« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

トレインの加速を体験!

オッティモ朝練に参加

8連チャンの勤務も終わり、明日は前半最後のひたちなかでのレース。
疲れは残さず、身体に感触を残すように走れると良いかなと思う。

少々天気が怪しいが、CORSA ITALIAで出撃します!

今日は少し後ろでスタートしようと思ったが、前の人数が少々少なめで
第2集団でスタートします。
竹内さんや菅野さんもいるので、楽させてもらえそうもないかな...。

今日の第2集団は8名でスタート、30km台中盤からローテが始まる。
今日は東風が少し強め→前半は向かい風。
ローテを繰り返しながら布瀬の信号まで。信号ひっかかって蒸し暑さ
がツラい。(~_~;)
田んぼ道は気持ち風も弱くなったので、付き位置に下がって少し楽を
させてもらう。
足を回復させてカンナに入る。カンナに入って、向かい風もあるので、
ローテに戻る。1周目のカンナは特に動きなし。
柏印西線に入ると、布瀬の信号で前地さんが待ち伏せ?
(向かい風に負けて第1集団から遅れてしまったらしい。)
ダラダラ坂を上っていると、後ろから前地さんが「塩田さんの足の色は
カタギの人ぢゃないYo!」とな。(~_~;) 
田代選手には負けてます...って、彼はカタギぢゃなかった。(~_~;)
ダラダラ坂からまた付き位置で少し足を貯めさせてもらう。前では竹内
さん,プラズマン鳥居,途中から前地さんが集団を引っ張っていく。
折り返しの信号でひっかかって、そして2周目に入っていきます。
カンナ2周目に入ると、集団のペースは上がって30km台後半~40km
集団はひとり、またひとりと篩いにかけられていく。
ローテに加わって、前へ前へと走っていきます。路面の凸凹をひろって
ちょっと手がしびれてくる。ガマンガマン!
カンナ後半で前から下りてきた長谷川さんが合流します。
6名?に人数が絞られて柏印西線へと入る。布瀬の信号でひっかかる。
信号変わって戦闘再開、30km前後で集団後ろで入り、斜度が緩くなる
ところで30km台中盤にペースを上げて、前の竹内さん,前地さんの後ろ
に付きます。その後ローテーションを繰り返して、信号先の下り~上りを
ペースキープしていきます。手賀の丘公園入口の信号では一時停止。
信号変わって先頭再開、下って上って下って。たね屋の坂へのフラット
ロードへと入ります。塩田が先頭でフラットロードに入って、後ろから車が
抜いてったところから集団のペースが上がります。
機関車1号(プラズマン)→機関車2号(菅野さん)→機関車3号(竹内さん)
→機関車4号(前地さん)と機関車が交代していくごとにスピードが上がり、
機関車4号前地さんはOver 50kmまで持っていく!
ジロやツールでペタッキはこうやって発車していくんだなと激しく感動!
最後の1両で飛び出そうと思いましたが、対向車(軽自動車)が。危険な
ことは止めて、安全第一で右折。たね屋の坂へと入ります。
たね屋の坂は様子を伺いながら、ダンシングで上っていって、竹内さん,
前地さんに続いて頂上通過、沼南高校へと向かいます。
沼南高校へのフラットロードは竹内さんが機関車で牽引してくれます!
直後で前地さんは虎視眈々。その後ろで塩田も頭を狙って走ります。
そして、ラストの沼南高校の坂。竹内機関車が切り離され、前地さんが
シッティングで踏み出します!
直後、塩田がダンシングで抜け出しを計る前地さんに襲い掛かります!
坂の中盤で捕まえ、そのまま抜け出して頭を取りました!!

1時間17分09秒(Ave.33.31km/h)でした。


こんな感じで明日も抜け出したいですね! 頑張りますYo!!


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 21, 2007

向かい風に足は完売御礼!?

自主練で不動峠往復

今日も良い天気、足にはそんな疲れを感じないので、不動までイッちゃいます。

今日はCORSA ITALIAで出撃します!

昨日ほど風はないなと思っていたら、往路から向かい風。なんで向かい風なん?
小貝川までチンタラ走って、小貝川CRはアウターで踏んでいきます。52×17で
30km前半くらいだったかな。平日の午前中、小貝川はローディいないっすね。
走ってるとなーんか左腕がたまにピクピク。昨日のDHポジションがきいてるね。(~_~;)
福岡堰を過ぎて平和橋で県道に。島名交差点を左折して、ちょと気合入れます!
って言っても、向かい風なんでギア52×16で30km台前半ですけどね...。
その後、R408に出て、東大通りを跨いだところで直後にダンプが。下り基調の
道だったので、52×15でガツンと45kmまで上げます。でも、ダンプには論外す。
あっちゅー間に行かれました...。
その後、農道へ入って北条を目指しますが、ここの直線なげーっ! 気合一発
踏み続けますが、カントリーエレベータに前で気持ちが折れました...。
北条体育館でひと休み、持ってったクッキーぼりぼり食べます。
その後、不動峠に向かいます。今日はスピードよりも負荷を重視、フルアウター
でイッちゃいます!
最初は19でダンシングしていきますが、筑峯学園の前で早くも21に落とす。(~_~;)
下ハン持って、ケイデンス50~60で上っていきます。
競輪選手もピストで街道練習に来ています。こちらはロード、抜いていきます。
中間点くらいで勾配計は10%の数字。たまらず最後の1枚の23に...。
なんとかガマンしていったが、ラストはヘロヘロ。最後の10%勾配はダンシング。
っつっても、ケイデンス40台で10kmくらいとなさけない限りです...。
麓からは14分40秒くらいだったでしょうか。そんなに遅かないですね。
息が整うまで踊り場?でクルクル、その後のんびり下ります。
そして、復路に入り、お約束?で風向き変わって復路も向かい風。ま、さほど風
が強くないので、カントリーエレベータ前は52×16で30km台中盤で走ります。
その後、東大通りのコンビニでひと休み。補給で栗どら焼き食べます。
その後は県道45号線は30km台前半で走ります。
島名交差点を右折して、ペースをキープして行こうとするが、信号にひっかかって
うまくいかんとです...。
平和橋渡って小貝川CRに入ります。福岡堰まで30km前後で粘るが、ちょーっと
息切れ。でも、最後に力を振り絞って大和橋までは30km台前半で頑張ります。
んで、ガス欠状態で後は黄金のタレであります。


フライトデッキによる計測
 実走行時間:3時間39分
 実走行距離:96km

なんで、風向き変わるかな... いや、疲れました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2007

ギアかけてひとり個人TT

自主練で関宿往復

週末の土日に出勤なので、木金休みの予定が急遽水木に変更されました。
天気も良いので走らないのはもったいないっ!

でも、週末疲れがまだ残っているので、平坦コースを走ることにします。(~_~;)
平坦となれば、利根川CR~利根運河~江戸川CRで関宿までを往復っす。

今日もK.I.S.S. Ver.2 で出撃! ひとり個人TTとばかり走ります!!

往路は良い良い、追い風に背中押してもらいます。利根川CRは30km台前半。
DHポジションでギアを52×15で踏んでいきます。
利根運河に入ってすぐの左側の市立柏高校、体育の授業でプール入ってます。
もうそんな時期ですかね、でも今日は気持ち良いだろーなー。(^^)
江戸川CRに入り、ぼちぼちペースを上げていきます。清水橋を越えてペースを
30km台中盤に上げます。追い風もあって心拍は140台後半、楽チンです。
関宿滑空場を過ぎて、30km台後半に上げます。上がっちゃったって感じかな?
往路は1時間17分で関宿に到着。
風のおかげもあって、足にそれほどダメージなくこのタイム。悪くないんでない?

日陰に逃げ込み、持ってったクッキーぼりぼり食べつつ休憩します。
その後、シートポストを数ミリ上げ、サドルを5ミリほど前にズラす。
より前乗りポジションにして、復路の向かい風に備えます。

復路は進むほどに風が強くなった。往路のようなギアは踏めず、52×17で走る。
前半は30km前後で頑張り、関宿滑空場の手前で一瞬30km台前半まで上げて
走りましたが、すぐギブアップ。(~_~;) もとの30km前後に戻ります。
東武野田線の線路くぐった後、バイクからガタガタ音が聞こえてきた。良く聞いて
みると、ボトルケージあたりっぽい。下を向いてみると、シートチューブのケージが
ガタついていた。停まって締め直します。ふうっ...。ボトル差し替えて走り出す。
清水橋までのビミョーなアップスロープはかなりシンドい。LSDペースに落ちます。
利根運河まではギアを1枚落として、そのまま走ります。
利根運河に入って、風の呪縛から開放され(~_~;)、ギア戻してペース取り戻します。
利根川CRでは30km前後をキープして走ります。
帰りの有料道路は背中を押されてチョー楽チ~ン。(^^) 最後は14までギアを上げ
40km台に乗せてひとり個人TTを終えました。

ジャスコ前の信号を右折し、ナオイオート前でポールに手を置いて信号待ちをして
いたら、ちょと体重かけたせい?ハンドルが変な向きに曲がって危うく立ちゴケ。
ペダルがはずれてくれて良かったよ...。


フライトデッキによる計測
 実走行時間:2時間46分
 実走行距離:82km

明日の天気はどーでしょね? 良ければ不動まで足の伸ばそうかな、元気なら。(~_~;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 17, 2007

3セット走りました!

オッティモ朝練に参加

今日も良い天気。ブァット、昨日の疲れが色濃く残ってます。

今日は100km朝練ってことで、3セット走ります。
今日は K.I.S.S Ver2で出撃しますた。

3セット走りました!

OHに出したのに併せてハンドル交換、TTバイクに仕様変更しちゃいますた。(^_-)-☆

朝は5時起き。パン食べて、自走で集合場所まで向かいます。
昨日よりもちょと風が強いかな?

1st Set
30kmコースを走ります。ベテランな方々と塩田の6名でLSDペースで走ります。
酒井店長の設定したペース(Ave. 25km前後)よりもちょと速く走っていたので、
途中で虎の穴周回コースを追加しました。
周回コースに入るところで外崎組長&プラズマン鳥居が合流。組長の後ろは
ホント楽ねー。(^_-)-☆

1時間33分46秒(Ave.27.78km/h)でした。


2nd Set
通常朝練、今日も第2集団でスタート。今日もオルベア軍団は強力であります。
風の影響もあってペースは昨日より若干低め。30km台後半でクルクルローテ。
一丸さんもDHバーつけて走っていたので、少々後ろで休ませてもらう。その後
塩田が先頭に立って、DHポジションで走る。個人的には少し集団を引くように
走りたいところだが、プラズマンがすぐ先頭交代をしてくる。楽させてもらえんね。(~_~;)
1周目はずっと30km台後半で回していく。途中からはオルベア軍団+塩田で
回す。つれぇっす...。
柏印西線に入り、ダラダラ坂ではちょと遅れ気味。ブルホーンハンドルに加えて
1.5キロの重りのおかげでかなりキツい。ギアチェンジもコルサイタリアのデュラ
と比べるとK.I.S.S.のアルテはちょともっさりした感じ。これがグレードの差ですね。
オルベア軍団に置いていかれそうになるが、ダンシングでギアかけてくらいつく。
2周目に入り、ローテに一丸さんが復帰。ひとり増えただけでもかなり楽になった。
おまけでペースも上がって40km台でカンナを走ります。キチーッ!
カンナの途中で軽トラ出てきた、をいをいーっ! おかげで集団は分断しました。
ダラ坂は2周目もキツいが、集団が少しペースコントロール? 集団のままで走行。
林道から手賀の丘公園入口の信号を右折し、最終のフラットロードへ。
先頭交代しながら、たね屋の坂に向かいます。たね屋の坂はなんとかガマンして
上ったが、そこでおしまい。沼南高校の坂へ向かうところで置いていかれました。
沼南高校の坂はドベ、竹内さん,森脇さん,一丸さん,塩田の順でゴールしました。


1時間15分51秒(Ave.34.11km/h)でした。

バイクを考えれば悪くないかなと思います。

集合場所でしばし休憩、太ももが日焼けでヒリヒリ,負荷のおかげでビリビリ。


3rd Set
30kmコースを走ります。ゆっくりペースにガマンできずに松尾師匠と丸岡さんと3名で
飛び出しました。30km台前半で回していきます。
2人も塩田同様3セット目、元気です。(丸さんは今週だけで300kmくらい乗ってるって)
松尾師匠もニューバイクをデビューさせてごきげんみたいです。足も良く回ってます!
ゆーったりと先頭交代して走ります。
田んぼ道,カンナ街道とペースキープして柏印西線に。ダラ坂は27,8kmで上ります。
ダラ坂上りきったあたりではホント足パン状態! でも、もう少しなので、ガマンです。
そして、上って下って、手賀の丘公園入口を右折。
下って上って下って、松尾師匠はここでいっぱいのようです。残りは丸さんと2人です。
丸さんまだまだ余裕みたい。フラットロードは先頭交代しながら走り、たね屋の坂では
塩田が前で上ります。沼南高校へ向かうフラットロードは丸さんに引いてもらい、最後
の沼南高校の坂までアシストしてもらいました。沼南高校の坂はヘロヘロダンシング。

通常朝練でかなり足を使ったので、かーなりシンドかったです。


1時間05分25秒(Ave.29.58km/h)でした。


往復自走でトータル141km走りました。暑さと風とホント疲れますたわ。

家に帰ってきて、シャワー浴びて洗濯して。その後ついついプシュッと開けました。
至福の時でありますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2007

ズッこけて置いてかれますた...。

オッティモ朝練に参加

とても良い天気、自走で集合場所に向かいます。

第2集団でスタートして...暑い&ちょと風の強い中で走ります。

今日は最初から速いペース、42~44kmでのクルクルローテーション。
すんげぇキツいが、気合いでガマンします。
布瀬の信号前に絡むように幅寄せしてきた滋賀ナンバー。ケリ入れて
やろうかと思うが、手賀沼の模範たるオッティモメンバーとしては大人
な対応でシカトを決め込みます。(~_~;)
田んぼ道は少々向かい風がキツく少々ペースダウンするも40km前後。
カンナ街道に入ると、ローテ人数減少。森脇&竹内のオルベア軍団が
ガンガンいきます!
柏印西線に入り、ダラダラ坂はOver 30km! 森脇さんと塩田が少し前
に出るが、すぐに集団走行に戻る。
2周目に入り、カンナでペースが上がります。見通しの良い中盤に入ると
オルベア軍団がグイグイ行きます! 46kmなんて数字も!!
ここでキレるともっとシンドくなるので、粘ってついていきます!
柏印西線に入り、布瀬の信号でひっかかってSTOP&Go! 1周目よりは
少々遅いペースでダラダラ坂を上ります。
その後、林道を走り、終盤に入る手賀の丘公園入口信号でひっかかった
ときに左足のクリートはずしたら、身体は右側に傾いてしまってバランス
崩して立ちゴケ...。ダサッ! (~_~;)

おかげで集団には置いてかれてしまい、あとは一人旅...。

風に負けて全然ペース上げられずにたね屋の坂&沼南高校の坂を上り
ゴールしました。


1時間15分02秒(Ave.34.22km/h)でした。

右臀部がちょと擦りむけて右のバーテープが切れたけど大事なし。あーダサっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 13, 2007

最大勾配10%? つがいけサイクル

2007.6.10 つがいけサイクル

前日は6時にオッティモ集合、のんびりと栂池に向かいます。遠いっすね。
外環~関越道~上信越道で向かいます。上信越道に入る前に上里SAで
ひと休みしていたら、オッティモメンバーの丸山さんと偶然バッタリ。(^^)
上信越道に入ったら、雨が降ったり止んだり。予報通りであります...。
更埴JCから豊科IC経由で東京~糸魚川ファストランで走った道を走る。
いやぁ、車は楽チンですわ。(>_<)
栂池をちょと通り過ぎて南小谷でお蕎麦に舌鼓を打ちます。
その後、今回の宿 『ペンション ウィザード』にチェックイン。ひと休みして
コースの下見に出かけます。雨は上がってます...。
スタート地点まで下って、そこからコース中間点あたりまでひたすら上る。
今回のレースのためにマニュアルとにらめっこして一生懸命セッティング
したCS400の勾配計見ながらのんびりと上って行きます。
レースの参加案内等では最大勾配10%と書いてあったが、スタート直後
に12%の表示が。(~_~;) 栂池観光協会のうそつきーっ!
スタート地点から3km弱でスキー場のゴンドラ乗り場あたりまで来た。
話を聞くと、ここまでがかなりキツいらしい。こっからは少しだけ緩くなると
いう話。走っておいてよかったよ...。
走り終わって、ゴンドラ乗り場下の温泉に足を向け、疲れを癒します。
お風呂から戻って、ビールをプシュっとあけます。まいう~っ!
んで、明日はどんな選手と走るのかなーっと大会プログラムをペラペラと
見ていると、数年前の乗鞍チャンピオンが同じクラスに。(~_~;)
もう入賞はありえねーっす。その頃、外はかなりの雨であります。
その後、みんなで夕ご飯。看板娘のまゆちゃんの笑顔に癒されます。
たらふく食べて、そっこー寝てしまいますた...。

そして当日、曇ってますが雨は上がってます。よしよしって感じであります。
6時にみんなで朝ご飯食べて、ボチボチ準備をしていきます。
8時ちょい前からローラー回し出します、今回もなかなか心拍があがりない。
ボチボチ上げていき、25分でMAXまでもって行きます。下がるのは早くって
5分で戻りました。
その後、クロレージャージに着替えて、下り用の荷物背負ってスタート地点
に移動していきます。
エントリーした男子D(36~40歳)は一番最後のスタートなので、身体動かし
ながらのんびりと待ちます。
実業団(BR-1)のスタート時には花火が頭の上でドンドーン! スゴい音や。
スタートを待っていると。ポツポツ雨が降ってきたが、走りには問題なさそう。
そして、9:35号砲一発スタートが切られます! 前はあっちゅー間に飛んで
いってしまいました。ついていこうにも足が違いますわ。そばの選手に離され
ないよう気にしつつマイペースで上っていきます。
ギアは当然のごとくインナーロー(36×23)であります。(~_~;)
ゼッケン見えないから、誰が同じクラスなのかよー分からんけど、前の選手を
ひとりひとり捕まえながら走り、1キロいかないうちに山田先生を抜きます。
当然ながら、心拍はピーンとレッドゾーンです。(~_~;)
そして、斜度のキツい前半が終わり、栂池中心街に出てきて、ペースアップ
していきます。すると前にゾウゾウ鼻ジャージに森脇さんの姿を見つけた。
ウィザードの前を過ぎて斜度が緩くなった駐車場の前で「行くよ!」と声をかけ
前に出る。しばし機関車していき、ゾウゾウ鼻応援団のところで森脇さん離脱。
こちらはマイペースで前に行きます。そして、前日試走で引き返した中間点を
通過。未知の世界だ...。『不動峠みたいな感じだよ』という話を信じて上る。
でも、それはちょっとウソ。(~_~;) しばらくは6,7,8%の勾配が続いていく。
もうカンベンしてくれ!って感じ。ギアはインナーローしか使えません。(~_~;)
ケイデンスの上げ下げで対応していきます。このあたりで雲の中に飛び込む!
このあたりからは数名で争っていく。
(争うってスピードではないですが、競い合ってはいました。~_~;)
そして、残り5キロの看板が。ここからは1キロ毎に看板が置かれているって話。
でも、もう足パンですぅ...。でも、頑張らねば...。
残り3キロの看板を前にオッティモジャージを見つけた。吉野くんと柳沼さんだ。
ちょっと力が出てきた感じ。声をかけながら抜いていく。
その後、数名で争っていたメンバーがバラけた。一人前に行かれた。でも、一人
は後ろに置いてきた。そして、残り1キロ。最後の力を振り絞ってペダルを踏む。
前の選手を捕まえてフィニッシュラインを越えました。


記録は、1時間10分03秒3で66名中27位であります。


ゴールした直後にカメラを向けられました。オールスポーツさんかしら?

直後に吉井くんと柳沼ジュニアを見つけた。二人にはちょっと足りなかったです。
その後、しばらく休んで下山。下界はとても暖かい。途中足を停めて記念撮影。
大会本部まで下って、振る舞われた豚汁が美味であります。

しかし...
Mt.富士ヒルクライムといい、今回といい、ビミョーなタイムやね。
次回の課題ってことやな...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2007

つがいけサイクル2007

つがいけサイクル2007
つがいけサイクル2007
完走しました。

1時間10分03秒3で66名中27位であります。

毎度ビミョーな順位だすね(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 06, 2007

自己記録更新 でも激しく不満だぁーっ! Mt.富士ヒルクライム

2007.6.3 4th Mt.富士ヒルクライム

前日の夕方、北麓公園で受付。車を上の段の駐車場に停めて、バイクで
下の段に下りて、テントを一回り。途中で「塩田さん!」との声に振り向くと
クロレー日吉くん。小酒井くん,蔭,山口弟,鹿又くんとクロレーメンバーが。
蔭が「塩田さんとおんなじバイクがけっこういましたよ。」とな。ホントかい!?
少し話をした後にInterMaxテントに。
白川さんとCORSA ITALIAについて少し話を。フォークの突き上げ感が強く
なった?と聞いてみると、剛性を上げたことで少々振動吸収感がスポイル
されてしまったところはあるとのこと。
レーシーな走りを考えるとやはり、剛性>振動吸収 としたと。
確かに走っていて下りでの安心感は増したもんね。振動吸収はバーテープ
をジェル入りにするとかカーボンハンドルにするとかで対応できるかな...。
来年の糸魚川対策などは今後の課題ですかね、悩みましょう。
その後ベストを購入し、受付を済ませてホテル(ビジネスホテル登り坂)へと
戻ります。夕食はたらふく食って、お風呂で足をもみもみ。早めにベッドへと
もぐりこみました...。

当日は4時過ぎに起床。シャワー浴びて、ホットコーヒーを飲みながらパンを
もぐもぐ。5時にチェックアウト、北麓公園へと向かいます。
今年は良い天気です。うん、良かった良かった。(^_-)-☆
陸上競技場の横に車を停めて、まずは荷物を預けます。その後、のんびりと
準備を進めて、6時過ぎからローラー回し出します。
今回もなかなか心拍が上がってきません。少し右ヒザにモヤモヤ感が出て
きますが、ペダルを回し続けていると、そのモヤモヤ感も少し軽くなった。
徐々にギアを上げていき、30分かけて身体から湯気がでるくらい、心拍MAX
まで持っていく。下がる方はあっという間。すぐに130台まで戻りました。
そして、クロレージャージに着替えて、タイヤの空気圧を8気圧まで入れて、
スタート地点へと向かいます。
同じクラス(ロード35~39歳の部)には小酒井,蔭山,日吉,原口,塩田と
5名。スタート地点で合流し、少しダベっていると、スタートの時間に...。
北麓公園から1kmほど走ると計測ラインですが、昨日蔭に言われた意味が
わかりました。InterMax SPORTのRAYSでした。確かに色はいっしょかも。
その後、計測ラインを越えてレースが始まります!

最初はやや勾配がキツい。36×21で回していきます。右ヒザのことを考え、
軽めのギアを使って、シッティングで走る。コースにはたくさんのライダーが
いるのでそこを縫いながら走る。たまにツマってしまい、足を緩めなければ
ならないときもしばしば。まぁ、人の波がキレないので、気持ちがキレない
というメリットと50/50ですねぇ。
しばし走って、斜度が緩くなったところでチロとフライトデッキ見ると、タイム
0:00:00...ストップウォッチスタートさせるの忘れてしまった...。(-_-;)
仕方ないので、時計モードに切り替えて走ります。うー、バカだねー。
ペースを維持して(いるつもり)で走り続けていくと、ファンライドでも有名な
理枝子先生,富永美樹ちゃん,絹代さんの姿を見かけますた。
もう4回も出ているので、なんとなくコースはわかってきているのと、今年は
まぁそこそこ乗り込んでいるので、時間は短く感じる。んが、足への負担は
軽くない。太ももに乳酸が溜まってきているのが分かる...。
前を走る選手を一人,また一人と抜きながら、たまに後ろから抜かれながら
先を急ぐ。そして、第2CPの太鼓の音が聞こえてきた。応援に力をもらって
コース中最大斜度の区間へと入る。温存していた23を使い、後ろから来た
良いペースの選手を利用して走り、前に出て行きます。
山岳ポイント(19~20km)計測が始まり、真ん中あたりでクロレージャージ
を見つけた。前にスタートした石野くんだ。「オラ、石野行くぞーっ!」と声を
かけて抜いていく。「塩田、待てーっ!」力ない声が後ろから。(~_~;)
去年はこのあたりで小酒井くんに抜かれて終わってしまったっけ。彼の影
に少し怯えながら先を急ぐ。
そして、残り3km弱。ゴール直前までのフラット部に来た。(下から見ると)
雲の中に飛び込んでいく。視程は悪化、気温下降であります...。
フロントギアをアウターにして踏んで行くがなかなかペースが上がらない。
そんな横を列車が抜けて行こうとした。利用しない手はないぞ!と連結。
35kmくらいで列車は走っていきます。残り500mで上りが始まるまで列車
に乗せてもらい、残りはヘロヘロ。でも、一人でも前でゴールしようと粘り
のペダリング。何人か捕まえてフィニッシュラインを越えました。

一段下で荷物を受け取りましたが、足はピクついて、今にも攣りそうっす。
座り込んでのんびりと下山準備をしていきます。
準備をしていると、チームメイトが続々と集まってきました。
全員でのんびりと下山。雲を抜けて下界(!)に戻ると陽射しの暖かさが
優しく迎えてくれました。

駐車場に戻ってきて、富士吉田のうどんを食しました。
空きっ腹にはこたえますわ! サイコーです!!

で、リザルトです。
1時間20分01秒 男子総合:356/3620,クラス:88/777


むー。自己記録は更新したけど、すんげぇビミョーだ。(-_-;)
やっぱ、坂でのトレーニング不足だよな...。

もすこし速く走らんとな、道具に負けてるYo!(~_~;)
GAMBAります!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2007

Mt.富士ヒルクライム速報

Mt.富士ヒルクライム速報
下は好天、5合目は雲の中でした。

タイムは1時間20分01秒?
自己記録は更新したかな?

ケツ筋がチョー痛いっす…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 02, 2007

がんばっちゃいました

オッティモ朝練に参加

明日はMt.富士ヒルクライム。今年は天気だいじょぶそうです!?

前日追いを河口湖周辺でやるか、手賀沼周辺でやるか迷ったんですが、
そこそこ負荷かけておいたほうが良いだろうと判断、朝練で走ります。
自走で集合場所へと向かいます。

今日は第2集団でスタート。傍から見たら『中年暴走集団』ですわ。(~_~;)
えーと、飯島監督,丸山さん,森脇さん,つるさん,プリンス小川さん,
丸岡さん,塩田の7名でスタートします。
最初は35~40kmで走っていきます。ちょっとスピードの上げ下げが出て
しまいますが、急に上がったり下がったりってことではないので、集団は
壊れることなく進んでいきます。風もそんなにないので、走りやすい!?
しばらくすると丸岡さん,つるさん,プリンス小川さんが付き位置に下がる。
飯島監督はグイグイ踏んでいきます。付いていくのがちょとキツいときも
あったりします。
田んぼ道,カンナと集団のままで走り、柏印西線に入り、布瀬の信号で
一時停止。森脇さんのケータイ鳴って、一旦戦線離脱。
信号変わって戦闘再開。ダラ坂、ちょっと踏んで30kmキープ! そしたら
丸山さんと二人になってもーた...。「待ちますか...。」と少し足を緩め
後ろを待ちますが、距離が縮まりません。(~_~;)
手賀の丘公園入口の信号にひっかかって、後ろの集団と合流しました。
つるさんは今日はここで戦線離脱。残りのメンバーは2周目に入ります。
カンナ2周目、なぜか森脇さんが前にいます。ワープしてきたの?(^^)
田んぼ道でショートカットして合流成功したそうな...。
飯島監督は2周目もグイグイ踏んで集団を引っ張っていきます!
このまま頑張っちゃうと明日に残りそう!?と思い、一発踏んで集団から
キレようと虎の穴スプリントポイントでギアをかけてアタックかけますっ!
でも、45kmまでしかスピードは上がらず、機関車になっただけ...。
キレそこねました。(~_~;)
集団のままで走って、柏印西線に入ると、また布瀬の信号でひっかかる。
うー、坂ツラいっすー。信号変わって戦闘再開。ここも30kmキープします。
いつのまにか飯島監督がいなくなって、丸山さん,森脇さんと3名に。
先頭交代しながら走り、手賀の丘公園入口を右折。下って上って下って。
フラットロードに入り、森脇さんが機関車役を買って出てくれました。
たね屋の坂まで引いてもらって、最終局面へと入ります。
って、もう足パンですぅ。(~_~;) たね屋の坂は競り合いながら上りましたが、
ここでいっぱいです。沼南高校へのフラットロードをしばし引き、丸山さん
が前に行くのは見送りました。
みんな足が揃っていたので、最後まで一定の負荷をかけ続けることが
できました。


1時間16分57秒(Ave.33.38km/h)でした。

さ、ひと休みしてでかけることにします! 今年こそ1時間20分を切るぞぅ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »