« Mt.富士ヒルクライム速報 | Main | つがいけサイクル2007 »

June 06, 2007

自己記録更新 でも激しく不満だぁーっ! Mt.富士ヒルクライム

2007.6.3 4th Mt.富士ヒルクライム

前日の夕方、北麓公園で受付。車を上の段の駐車場に停めて、バイクで
下の段に下りて、テントを一回り。途中で「塩田さん!」との声に振り向くと
クロレー日吉くん。小酒井くん,蔭,山口弟,鹿又くんとクロレーメンバーが。
蔭が「塩田さんとおんなじバイクがけっこういましたよ。」とな。ホントかい!?
少し話をした後にInterMaxテントに。
白川さんとCORSA ITALIAについて少し話を。フォークの突き上げ感が強く
なった?と聞いてみると、剛性を上げたことで少々振動吸収感がスポイル
されてしまったところはあるとのこと。
レーシーな走りを考えるとやはり、剛性>振動吸収 としたと。
確かに走っていて下りでの安心感は増したもんね。振動吸収はバーテープ
をジェル入りにするとかカーボンハンドルにするとかで対応できるかな...。
来年の糸魚川対策などは今後の課題ですかね、悩みましょう。
その後ベストを購入し、受付を済ませてホテル(ビジネスホテル登り坂)へと
戻ります。夕食はたらふく食って、お風呂で足をもみもみ。早めにベッドへと
もぐりこみました...。

当日は4時過ぎに起床。シャワー浴びて、ホットコーヒーを飲みながらパンを
もぐもぐ。5時にチェックアウト、北麓公園へと向かいます。
今年は良い天気です。うん、良かった良かった。(^_-)-☆
陸上競技場の横に車を停めて、まずは荷物を預けます。その後、のんびりと
準備を進めて、6時過ぎからローラー回し出します。
今回もなかなか心拍が上がってきません。少し右ヒザにモヤモヤ感が出て
きますが、ペダルを回し続けていると、そのモヤモヤ感も少し軽くなった。
徐々にギアを上げていき、30分かけて身体から湯気がでるくらい、心拍MAX
まで持っていく。下がる方はあっという間。すぐに130台まで戻りました。
そして、クロレージャージに着替えて、タイヤの空気圧を8気圧まで入れて、
スタート地点へと向かいます。
同じクラス(ロード35~39歳の部)には小酒井,蔭山,日吉,原口,塩田と
5名。スタート地点で合流し、少しダベっていると、スタートの時間に...。
北麓公園から1kmほど走ると計測ラインですが、昨日蔭に言われた意味が
わかりました。InterMax SPORTのRAYSでした。確かに色はいっしょかも。
その後、計測ラインを越えてレースが始まります!

最初はやや勾配がキツい。36×21で回していきます。右ヒザのことを考え、
軽めのギアを使って、シッティングで走る。コースにはたくさんのライダーが
いるのでそこを縫いながら走る。たまにツマってしまい、足を緩めなければ
ならないときもしばしば。まぁ、人の波がキレないので、気持ちがキレない
というメリットと50/50ですねぇ。
しばし走って、斜度が緩くなったところでチロとフライトデッキ見ると、タイム
0:00:00...ストップウォッチスタートさせるの忘れてしまった...。(-_-;)
仕方ないので、時計モードに切り替えて走ります。うー、バカだねー。
ペースを維持して(いるつもり)で走り続けていくと、ファンライドでも有名な
理枝子先生,富永美樹ちゃん,絹代さんの姿を見かけますた。
もう4回も出ているので、なんとなくコースはわかってきているのと、今年は
まぁそこそこ乗り込んでいるので、時間は短く感じる。んが、足への負担は
軽くない。太ももに乳酸が溜まってきているのが分かる...。
前を走る選手を一人,また一人と抜きながら、たまに後ろから抜かれながら
先を急ぐ。そして、第2CPの太鼓の音が聞こえてきた。応援に力をもらって
コース中最大斜度の区間へと入る。温存していた23を使い、後ろから来た
良いペースの選手を利用して走り、前に出て行きます。
山岳ポイント(19~20km)計測が始まり、真ん中あたりでクロレージャージ
を見つけた。前にスタートした石野くんだ。「オラ、石野行くぞーっ!」と声を
かけて抜いていく。「塩田、待てーっ!」力ない声が後ろから。(~_~;)
去年はこのあたりで小酒井くんに抜かれて終わってしまったっけ。彼の影
に少し怯えながら先を急ぐ。
そして、残り3km弱。ゴール直前までのフラット部に来た。(下から見ると)
雲の中に飛び込んでいく。視程は悪化、気温下降であります...。
フロントギアをアウターにして踏んで行くがなかなかペースが上がらない。
そんな横を列車が抜けて行こうとした。利用しない手はないぞ!と連結。
35kmくらいで列車は走っていきます。残り500mで上りが始まるまで列車
に乗せてもらい、残りはヘロヘロ。でも、一人でも前でゴールしようと粘り
のペダリング。何人か捕まえてフィニッシュラインを越えました。

一段下で荷物を受け取りましたが、足はピクついて、今にも攣りそうっす。
座り込んでのんびりと下山準備をしていきます。
準備をしていると、チームメイトが続々と集まってきました。
全員でのんびりと下山。雲を抜けて下界(!)に戻ると陽射しの暖かさが
優しく迎えてくれました。

駐車場に戻ってきて、富士吉田のうどんを食しました。
空きっ腹にはこたえますわ! サイコーです!!

で、リザルトです。
1時間20分01秒 男子総合:356/3620,クラス:88/777


むー。自己記録は更新したけど、すんげぇビミョーだ。(-_-;)
やっぱ、坂でのトレーニング不足だよな...。

もすこし速く走らんとな、道具に負けてるYo!(~_~;)
GAMBAります!!

|

« Mt.富士ヒルクライム速報 | Main | つがいけサイクル2007 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47362/15338830

Listed below are links to weblogs that reference 自己記録更新 でも激しく不満だぁーっ! Mt.富士ヒルクライム:

« Mt.富士ヒルクライム速報 | Main | つがいけサイクル2007 »