« October 2006 | Main | December 2006 »

November 26, 2006

自分の感覚とは違う結果

2006.11.26 第26回 つくばマラソン

今年も10キロにエントリー。

今いち身体が重たくてどーしましょ...って感じで走りました。

今年もやっちゃいますた、時計忘れたとです。(-_-;)
感覚だけが頼りでアリマス。

走り出すまでは寒かったんですが、スタートする頃には太陽も顔を
出してきて、途中からは暑いくらいに。CoolMaxのアームウォーマ
着用でスタートしたが、中間点を前に手首までずりおろしました。

感覚的には去年といっしょ。前半突っ込んで、中間点でもうヤヴァい。
後半周りのランナーの存在だけを頼りにガマン...。
去年と違うのは周りを走るランナーの数、随分少ないです。どーして?
競技場に入り、最後の直線向いて、どーゆーことかわかりました。
去年より速かったんです。(^_-)-☆

オフィシャル記録は42分42秒で215位でした。(Net:42分29秒)


おー! スゴいぢゃないっすか!! (^_-)-☆

今日感じていた自分の感覚は学生時代のものだったんですかねぇ!?
学生時代に近いUnder 40min が見えてきた気がします。
しかし...すでに足はチョー筋肉痛。明日以降が怖いっす...。(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくばマラソン速報

完走しました。

42分42秒 ネットタイム42分29秒で215位でした。

足チョー痛いっす…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2006

札幌国際に来ています!

札幌国際に来ています!

深々と雪が降ってます、寒いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

降り出してきた雨に予定変更

オッティモ朝練に参加。

ランのおかげで身体は暖まったが、足はチョー重。こりゃバイクはアカンわ。

寒さと天候のおかげで参加者少なめ、中原さんが放牧から戻ってきました。
集合場所でみんなと話をしていたら、ポツポツときました。あー、降ってきた。
コースはどんなもんかしら?

今日は第2集団でスタート。最初は30km台後半でゆーったりとしたローテで
走り出します。ケツの横筋(なんつーんだっけ?)が悲鳴上げます。(~_~;)
ポンプ場から布瀬に向かう道、早くも第1集団から下りてきた古橋さん,竹内
さん。寒さで身体が動かんか?その後、トラクターが前にいて、「どーしよか?」
って森脇さん。後ろ見るとだいじょぶそうなので、「いっちゃいますか!」と。
ペース上げてトラクター抜きます。チロとフライトデッキに目をやると、47km。
「だいぶいー感じぢゃない?」と思ってしまいますた。(大いなる勘違い。)
布瀬の信号は変わりそうだったのでみんなでプチアタック! 信号通過っす。
そこからはみんなでちぎりあい...でも、みんなビミョーに残ります。(~_~;)
田んぼ道が終わって、カンナ街道に入ったら、やっぱり雨が強くなってきた。
濡れ始めやから慎重に慎重に走ります。カンナを進めば進むほどいつも通り
雨足は強くなってきます。(-_-;) 
「もう最後ぢゃ!」と虎の穴スプリントポイントでアタックしたら、右ふくらはぎが
ピクッ! もーいっぱいいっぱいですぅ。(~_~;) 左ふくらはぎもピクピクきてます。
柏印西線に入ってからも集団には残ってましたが、両ふくらはぎはピクピクと
いいっぱなしであります。ダラダラ坂は集団の一番後ろでコバンザメします。
だましだましその先を走り、信号先の下り~上りで最後の粘り! ダンシング
で上ります。んが、またまたふくはらぎがピクピク...。もーギブアップっす。
信号で「今日はもーやめまーす。」と宣言したら、集団全員同意見でした。(~_~;)
下って上って下って、最後のフラットロードに入りますが、もー足は動きません。
集団からキレて一人旅に。と思ったら、たね屋の坂に向かう右折でトロトロの
原チャリおやじが。森脇さんとふたりでひっかかってしまいますた...。
たね屋の坂でちょとだけ先行。その後は並走して沼南高校の坂に向かいます。
そして、次元の低いスプリントに。(~_~;) 最後は頭差で森脇さんが取りました。

手賀大橋に戻ってくるとふれあいラリー参加者いぱーい。濡れたタイルに足を
捕られて後輪ツーッと滑りますた。
ブレーキ離して事なきを得ました。あびないあびない...。

30kmコース 1時間ちょうどくらい(Ave.31.6km/h)でした。

第1集団は通常40kmコースでがんばったようです、さすがだー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瞬発力不足を実感

気がつけば週末に迫りますた、つくばマラソン。(~_~;)

去年よりはフィジカル面の心配はないものの、ランの練習するほどの体力,
気力がありませんでした。特に気力...。
ここんとこほんと忙しくて、昨日は帰宅したのが朝の6時。私がこんなんじゃ、
うちの部署は崩壊ぢゃ...。マヂでちゃんとしてくれよ、某N社。

ってことで、最終追い切りってことで朝練前に走ることにします。

昨日寝るときには10キロ走ろうかなと思って、早めでタイマーセットする。
んが、身体が拒否! 20分ばかし布団の中でウダウダ。(~_~;)
いつもとたいして変わらない時間になってしまって、ようやく身体が少し
その気になってくれたので、布団から出る。
シャワー浴びーの、着替えーの、朝マックしーの集合場所に到着です。
今にも泣き出しそうな空の下、7:45くらいからストレッチののちスタート。
時間を考えると、往復5キロですかね。軽めのジョグから入ります。
意外と足軽い? 気がつくとペース上がっちゃってます。往路はかなり
短く感じる。峠下公園の先で折り返し。さらにペース上げてみようかな
とストライドを伸ばそうとする...。が、太もも上がらんとです...。
もうストライド走法では走れる身体ではないようでアリマス...。(~_~;)
ピッチを上げて走るが、太ももダメージ大っす。「足パン」ですぅ...。
もうダメであります...。なんとかスタート地点に戻ってきました。
時計見ると8:10くらい、キロ5分弱で走れていたようです。今の足だと
こんなもんですかね。

足のダメージ見つつ、もうひと追いできれば良いかなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2006

寒風強し、西湖ステージ

2006.11.12 ツール・ド・ジャパン2006 西湖ステージ

現地には15:30頃到着。WH-7701 with 13-23を履かせて受付を済ませると、
雨がまた降ってきた。うー、雨はイヤだーっ!

レース当日は雲ひとつない良い天気。富士山も良く見えます。でも寒い...。
路面は完全に乾いている、まずは一安心。

レースはチームメイトに小酒井くんといっしょでC1クラスで走る。スタートは前の
方に並ぶ。一番イン側に陣取り、フェンス(?)に捕まり、両足のクリートをカチッ
とハメちゃいます。(~_~;)
11:00中野浩一さんが鳴らす号砲一発! 3周30kmのレースがスタートします。
まずは様子を見ながら集団で走ります。すると、徐々に抜かれて、気がつけば
集団最後方になってました。ただ、一団だし、レース序盤だし、慌てず動かず。
3キロ過ぎの左コーナーを曲がり対岸に出ます。STOP&GOで前との差がちょと
広がり、ダンシングで対応。集団の後ろにいると、これがあるからちょと怖い。
前をしっかり見ながら走り、徐々にポジションアップを図る。しかし、コース左側
に位置取っていたので、なかなか前にはいけない。動きが怪しい選手が数名。
「そばに来ないでね...。」と祈る。(~_~;)
8キロ過ぎの左コーナーを曲がり、コース一番の上りにかかる。みなダンシング
でペースを上げていく。このペースアップを利用してポジションアップを図る。
そこからのアップダウンのワインディングは大きな動きなし。集団の真ん中より
やや後ろで1周目を終える。身体も気持ちも暖まってきた、2周目は積極的に
動いていく。コースセンターあたりに位置してポジションを上げていく。ペースは
1周目よりも上がるが、ポジションが前になったので動きやすくなる。前に目を
やると、チームメイトの小酒井くんは常に良い位置につけている。
3キロ過ぎの左コーナーを過ぎてのSTOP&GOもうまく処理でき、TOPが大きく
見えてきた。心拍も足もまだ余裕がある。まわりを見ながら、余裕のあるときに
ドリンクをチューと口にする。対岸のワインディングではWクラスの後ろの選手を
追い抜く。ここから先はバックマーカーの処理も勝敗の分かれ目になる。
8キロ過ぎの左コーナーを曲がり、上りをクリアする。この周はイン側に位置して
様子を見る。イン側にはバックマーカーがいて、集団は声,手信号で合図して
うまく処理していく。その先のワインディングでポジション上げて、集団の前から
三分の一くらいのところに位置して最終の3周回目に入っていく。
下って、ワインディングに入ったところで前から「落車ーっ!」との声。コースの
中央付近で単独落車。立ち上がって、コース左側に避けていったので、直接の
影響はなかったものの、減速を余儀なくされ、集団復帰までに足を使わされる。
なんとか集団復帰して、3キロ過ぎの左コーナーをクリア。そこでイン側に入って
しまい、対岸のワインディングではちょっと動くに動けない状態。ポジションやや
後退。バックマーカーを処理しながら、8キロ過ぎの左コーナーをクリア。
ここまでは集団で走ってこれたが、最後のスプリントでどこまでイケるのか不安
があったので、万が一失速して去年のようにガシャ~ンとならないよう、まわり
に迷惑がかからないようにイン側に位置しつつ、チャンスがあればあわよくばと
いう思いも持って走る。
集団は先頭が牽制しはじめたか、あまりペースが上がらない。残り1キロくらい
でペースが上がるとぽっかりインが空くこともあるなと足を貯めていた。
...が、実際はその逆。残り1キロくらいの左コーナー曲がって、本来であれば
ペースが上がりはじめるところで落車があり、集団全体が減速を余儀なくされる。
集団がギューッと小さくなって、そこからいよいよゴールスプリントに向かう。
イン側にいた塩田はペースを上げつつ行き場を探すも、前がなかなか開かない。
動くに動けないまま、足を残して最後の直線に。集団はコース横幅いっぱいに
広がってのスプリント。やっと前が開けて、ギアをかけていくも時既に遅し。
足を余してフィニッシュラインを越えました。

44分44秒911 25/54(完走:53名)

うー、うまくいかんね...。

でも、今年は最後まで集団で走れて、無事にゴールできたから
それをヨシとしますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2006

ツール・ド・ジャパン 西湖速報

C1クラスに参加

44分44秒911 25/54
53名完走

今年は無事に完走しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2006

G前目一杯追うも遅れた…

スピニング@Y's Bike Academy に参加

西湖への最終追い切り。と言いつつ、中2週開いてしまった。
仕事でノーミソうになので、気合い入れて筋肉に戻します!
今日はインストラクターが山田さんに変わったばかりの頃のBGMでスタートします。
テンから飛ばしていって、G前のスプリントは目一杯追うもガマンしきれず遅れてしまいますた…。
瞬発力勝負に持ち込まないような展開にする必要ありだけど、そりゃキツいわ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

今日は最後まで粘りました!

オッティモ朝練に参加。

朝起きると身体おもおも。「あー、今日もキレちゃうのかなぁ...。」なんて
思いながら着替えます。
今日も天気良さそうなので、オッティモ半袖ジャージにニーウォーマー着用
で出撃します。

今日も集合場所まで車で行き、来週の西湖決戦仕様でWH-7701カーボン
に履き替えます。今日はスプロケも決戦仕様で12-21です!

今日も酒井さん率いる第2集団でスタート。今日はクルクルのテンポが遅く、
さらに一昨日よりはやや遅い30km台後半でのローテーション。フィジカルに
優しいスタートであります。(~_~;)
今日は少し交通量が多い。声を掛け合いながらペースを上げ下げして走る。
今日は一昨日走って身体に刺激を与えたせいか、ここまでは多少余裕あり。
布瀬の信号に行くまでに第1集団でスタートしていった遠藤くんが合流する。
第1集団が速いのか?遠藤くんの体調が戻っていないのか??
その後、布瀬の信号を前に第1集団でスタートしていった田尻さんがなにやら
お着替え中。(~_~;) (後で聞いたら、二日酔いで体調ボロボロやったとな。)
田んぼ道に入って少々ペースアップ。40km前後の走行になるが、たまに付き
位置に下がらせてもらってなんとかガマン。田んぼ道を終えてカンナ街道へ。
カンナ街道中盤で逃げが出るもアップスロープまでで酒井急行が吸収。
直後につけていた塩田がダウンスロープを利用して虎の穴スプリントポイント
に向けてアタック! んが、50km以下で全然アタックになってません。(~_~;)
すぐに吸収されました。情けねーっす。
その後、柏印西線に入り、ちょとキツくなってきたが、布瀬の信号で一時停止。
塩田的には息が入って助かりますた。
信号変わって戦闘再開。集団がふたつに分裂しかかるが、後ろでは染谷特急
が発車! 集団はひとつに戻りました。(塩田は特急に乗ってますた。~_~;)
信号先の下り~上りで一発ギアをかけてみるが、頂上まで持ちましぇ~ん。
頂上ではタレタレであります...。集団のまま2周目に入ります。
2周目はみんなガンバり、カンナでは集団は崩れずに柏印西線へと入ります。
2周目も布瀬の信号で一時停止。ハァハァハァ...。勘弁してくれ~っ!
信号変わって戦闘再開。オジさんたちが若手を声であおります。(~_~;)
しかし、集団のままで進んでいきます。今日は信号によーひっかかりますわ。
手賀の丘公園入口でも信号にひっかかる。待ちの間に後ろの小集団が合流。
最後のスプリントが激しくなる予感。
信号変わって戦闘再開。今日はどこまで粘れるか???
下って上って下って、フラットロードに入って、先頭交代の輪に加わって走る。
たね屋の坂へのアプローチでみんながドーッと前に出てきた。今井さんの足
が軽そう。前に出て、そのまま先行していく。頂上から下りに入り、追っかけ
るが、差が縮まらない。縮まらないどころか沼南高校の坂を前に差が開いて
しまった。最後の沼南高校の坂、今井さんを捕まえに行くも、後ろの田尻さん
のほうが仕掛けが早く先行していく。と、同時に背中からニーウォーマー?が
ポロリと走行ラインにおっこちた。避けるために走行ラインを変えたので、少し
失速。今日はここでおしまいであります。
やられますた。でも、今日は最後まで集団にいたのでヨシとしますかね。

1時間12分35秒(Ave.34.77km/h)でした。


久しぶりの高アベレージです、あとはスプリントの足だな...。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

November 03, 2006

いつものパターンに逆戻り?

オッティモ朝練に参加。

今週はホント「勘弁してくれ~っ」って感じ、身体も気持ちもおもおもです。
ノーミソを筋肉に戻してリフレッシュします。

集合場所まで車で行って、ホイール&シート交換。平地スプリント仕様に
チェンジです。(AirMax & Aspide)
あ、スプロケは13-25のまんまだ。(~_~;) ま、そこはガマンだす。

今日も酒井さん率いる第2集団でスタート。つか、ちょと出遅れてしまい、
手賀大橋ではバーンと踏んで追っかけました。(~_~;)
最初からクルクルローテーション始まっちゃいました、しかもOver 40km
最初はガマンしてましたが、10分くらいでツラくなって、付き位置に移動。
布瀬の信号までコバンザメ...。
信号変わって、田んぼ道に入って、ペースがやや下がり30km台後半に
なったので、クルクルローテーションに復帰。なんとか田んぼ道はガマン
しました。そして、カンナに入ったら集団のペースは戻り、
「隊長!自分はもうダメであります、離脱しますっ!!」
一度先頭に出て、そのまま消えていくいつものパターンに逆戻りっす。(~_~;)
今日の第2集団での走行は24分でした。(-_-;)
しばし息を整えるためにペースダウン。柏印西線に入って、徐々にペース
を戻していく...。
そして、2周目に入るところで永井さん率いる第3集団に吸収されますた。
ゆっくりローテーションで30km台中盤~後半に入る程度のペースで走行。
平地ではやっぱギア18が欲しいっす...。
カンナから柏印西線に入り、ダラダラ坂は塩田が先頭で30kmちょい超で
ダンシング。上りきったところで右手ひらひら...。ちょとツラくなってきた。
でも、ガマン。信号先の下り~上りで少し仕掛けてみました。
んが、手賀の丘公園入口の信号にひっかかって意味なしですぅ。(~_~;)
信号変わって戦闘再開、今日の最終ステージに入っていきます。
下って上って下って、フラットロードに入っていきます。最後のスプリントに
備えて足を貯めます。たね屋の坂でも足を温存。軽めのギアで回します。
続く沼南高校へのフラットロード。前でペースを上げて行きます。
そして、最後の沼南高校の坂。残ったパワー全開!ダンシングで上って
行きます。後ろから少し差を詰められたがこちらも二の足使って差を広げ
にかかります。なんとか集団の頭をとってゴールしました...。

1時間17分47秒(Ave.32.56km/h)でした。


メンタルダメージはだいぶ抜けましたが、フィジカルダメージはさらに深く
なってしまいますた。(-_-;) あきまへんわ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目標だったサブSix ~富士チャレンジ200km

2006.10.29 富士チャレンジ200km

富士スピードウェイを44周する。

夜は雨が降っていたようだが、スタートする頃には太陽も顔を出し、
路面も一部で水が浮いているが、ほぼドライ。
(スタートして1時間くらいしたら、もう完全ドライになりました。)

途中で空が泣き出す可能性は捨て切れなかったので、カーボン
ホイールは止めて、WH-7701でスタートすることにした。
ボトルはいつもの通り2本、ワンストップで乗り切っていければ。

スタートからマイペースを決め込み、8分を切るラップタイムを刻む。
途中、スキルシマノの大内選手牽引の列車がちょうど良いペース
だったので、しばし連結させてもらう。
アンカーの藤野監督もなぜか乗ってますた。(~_~;)

100km(22周)は2時間52分くらい、貯金できてる、悪くない...。
30周まではペースキープして、30周クリアが3時間56分くらい。

が、そこで足がパッタリ止まった。「足パン」ですぅ...。
3周で貯金を使い果たし、ボトルも空になった...。

ので、34周クリアしてピットイン。ボトル交換&トイレ休憩をとる。
そして、おにぎり半分食べて戦線復帰、4分弱のピットイン。

残り10周、8分前後のラップタイムを刻めれば6時間以内の完走が
なんとか可能。どれだけ粘れるか...。
コースに復帰すると、ほどなくアンカーの畑中選手牽引の列車が
来たので乗ってみる。ちょうど8分前後のラップタイムを刻んでの
走行。このまま最後まで連れてってもらおうと考えてコバンザメ。
連結ははずれることなく最後まで粘り、最後の直線でスプリント!
フィニッシュラインを越えました。

5時間56分36秒 182位でした。


去年走り終わって、「来年の目標は6時間切り!」
無事達成することができました!!

来年は...エンデューロで全開!ガンガン走りたいかな。(~_~;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »