« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

塩原TT速報

7.9kmの山岳TT

28分15秒353 10/16

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2006

外は雨、中はサウナ?

スピニング@Y's Bike Academyに参加

ツール・ド・ちばの運営部会の後でスピニングに参加します。外は雨です...。

今日も先週と同じメニューでスタートします。

ウォーミングアップ1曲目はおとなしく入ります、身体が暖まったところで、
ウォーミングアップ2曲目はガンガン回してイキます!
その後、ハイスピードエリアでは52×16で回していくイメージ。その後の
さらなるスピードアップするイメージでのダンシング、ガマンできずキレる。
その先のダウンヒルでガッツリ踏んで集団復帰します。
その先のハイスピードエリア、テンション若干軽めで集団に食らいつきます。
その先は補給区間?ですが、みんな足が止まりません...。
その先のちょとハードな上り、ここで粘って前に復帰していきます。
そして、最後の平坦区間。52×16でペース上げていきます。
その先ではダンシング、ここは粘って集団のままでイキます。
そして、最後のスプリント!
今日は集団から抜け出すまでに時間がかかり、最後ゴリゴリ踏んで
追い込みましたが、ちょと届かずにゴールに飛び込みました...。


汗ビッチョリ、サウナから出てきたみたいです...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

だいぶあがってきたコンディション

オッティモ朝練に参加。

朝晩だいぶ涼しくなってきた。今日はアームウォーマ,ニーウォーマ着用です。
13-25は決戦用ホイールにつけてあるので、練習用チューブラー with 13-23
で出撃します!

来週のJCRC@塩原温泉に向けて、高負荷トレーニングいっときます!
でも、今日は佐藤先生んとこ行くので、30kmコースにします。(~_~;)

今日はロード班のかなりのメンバーがいわきクリテに出撃しているので、少々
人数少なめ。でも、J-カワサキさんから刺客が...。

塩田は第2集団でスタート、第2集団は丸山さん,一丸さん,サエコバさんを
含む6名?
風は少々あるが、集団走行にはあまり影響ない程度。丸山さんのお話だと、
昨日はスゴかったらしい...。
集団は最初からハイペース、40km前後での走行。でも、これまでの朝練とは
違う。今日はイケます!布瀬の信号までは40km前後のペースでの走行。
信号渡って、田んぼ道へ。今日はかなり通行量多し、30km台中盤での走行。
カンナへと入っていきます。そしたら、サエコバさんがイキます! 40km前半
へとペースが上がります。でも、ここでも今日はイケます! コンディションが
かなり上がってきたことがわかります。カンナに入ったところで集団の人数が
若干減りましたが、ペースはキープしていきます。
カンナ後半でベルサイクルさんの集団が抜いていきます。抜いていったけど、
そこからは離れていきません。柏印西線に入り、ダラダラ坂では距離を適度
に保とうとペースを調整します。
そして、戦線離脱のために集団の後ろに下がります。集団一番後ろで信号
先の下り~上りではギア15で集団のペースに合わせて上ります。グイグイ
踏んでる感じであります。
今日はここで戦線離脱、ここからはひとりTT状態で走ります。手賀の丘公園
入口を右折、下って上って下って。ギアかけていきたいところですが、今いち
踏めないっす。(~_~;) でも、ポンプ場前あたりではギア16でウリャ!と踏んで
みます。今日は42kmくらいしかいかねっす...。
その先右折してたね屋の坂へ。ギア17でダンシングしてイキます!
でも、30km前後しかでねっす...。
下って、沼南高校の坂へと向かいます。ギアかけるが、途中で失速...。
最後の沼南高校の坂はギア19でダンシングしていくが、タレてるな...。

55分03秒(Ave.34.42km/h)でした。


かなりコンディションがあがってきたことを実感できました。
でも、このレベルから飛び出せるようにならんとイカンな!

がむばっていきますよ~っ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2006

北東からの風が強かとです...

自主練@手賀沼サイクリングロード

手賀大橋~曙橋を2往復。自走で手賀沼サイクリングロードに向かいます。

1往復目
手賀大橋→曙橋は完全向かい風、39×17でケイデンス110以上で走る。
最近こんな走りはしていなかったので、ハムストリングスもふくらはぎも
びっくりしたかも(~_~;) たかだか5キロですが、正直シンドい。(~_~;)
曙橋→手賀大橋は追い風基調、52×17で走る。完全追い風のところは
Over40kmで走ります。

2往復目
手賀大橋→曙橋は1往復目同様39×17でケイデンス110以上で走り出す。
んが、2キロいかないところで足が悲鳴を上げました。ギアを1枚落として
ケイデンスも100~110に落として走ります。ヒィーーー。(~_~;)
曙橋→手賀大橋は最初52×18から入る。最初の完全追い風のところでは
ギアかけて18→17→16と上げて、スピードも50km台に突入させます!
でも、すぐ右直角コーナーで減速します...。
追い風もあったと思いますが、だいぶ踏めるようになってきたかなと。(^^)
その後は30km台後半で走ります。

ちょとふくらはぎ&右ヒザがシンドくなってきたので、今日はおしまい。
道の駅しょうなんで梨(豊水)買って帰路につきました。


走行距離:38km 実走行時間:1時間29分 でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 19, 2006

今日はガッツリとイケました!

スピニング@Y's Bike Academyに参加

連休中に入念にストレッチした右足の筋が痛いっす。(~_~;) 慣れないことしたから? 

今日も先週と同じメニュー、右足と相談しながらスタートします。

ウォーミングアップ1曲目はおとなしく入ります、右足はだいじょぶそうなので、
ウォーミングアップ2曲目はガンガン回してイキます!
その後、ハイスピードエリアでは一枚ギアを上げて踏んでいくイメージ。
ここで両ふくらはぎに張りが...ヤヴァいっす。(~_~;)
その後の軽い上り、ちょとツラいであります。(~_~;)
その先のハイスピードエリア、テンション若干軽めで集団に食らいつきます。
その先は補給区間?ですが、みんな足が止まりません...。
その先のちょとハードな上り、ここで粘って前に復帰していきます。
そして、最後の平坦区間。軽くギアをかけてペース上げていきます。
そして、最後のスプリント!
今日はドンピシャのタイミングでの踏み出し! マキュアンばりのスプリント
(つもり)でゴールに飛び込みました!


ひぃーーーっ! シンドかです...。ストレッチの最中、右の股関節付近が
ツリそうになったとです...。(~_~;)

でも、このツラいメニューのおかげで最近少し粘れるようになってきたかな?
来週も粘るぞぅ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2006

走り出したら雨が...

オッティモ朝練に参加。

天候不安でしたが、行くだけ行ってみようと集合場所に出撃します。

南柏周辺はポツポツ降ってましたが、集合場所はほとんど降ってない。
とりあえず着替えて、ウォーミングアップがてら2kmばかしランを。
っつーか、もっと走ろうと思ったけど、足が動かない&ムシムシで気が
乗らず。途中で引き返しました。(キロ5分程度で10分くらいのラン)

集合場所に戻って、ホイールを練習用チューブラーに交換。バタバタと
準備をしたら、ちょうどスタートするところでした。
さすがに今日は天候のせいもあって、人数は少なめ。諏訪ッチ率いる
第2集団でスタートします。
スタートしたら、雨が降ってきました。でも、もーイクしかないっしょ。(~_~;)
30km台前半~中盤でゆっくりローテーションで走ります。
田んぼ道に入り、塩田が先頭から下がるときに諏訪ッチがペースアップ。
諏訪ッチと松尾さんがイってしまいました...。あー、そんな...。(-_-;)
前を見ると、諏訪ッチは酒井さん率いる第1集団に追いつき、松尾さんが
ちゅうぶらりん。松尾さんには追いつけそうだったので、ちょとギアかけて
ペースアップ。田んぼ道の後半で追いつきました!
カンナ街道に入って、古橋さんを拾います。少々風があって、30kmくらい
で走るのがやっと。ひぃひぃ言いながら走っていたら、カンナ街道の後半
でお約束?雨が強くなってきた。進行方向右手の空は暗いデス。(~_~;)
柏印西線に入り、ちょとだけ背中を風に押してもらって、ダラダラ坂の上
まで先頭で走ります。坂上りきって、雨が弱くなることを期待しましたが、
逆。雨強くなってきたとです。おまけでサングラス雲って、前見えんす。
「ペース落とします!」と宣言してギアもインナーに落として走ります。
松尾さんから「1周で止めよう! 危ないよ!!」 激しく同意デス。
「お願い、おっきい車来ないで!」と思いながら走ります。前見ると諏訪
ッチもペースダウンしてました。
信号先の下り~上りはサングラスはずしておとなしく走ります。その先、
手賀の丘公園入口の信号でひっかかって、一時停止した際にはずした
サングラスをヘルメットに差し込んで再スタート。
下って上って下って、大きな水たまりが...ちょとビビりますた...。
フラットロードに戻ってきたら、一面水浸し。池の中走ってる感じだよ。
最後のたね屋の坂だけマヂで走ってみました。気持ちが入ってれば
上りは安全だからね。あとはおとなしく。ウェアはビチョビチョで身体に
張り付いてます...。沼南高校の坂はのそのそとダンシング。
手賀沼のそばはかなり小降りになってますた...。ふうっ...。


1時間02分18秒(Ave.30.48km/h)でした。

あー、着替え持ってって良かったよ。参りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2006

塩原コース試走

JCRC第7戦に向けて、山口兄といっしょにコース試走してきました。

ビジターセンンターに車を停めて、上りコースを2本。

1本目、兄にあっという間に置いて行かれますた。(-_-;)

2本目、2人で本番に向けての戦略を練りながら、ゆっくり上りました。


走行距離:43km 実走行時間:2時間18分でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2006

一瞬の踏み遅れ

スピニング@Y's Bike Academyに参加

秋初戦の修善寺も終わって、どんどんコンディションを上げてイキたいと思いマス!

今日も先週と同じメニューでスタートします。

今日はけっこう足が回る、ウォーミングアップ2曲目からガンガン回してイキます!
その後、ハイスピードエリアでは一枚ギアを上げて踏んでいくイメージ。
早くも両ふくらはぎに張りが...ヤヴァいっす。(~_~;)
その後の軽い上り、ふくらはぎに加えて、左のハムちゃんにも張りが。(~_~;)
その先のハイスピードエリア、ギアかけて集団に食らいつきますが、ズルズルと
遅れていきます、ガマンしきれましぇーん...。
その先は補給区間?ですが、みんな足が止まりません...。
その先の上り、ここで粘って前に復帰していきます。
そして、最後の平坦区間。軽いギアでケイデンス上げて食らいつきます。
そして、最後のスプリント!
一瞬踏み遅れましたが、ボーネンばりのスプリント(つもり)で追い込みます!

ハァハァハァ...。疲れますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2006

想定外の暑さの中での2時間

2006.9.10 JCRC第6戦@日本CSC

今年も昨年同様、秋初戦は修善寺のZクラスにエントリー。

前日に修善寺入り、ペンション ピノキオに宿泊。

当日は5時起き、ひっそりと5:30に出発。駅のそばのセブイレで
朝ごはん等々を買い、6時前にCSC駐車場に到着します。

Zクラスは7:40スタート、レース全体の一番最初のスタートです。
トータルでAve.12min/Lap を目標にスタートします。

号砲一発、スタートを切ります。サイクルコンピュータのスタート
ボタン押しても動きません!(>_<)
(後で調べたら、ATモードになってて、動かなかったとです。)
フライトデッキと2つを使い分けようと思ってたのに...。
おまけでクリートはまんないし...集団最後尾で最初の坂へと
向かいます。
最初の坂を上ったところで、集団走行はおしまいです。みんなは
下りで飛んでってしまいますた。(-_-;)
下りが苦手な塩田は安全重視でみんなを見送りマイペース走行。
Zクラス、塩田のレベルだと他人と競い合うと最後まで足が持たん
のです...。下りで離され、上りでちょと追いつく。この繰り返し。
1周終わって10分半くらいだったかな...。
2周目以降はペース落ち着いて1周11分半くらいで走行。
4周目だったかな、長い上りの途中の斜度が緩くなったところで、
補給でゼリーをチューってしてたら、AllSportsのカメラマンさんに
チョー接写されますた。 来年の年賀状画像はこれか? (~_~;)
5周目の長い上りでTOP集団に抜かれますた、速いっす。
5周目終了時は56分台後半だったかな。予定通りのペースです。
6周目まではこのペースでラップを刻んでいきましたが...
7周目、秀峰亭に向かうビミョーなアップスロープで左ふくらはぎに
一瞬電流が。ここまでは下り~アップスロープでギアかけて踏んで
きたのだが、踏める足がなくなったようであります...。
まだ先は長いので、回すペダリングを心がけます。
7周目はガクンとペースが落ち、Ave.12min/Lap を下回ってしまう。
幸い、回すペダリングでペースを取り戻すことができて、8周目を
走っていると、またまたTOP集団に抜かれます。うー、速い。
9周目を乗りきり、1時間50分をちょっと過ぎたあたりで速い集団
といっしょにラスト1周のジャンを聞きます。
当然ながら、集団とは最初の坂でお別れ。マイペースでイキます。
最後のコーナーを抜け、坂を上り切って、ラストスパートとばかりに
アウターにチェンジしてギアをかけていきます!
そして、フィニッシュラインを越えました。

10周(50km)を走行、2時間01分40秒795でした。
TOPから2周遅れ、42/51でした。おそっ...。

暑かったっす...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2006

JCRC第6戦 速報

JCRC第6戦@日本CSC Zクラス

記録 自己計測:2時間01分37秒 10周(50km)でした。

すんげぇ暑かったっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2006

足の休めどころがない新メニュー

スピニング@Y's Bike Academyに参加

センチュリーランの疲れはまだ抜けきらず、足おもおもであります。
週末の修善寺に向けてリカバリーをしていきますか!

さらに、インストラクターの山田さんが早くも新メニューを投入してきました。
完全リプレイまでには少し時間がかかりそうです。(~_~;)

スタートしてみると、これがキツい!

今までのメニューも足の休めどころがなかったが、新メニューはより以上に
足の休めどころがない。負荷をかけ続けている感じ。
ヒィヒィ言いながら、なんとか最後まで。最後はゴールスプリントでモガキ!

もしかすると、全然リカバリーになってないかも。(~_~;)


週末までおとなしくすることにします、ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2006

センチュリーラン笠間 レポート

2006.9.3 センチュリーラン笠間

今回はオッティモメンバーと行動を共にします。

他のメンバーと機材が共用できるようにW/OのWH-7701、山岳を考慮して
13-25のスプロケを装着して走ります。

5:30にオッティモを出発して、常磐道経由で会場入り。とても良い天気です。
レースではないので、のーんびりと準備します。

スタート時間が近づいてきたので、スタート地点へと移動します。
でも、今年はミス笠間はいません。残念であります。(;_;)

塩田のスタートは8:01、オッティモメンバーの中では森脇さんと共に一番前。
後ろから追いついてもらおうと考えて、追いつくまではゆーっくり走ることに。
Que Sheetないなと思っていたら、要所要所に誘導の看板と係員の方が。
なるほど、これならQue Sheetはいらないですね。だぁっつぐっどあいであ!
直後のスタートの軽部さんがR50で合流。県道41号に入ったところで後ろを
見ると、長い列車になってますた。ちょうど良いスピードで走ってたせいかな?
りんりんロードと交差する横断歩道の手前の非常時避難所で一時停止。
3名でオッティモトレインを再構築。直後、鈴木さん,落合さん,永松さん合流。
県道41号は意外と交通量が少なく、他の参加者はガンガン前に行く。
しかし、信号無視や車線いっぱいに拡がるのはイカンよ。>某チーム
つくし湖横を通過し、県道14号に入るところのセブイレで休憩。後ろがくるかな
と思いながら休憩&補給をします。
しばし待ったが、来そうもないので再スタート。県道14号はやはり交通量多し。
一列で走り、R125に入ります。R125ではガンガン前に行く他の参加者も。
アップダウンをひとつ越えて小田の交差点で左折、裏筑波へと向かいます。
軽い上りに入ったところで、後ろからスタートの丸山さんがばひゅ~んと抜いて
いきました。その直後、上村さんが対面から下ってきた。前日言ってた通りで
CP1から合流するようです。そろそろCP1かしら?と思いながら走っていたところ、
左へのカーブを抜けた非常時避難所?がCP1でした。
CP1は狭いスペースでちょと落ち着かない。とりあえず、バナナと水分を補給。
休んでいたら、増田さんも特急列車!に乗って到着です。
あんまのんびりできる環境ではない&後ろはまだ来そうもないのでので、早々
にスタートします。筑波山周辺の一番下?をグルッと回るルートを走ります。
一番下?なので、勾配は大したことないよなーと思いながら走っていたところ、
フルーツラインにつながる道、壁であります。(-_-;)
のんびり行こうと思ったが、上村教官が横から「なっとらん!こう走るんだ!!」
と言わんばかりにすーっと前に行きます。そこからは上村教官の厳しい指導が
始まります。(~_~;)
前に出て、30km台に入れて走りますが、上村教官は後ろにピタッとつけます。
「まだまだだ!」とプレッシャーをかけられてる感じです。
フルーツラインに入ってからはマヂ踏み。フラワーパーク越えたコンビニで休憩
ってことにしといて良かったっす。(~_~;)
日陰に入って休憩&補給をしてたら、ロード班自主練組先発隊の弦巻さんと
古橋さんが筑波フルコースの途中でフルーツラインを下ってきました。
その後、本隊?TIME小林さん,田尻さん,小澤さん,竹内さん,TAKUも合流
なんという偶然でしょう!
加えて話をしていたら、「塩田さん?」と呼ぶ声が。声の主は渡辺さん&和田
ボーンくんでした。なんというなんという偶然でしょう!
彼らもサイクリングで裏筑波に足を延ばしてきたとのこと。
しばし話しをしていたら、酒井さん率いるセンチュリーランの本隊?も到着。
いつものチョーハイテンションで撮影タイムへと突入しました。(~_~;)
そして、センチュリーラン先発隊?は休憩終了。フルーツラインを上っていき
ます。フルーツラインのアップダウンは上村教官の熱血マンツーマン指導。
アウターに入れて30km台で走ります。ちょっとでも緩んでくると、上村教官の
バイクの前輪がチラチラと視界に入ってきます。教官、キツいであります!(~_~;)
走っていると時おり目に入ってくるのは赤トンボ? 筑波山周辺は秋近し!?
板敷に向かう交差点で本来は左折だが、直進していってしまった参加者風の
ライダー。信号待ちの他の参加者と「あのライダー、センチュリーラン参加者?」
と顔見合わせてしまいました。あのライダーはその後どーなったのでしょうね?
板敷に向かって走っていると、コンビニ前にはスペシャジャージを着たライダー
が休んでました。通り過ぎると、上村教官が「今の松丸選手だよね?」とな。
(他のメンバーも「丸ちゃんいたよね」と言ってたので、その通りだったようデス。)
その後、ゴルフ場横を抜け、JR福原駅横を抜けて、さぁR50に戻るよ!って時に
BENTO BOXに入れてたウィダー in ゼリーをおっことしました。(~_~;)
拾って、R50に復帰。しばらくR50を走って大鳥居前を右折してスタート地点へと
戻ります。日陰の芝生に座って、本隊の到着を待ちます。
良い感じで飛ばしてきたので、けっこう後ろを離したかなと思っていたけど、ほんの
数分後、先発隊の残りメンバーがスタート地点へと戻ってきました。

残り時間を考えるとちょっとシビアかなと思いつつ、レースぢゃないので、おいしい
ものを食べないと! 森脇さんが探してくれたお店「紅葉亭」、芸術の森公園から
1キロくらいのところにある「民芸の里」に中のお蕎麦屋さんに足を延ばします。
行ってみたら、ちょーど良い感じに空いてました!
塩田は二八もりソバを注文、まいう~っ! (^_-)-☆

おそばでお腹をふくらまして、センチュリーラン後半のスタートです! 後半は
山岳ステージ? 往路の中山峠,復路のビーフラインと控えています...。
んで、塩田はといえば、上村教官に加えて、丸岡教官の指導を受けることに。
プラスTREK新井さんもついてきます。
走り出してみると風が吹いてきている、しかも向かい風。前半の疲れもあって、
ギアがかけられず、平坦部は52×21が精一杯。回して回してスピードキープ。
30km台前半で粘ります。教官、キツいであります!
裏道?山道?通行量が少なく、走りやすいのですが、風の影響大であります。
ヒィヒィ言いながら走っていると、上村教官が「中山峠だよ。」とな。そんなには
キツくなかったっす。ホッ、良かった...。そこでメイドさんジャージを着た尾崎
先生を抜きます。
その先で上村教官が自販機見つけて補給。信号で一時停止して待っていたら、
センチュリーラン係員の乗った車が来たので、「CPまであとどのくらいっすか?」
と聞いたがはっきりとした答をもらえず。(~_~;)
まーもちょっとだろ!?と思いつつ走り続ける。途中、那珂川を渡る。河原では
テントも見える。水遊びする少年少女たちも。
両教官ともども 「あー、河原降りてー!!!」 マヂ気持ち良さそうですぅ...。
その後、もう少し軽いアップダウン越えてCP3に到着です。
疲れたときに飲むコーラはうまいYo!
アミノバイタルゼリーをチュー。そして、残り20キロくらい?ゴールに向けて走り
出します。ここから先、しばし丸岡教官に模範を見せていただきます。(~_~;)
CP3から少し走ると、上村教官が「ビーフラインだよ。」とな。いわんでえーよ。(~_~;)
ビーフラインのアップダウン、これまで走ってきた道とはちょとちがぁーう。
でも、距離的には短く、下りのスピードを活かして上りを走ると足を使い切らず
にうまく走れる。丸岡教官の教えであります。(^_-)-☆
んが、斜度のキツい上りも。ここまでフロントアウターで頑張ってきたが、ちょと
ムリ。インナーにチェンジ...リアをローのまんまでインナーにしちまったんで、
チェーンおっこちますた。(-_-;)
上りの途中だっちゅーに、がっかりですぅ。急いで直して、戦線復帰します。
良く考えると、両教官ともにコンパクトドライブ装着者。ちょと旗色悪いです。
ならば、再び機関車に戻って自分のペースで走らせてもらうことにします。
しばらくアップダウンを繰り返すと、上村教官が「これ最後の上りだよ。」とな。
これまでより長くキツいっす。インナーローに落として走るが、両教官はまだ
ギアを余らせてます、ちょと分が悪い。コバンザメが精一杯であります...。
なんとかビーフラインを抜けました。
再び(ほぼ)平坦になり、フロントをアウターに戻して回していきます。むー、
踏めねえっす。
その後、先を行っていた丸山さんが休憩していたので、その横を抜けて、調子
ぶっこいて走っていたら、他のチームのサポーターが「こっちだよー。」とな。
案内看板見落としますた。(~_~;)
ちょと疲れが出てきたかな? その先では丸岡教官が真っ直ぐ行きそうに。
自分が「右だよー!」と指示を出します。(^^)
そんなこんなで走っていたら、R50が見えてきました。あー、もうすぐゴールっす。
上村教官はどーやら走り足りないらしく、他のメンバーを迎えに行きますた。
丸岡教官と2人でゴールを目指します。R50を跨ぎ、裏道をスルスル抜けると
公園に向かう最後の上り。のんびり上がろうとスピード緩めてダンシングしたら
両足の太ももがピクピク。(~_~;) ヤヴァいっす...。サドルに座りなおします。
後ろは当分来ないだろうからアイス食べ行こうってことで、公園入口を通り越し、
民芸の里に再び向かいます。いやぁ、抹茶アイスうまかったっす!
そして、坂上って公園に戻り、フィニッシュしますた。


距離155km 公式記録は8時間04分

フライトデッキによる走行記録は、6時間02分(平均時速25.69km/h)でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2006

センチュリーラン笠間 速報

好天の中、センチュリーラン笠間を走ってきました。

距離155km 公式記録は8時間04分でした。

フライトデッキによる走行記録は、6時間02分(平均時速25.69km/h)でした。


詳細レポートは別途...。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2006

クールダウンってことで割り切って...

朝練後、みなさんとのト-クタイムを楽しく過ごし、ランタイムに移行。
いつもより長いトークタイムでしたが、足は重たくなるばかり。(~_~;)

なので、今日はクールダウンと割り切って走り出します。

今日はひとりでフィッシングセンター側に行って、公園で折り返し。

チョーおそおそ。今日こそキロ6分って感じです。陽射しも強さを増して、
汗が噴き出してきます...。
公園まで10分、ちょうどキロ6分ですた。

水分補給&軽くストレッチをして、復路に入ります。

復路は少しペース上げてみようかなと思って走り出したが、走り出して
すぐに身体のあちこちから悲鳴が。(~_~;)
ムチャしちゃイカンなと思い、往路と同様なペースに戻します。ふうっ。
そして、駐車場に。
公園から駐車場まで9分。1分は走り出した直後の貯金ですね。(~_~;)


あー、疲れますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな頑張っちゃって大丈夫!?

オッティモ朝練に参加。

秋シーズン開幕直前、秋も頑張って行きますよー!

今日もWH-7701とInterMaxジャージでモチベーションを上げてイキます!!

今日も早起きして、朝練前に手賀沼サイクリングロードでウォーミングアップ
します。足が重いっすね、30分強,15km強のウォーミングアップでした。

出掛ける頃はかなり涼しかったけど、朝練が始まる頃には陽も出てきて暑く
なってきました。でも、少し湿度は低いかな?

朝練は第2集団でスタート。夏の8耐でクラス優勝した三竹さんと今井さん,
染谷さん,謎のアンカー乗りさん,塩田の5名と少数でスタートします。
今日は最初から40km前後のペース、ゆっくりローテーションで回していく。
これまでは40km前後がいっぱいいっぱいだったが、今日は大丈夫だな。
半歩でも前進できてるかしら? (~_~;)
布瀬の信号では一時停止、やっぱり停まると暑いですぅ。信号変わる直前
にダラ坂から田んぼ道に入るライダーが。スバルミヤタジャージを着た鈴木
真理選手のようであります。
こちらは信号変わって戦闘再開。塩田が先頭に立って、ちょーっと真理選手
追いかけちゃいます。(ほんとミーハーやな。>じぶん)
直角コーナー回ってすぐに追いついたが、真理選手は無反応。すでに流しに
入っていたものと思われマス...。
三竹さんは8耐&仕事の疲れでしょうか? 田んぼ道に入ったところで後ろ
に下がっていきました。残り4名は40km前後のペースをキープしてイキます。
心拍は当然180台に突入ですが、まだ大丈夫そうです。
田んぼ道が終わり、カンナ街道に入って行きます。人数少ないので、声かけ
しながらの集団の意思統一も容易です。
1周目のカンナ街道、前半~中盤は特に動きナシ、後半に入ると前には三竹
さんが。ショートカットしたのかしら? 我々の集団が抜いていくときにウガーッ
としがみつこうとチャレンジしたようですが、集団復帰はならなかったようです。
その後、柏印西線に入ります。いつもはペースが上がるところですが、今日は
橋のたもとに農業に従事する車が停車中。ペースは落ち着いて、塩田的には
大助かりでアリマス。(~_~;)
橋を渡って、ダラダラ坂に。今日は30km台前半で集団のままで上ります。
上りきったところでは少し息切れした感じですが、集団に留まれますた。
その先は少しローテーションのテンポが早くなったかな? 信号先の下り~
上りは塩田が先頭でギアをかけてプチアタック! でも、後ろから車が...。
残念ながら、足を緩めました。(いわゆるムダ足ってやつです...。)
手賀の丘公園入口先を折り返して2周目に入って行きます。
カンナ街道に入るところで、染谷さんがローテーションからはずれました。残り
3名でのローテーション。前半は頑張って走りましたが、見通しの良い直線で
ガマンできずにキレました。(-_-;) むぅ、残念...。
後半に入るところのダウンスロープを利用し、虎の穴スプリントポイントで一人
プチスプリントをかけてみた。16,15,14とギアかけていったら、14で一瞬右足
のふくらはぎに電流流れたとです...。Maxスピードも40km台前半だし...。
「こりゃもーアカンわ。」と明日のセンチュリーランのことを考え、流しに入ろうと
思ったところ、後ろから染谷さんが声をかけてくれた&前に出てくれた。
こりゃ、止めちゃイカンということかしら? 彼の気持ちに応えてつかせてもらう。
柏印西線に入ると1周目以上に混雑してます。前の2人に追いつきそう...。
と思ったら、今井さんが先行。残り3名でダラダラ坂に突入です...。 Wao!
布瀬の信号に引っ掛かってしまいますた...。
信号変わって戦闘再開、1周目よりは少し遅いペースで上ります。はぁはぁ...。
先頭交代のテンポは早め。でも、ちょと塩田はコバンザメ気味。but 集団には
しがみつきます。信号先の下り~上りを走りぬけると、前には第1集団からおりて
きた杉本さんが。合流して...信号引っ掛かりますた。(~_~;)
信号で今井さんとも合流、最後の勝負処に向かいます。坂を下って上って下って
たね屋の坂に向かうフラットコースに入ります。気持ち的にはギアかけてアタック
といきたいが足がありましぇーん。またも今井さんに先に行かれますた。
アンカー乗りさんと並んでたね屋の坂にアプローチしていきます。たね屋の坂を
上り切ってもポジション変わらず。沼南高校に向かう下り~フラットコースで塩田
が先行します。前には工事現場?からダンプ登場。前では竹内さんと今井さん
が行き場をなくしてペースダウン。ここぞとばかりに距離をつめます。
んが、沼南高校前で車が間に入ってしまい、万事休す。そのままダラダラと沼南
高校の坂を上ってゴールしますた...。

1時間14分14秒(Ave.34.41km/h)でした。


明日のセンチュリーランを前にこんなにGAMBAっちゃって良かったのかしら?(~_~;)
ノーミソ筋肉のなせる業ですね、トホホ...。
ま、レースぢゃないから、みんなと楽しく走ることにします。(^_-)-☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »