« プールに飛び込みたいくらいの蒸し暑さ | Main | 壊れそうな暑さで2ストップを余儀なくされました »

August 03, 2007

暑さと強風でヘロヘロ

自主練でオッティモ朝練コース(30kmコース)

朝起きてみたら、天気は良いが昨日より強い南風が吹いとるとです...。
筑波に行こうかと思っていたが、復路ずっと向かい風ってのはツラすぎ。
ちょと考えた結果、オッティモ朝練コースで風と格闘することに。

ホイールは今日からしばらくは練習用チューブラーで走ることにする。
こうすれば決戦用ホイールが活きてくるかなと...。(~_~;)

いつものルートで朝練コースまで。有料道路、利根川上で早くも南風の
襲撃に遭う。早くも『もう帰りてぇ。』と思ったりする...。
手賀沼畔に出ると、風が息をしてる感じ。強くなったり、弱くなったり...。
手賀大橋渡って、いよいよコースイン...その前に、『満天の湯』を見学。
10時前だっちゅーに、すでに足湯に浸かってるお客様が...。
その横の梨園では早くも幸水が売られてました。今年の出来はどうかな?
そして、コースイン! 最初は30km台中盤、風はそれほど感じない...。
って、丘?の影で風が来なかっただけ...。(~_~;)
見通しの良い所に出てきたら、風がビューッ! ペースがた落ちであります。
ポンプ場横あたりからペースを取り戻す。しばらくは30km台前半で走るも、
大カーブを越えると再び風の攻撃にタジタジ...。
布瀬の信号にひっかかりそうになってアタック! なんとか通過し田んぼ道へ。
田んぼ道はなんとか30km台をキープ。蒸し暑いが、風は涼しく、日陰では
午前中ってこともあってそこそこ快適。助かりますぅ。
そして問題のカンナ街道に入ります。前半は風の攻撃もなく、30km台中盤。
しかし、見通しの良い中盤に入るところで今日一番の攻撃を受け失速。
今日の風には勝てそうもないと判断、30kmコースにすることに...。(>_<)
しかし、後半に向かうアップスロープのあたりでは少し風も止み、ペースを取り
戻していく。そして、ダウンスロープから後半へ。風もうまい具合に追い風に!
風に押されながら、トラの穴スプリントポイントに向けて、ギアかけてスプリント!
風に押されているのが良くわかる、グングン加速してちょうどスプリントポイント
で50kmに!  条件考えればヨシ! かな?(~_~;)
その後、柏印西線に入り、前に街道練習中の競輪選手が。声かけて抜く。
ダラ坂に入るところで、前に2名のローディが。追いつけるかなと思いながら、
ダラ坂を上り出しましたが、追いつくどころか見えなくなったとです...。(-_-;)
林道はほとんどが日陰、風も弱まってペースを取り戻します。信号先の下り
~上り。ダンシングでペースをキープして上ろうとしたら、後から「ハァッ!」との
声っつーか、気合いっつーか。ビクッとして右後を見ると、柏印西線入ってすぐ
抜いた競輪選手でした。気合いで追いついてきたんでしょう...。
ひと声かけ、坂を上り切って、手賀の丘公園へとコース離脱であります。
下って上って下って、フラットコースへの入っていきますが、風はやはり手ごわい。
30km台キープがやっとで、たね屋の坂へと向かいます。
たね屋の坂は気合い入れて、Over30kmでダンシングで上っていきますが、
頂上直前、どんクサい車が右折しようとしたおかげで失速を余儀なくされた。
坂を下って、沼南高校へと30km台後半で向かいますが、風で長続きせず。
失速しきったところで最後の沼南高校の坂。『うりゃっ!』と下ハンを持って、
ダンシング、加速しながらコースのフィニッシュラインを越えました。

その後、道の駅で休憩。水分補給します。オロナミンCがうまいっす!

その後、手賀沼CRを北柏に向かい、大堀川沿いを通ってR6をくぐります。
(バイクから降りないとイカンっちゅーのがおしいっすね。)
裏道?の上り2発はダンシングで軽くモガいてみました。ふうっ...。

通り道?のオッティモでしばし涼をとって帰路につきます。
有料道路は追い風、楽チンでした!


フライトデッキによる計測
 実走行時間:2時間11分
 実走行距離:56km

|

« プールに飛び込みたいくらいの蒸し暑さ | Main | 壊れそうな暑さで2ストップを余儀なくされました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47362/15996562

Listed below are links to weblogs that reference 暑さと強風でヘロヘロ:

« プールに飛び込みたいくらいの蒸し暑さ | Main | 壊れそうな暑さで2ストップを余儀なくされました »