインを下って、コンビニにて休憩...

...休憩しているときに笹森さんのリアパンク発覚!

んで、チューブ交換して携帯ポンプで空気を入れる様が

『そんなの関係ねぇ~っ』

の振り付けを彷彿させるもので笑ってしまいました。
(ゴメンね。 >原地さん,笹森さん)

その後の湯袋へのアプローチは前半アシストとして前を引きます。
...峠を前に役目を終えました。(~_~;)
あとはグルペット...ではなく一人旅でした。

フライトデッキによる計測
 実走行時間:3時間24分
 実走行距離:72km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2007

インコースを差された直後に足が...

オッティモ朝練に参加

今日は良い天気。この天気ならガッツリ走れそうです!

今日は負荷上げるべく、WH-7701 with 12-21で出かけます。

んで、今日も実業団で前の人数は少なめ。んじゃ!ってんで第1集団でスタート。
今日の第1集団は8名?
最初は30km台後半でクルクルローテーション。少し向かい風があるかな?
少々交通量多め、声をかけあいながら進んでいきます。
フライトデッキ,ポラール心拍計がなんかご機嫌斜め。特にポラールは事あるごとに
動作チェック?が入り、ピーピーうるさいです...。
斉藤さんが先行して、その後を追いかける。布瀬の信号までその形で...。
布瀬の信号で一時停止。田んぼ道では八重門さんの強力な引き。先頭立つと
40km台中盤で集団を引いていきます。
カンナ街道、今日の1周目は40km弱だったかな。クルクルローテに加わって走る。
でも、後半では付き位置に...。(-_-;)
柏印西線に入り、ダラダラ坂を30km台前半~中盤で上りきったところで集団が
分断しかかる。なんとか合体できましたが...。
先の2箇所の信号は両方ともひっかかったら第2集団に追いつかれ、大集団と
なって2周目に入っていきます。
2周目のカンナ前半、ペースが40km台前半に上がり、一瞬切れそうになるが、
じっくり踏んで追いつく。その後、逃げ集団を形成...までには至らず。
ここで斉藤さん再び先行。前地さん,TIME小林さん,八重門さんと回しながら
アップスロープに入るところで吸収。
その後、トラの穴スプリントポイントを前に松尾さんが先行する。スプリントの足は
まだまだ健在っすね!
柏印西線に入って、ダラダラ坂で高橋さんアタック。ちょとコース取りは危なかった
かな。塩田は集団の一番後ろに潜む。(そこでしか走れんかっただけやん。~~;)
その後は集団前に八重門さんに連れてってもらいます。(^^)
手賀の丘公園入口の信号を右折。下って上って下って、スピード乗せるはずが
右折する車のおかげで減速を余儀なくされます。
左折して、最後のスプリント区間に向かいます。
フラットロードでは長ーい列車ができあがります。列車の真ん中より後ろに位置
してしまった。ちょと足がピクピクきていたので、どこまでスピード上がるんだろう?
とビクビクしながら走っていたが、大きいRの左コーナーで工事車輌が停まってた
ので、事なきを得ます。(~_~;)
その後たね屋の坂へと向かいます、たね屋の坂は4番手で上がる。頑張れるか?
沼南高校へと向かいフラットロードで前地さん,TIME小林さんの直後につける。
沼南高校の坂でチャレンジできるかなと思いつつ、足の雰囲気を考えて、回して
いこうとギアを落として沼南高校の坂へとアプローチ!
最初の右コーナーにアウトコースからアプローチしたら、インから八重門さんが!
狙ってたコースにいかれてしまい、コース修正しながらペダル踏もうとしたら、左足
のふくらはぎがピクッ... こりゃアカン... 足を緩めたら、後ろに控えていた
メンバーがドーッと抜いていきました...。

塩田はトボトボゴールしました。


1時間13分49秒(Ave.34.80km/h)でした。


※後で吉井くんに聞いたら、追いついた第2集団はかなり足を残していたらしい。
 →若者よ! 遠慮せずに前に来てチョ! オジサンを労わってくれよ~っ(~_~;)

| | Comments (158) | TrackBack (0)

October 03, 2007

JCRC第8戦 塩原ヒルクライム

9.29-30 JCRC第8戦 スポニチ杯塩原ヒルクライム

ヒルクライムスペシャルホイールにDura12-23のスプロケを装着して
1日目のTT,2日目のマスドレースに挑みます!

9.29 1st Stage

箱の森プレイパークの入口がスタートの6.9kmの山岳TT

スタートからゴールまで5,6人に抜かれました...。
足が重くて、斜度のキツいところでは23に入りまくり。(~_~;)
斜度が緩くなったところではギアを上げてスピードを
上げて走っていきます。
ラスト2kmくらいから左のふくらはぎがピクッときた。
ガマンして走っていたが、残り1kmを切っての斜度
がキツいところが限界...。
そこはなんとか乗り切ったが、先の斜度が緩くなった
あたりで両足のふくらはぎが今にもツリそう...。
回転上げるとイッてしまいそうだったので、ギア上げて
走るが、それも限界に...。
明日のことも考え、残り数百mは流すようなスピード
で走ってゴールしました。

26分10秒824で30/37

9.30 2nd Stage

TEPCO塩原ランドがスタートの19.2kmのマスドレース

温泉街まではアップダウンあり、そこから塩原中学校までは
平坦基調。そして、塩原中学校から先はヒルクライム区間。

ヒルクライム区間まで集団で走行。2列で縦長になって走行。
集団の真ん中よりちょと後ろくらいで走って、ヒルクライム区間
に入ります。
ヒルクライム区間に入って、塩田の後ろで集団は分断された!
しばらく行くと、塩田を含む4,5名が切れました...。
しばらく走ると。前から重戦車のようなガタイのSクラス選手が
降ってきた...。山上りはシンドかろう...。(-_-;)
小集団の中では前に行ったり、後ろに下がったり(他の選手
が前に行ったってのが正しいな。)を繰り返しながら走る。
ラスト1km切ってすぐのヘアピンカーブで集団が分断!
塩田を真ん中に前と後ろに別れる。
直前の選手になんとか追いついて、斜度の緩い最後の区間
に入ります。今日は昨日と違って足残ってます!
フロントはインナーのままですが、ギアを上げてラストスパート!
なんとか振り切ってゴールしました。

50分34秒052で26/46


TT+マスドレースの総合成績:28/50


1日目終わってどうなることかと思いましたが、温泉のおかげと
ライバル(?)のおかげで2日目は頑張れました。

それにしてもTOPは速すぎだよ~。(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »