« May 2006 | Main | July 2006 »

June 29, 2006

6/30消印有効です! 急いでクダサイ!!

サイクルスポーツ7月号

チームウェアコンテスト

みなさまの清き一票をお待ちしておりマス!

投票は6/30消印有効です!!

まだの方、急いでクダサイ!!!


エントリーNo.は19 デス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2006

キロ6分ってこんな感じなのね

朝練の後、まず昨日自分の足で走った距離がどんなもんか
バイクで走ってみる。フライトデッキの読みで3.5kmでした。

その後、毎度の朝練後のト-クタイムを楽しく過ごしますた。

そして、シューズを履き替え。今日は一人のんびり走ります。
まずは足のストレッチをして、それからのんびりと昨日と同じ
コースをゆーっくりと走ります。今日は昨日より涼しいかな?
昨日より時間が少し遅いせいもあり、人がいぱーいいます。
but 速く走りわけではないので、問題なしであります。
一定のペースで走ることを心がけて走ります。
今日はふくらはぎの張りは感じません、ちゃんとストレッチを
したから?(昨日もしたよね。身体が慣れてきたのかな?)
ゆっくり走って戻ってきてだいたい25分くらいでした。
ストレッチしてた時間を除くと22分くらいかな?
3.5kmを22分キロ6分をちょと上回るくらいってことか...。

なるほど、キロ6分ってこんな感じなのね。φ(..)メモメモ
身体が覚えてくれるようになると良いっすね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年最速の更新 but 課題はハッキリ

オッティモ朝練に参加。

今日は少々どよーんとしているが、雨は降りそうもない。イキますよー!

今日も上はクロレージャージ着用。「チームウェアコンテスト」のために
小さなことからコツコツと。(~_~;)
今日も朝練後にクールダウンを兼ねて自分の足で走ろうとMPVで出撃。

今日は昨日の課題(スピードあがらんとです...)を少しでも解決しよう
とWH-7701 with 13-23を履かせることに。(道具に頼りマス。^^;)
そのため少し早めの出撃...。

集合場所に着くと、早くも数名の方が準備してる。岩上さん,今井さんが
「掲示板に書いてあったのはそのジャージ?」と声をかけてくれました。
宣伝効果アリでアリマス。(^_-)-☆
ホイールを交換していると、ぞくぞくとメンバーが集まってきますた。
ここでも「サイスポ見たよ」と声かけてもらいました。うれしゅうございます。
おまけで、朝練前ミーティングの際にアピールタイムまでいただきますた。
酒井さん,諏訪ッチ ありがとうございます!

今日も第2集団でスタート。ゆっくりめ?と思いつつ、竹内くん,遠藤くんが
いてはそーもイカンでしょうね。粘っていきたいと思います。ハンドル位置
もしっかり直したことだし、いらん力は入らないでしょう。(~_~;)
第2集団は8名? 若手のTakuもいっしょです。今日の第2集団はクルクル
ローテーションで走ります。ただ、最初先頭交代したあとの列のペースが
ちょと落ちすぎ、声をかけてアジャストしていきます。
集団のスピードは30km台後半、スピード自体は昨日より低いが、先頭が
すぐに回ってくるので、心拍的にはシンドいかな。
今日も風が少し吹いている&交通量やや多し。声出し&手信号励行デス。
布瀬の信号で一旦停止。信号変わって戦闘再開。パトカーがネズミ捕りの
準備に入るようです。(~_~;)
田んぼ道でも交通量がやや多し。ブラインドコーナもあるので気をつけて
走ります。田んぼ道は大きな動きナシ。カンナ街道へと入ります。
カンナは少し風があるなぁ。前半はそのまま、中盤で動きアリ。遠藤くんが
前に出て、スピード上げて引っ張る。でも、集団はすぐには動かない。徐々
にペースを上げて追った。遠藤くんはすぐに止めて集団復帰します。
カンナ後半を過ぎて、柏印西線に入ると、前にTIME小林さんが。第2集団
に合流します。(オヤ?という動きだったので、後で聞いてみたら、キレて
しまい、戻ってきたという話でした。)
ボーラしかもウルトラを履いた強敵が合流。うー、最後まで粘れるかな?
ダラダラ坂は35kmくらいでペースキープ。上りきると、竹内くん,Takuが
元気。でも、塩田もまだ大丈夫! 集団のままでイキます。
その後、信号先の下り~上り、ギアかけてダンシングで軽くアタックを!
でも、TIME小林さんにスッとかわされますた。(~_~;)
2周目に入ります...折り返して下ったところで、少しキレかける。(~_~;)
頑張って、カンナ入口で集団の後ろにつき、集団で2周目に突入します。
カンナ前半で前を走り染谷さん,荒井さんを抜く、染谷さんは合流。
若干ペースアップしたかな?集団のままでカンナ前半,中盤と走る。
カンナ後半に入るアップスロープを過ぎて塩田が先頭。その先のダウン
スロープを利用してトラの穴スプリントポイントまでギアかけてみようと
思い、ギアをかけて踏み込んでみた...but 42,3kmまでしか上がらず。
なさけないので、すぐ止めました。(~_~;)
集団のままで柏印西線に入ります。お巡りさん、ネズミ捕り準備完了っす!
我々は30km台中盤でお巡りさんの前を通過します。(~_~;)
ダラダラ坂は集団のまま、Takuが強いよ。ちょと前に行こうと思ってレーン
チェンジしようとしたら、染谷さんと少しラインがかぶっちった。失礼!
その先もペースキープして、信号先の下り~上りに。上りはダンシングで
いくも、タイミング悪く後ろからドンドン前に! ポジション下げます。
ブァット、信号にひっかかって一時停止。まだかなりの人数残ってマス。
信号変わって、戦闘再開。最初の下り~上り、下ハン持ってダンシング!
でも、おそおそです。(~_~;) その先で竹内くんが先行して下っていきます!
塩田は直後につけます、TIME小林さんもきます。
左折して、フラットロードへ。左折時、右からの車あり。少々減速量多し。
今日はWH-7701を履いてきてるので、集団を活性化する&自分の足が
どんなもんか確認ってことで、ギアかけてガツンと踏んでいきます!
40はスッと超えますが、48以上は上がらんとです... ふうっ...。
予定通り、集団は活性化。Taku,染谷さん,TIME小林さん,菅野さんが
食いついてきます。そして、たね屋の坂に入っていきます。
まず、Takuが先行、染谷さんが続く。塩田も染谷さんに続くがたね屋の
坂の最後でTIME小林さん,菅野さんに捕まる。でも、Takuを除く4名は
一団で沼南高校の坂に向かいます。
沼南高校の坂へのアプローチは染谷さん,菅野さん,TIME小林さん,
塩田の順だったかな? みんなダンシングでもがく。
ウガーッ! って感じで塩田は一番後ろから前3名は捕まえましたが、
Takuはハナ差捕らえられずにゴールでした...。


1時間11分21秒(Ave.35.73km/h)でした。

おー! 今年の最速更新デス。

考察:アヴェは速く走れてる。持久系は落ちてはいないってことだすね。
   でも、一瞬のキレ味?は落ちてるワン。瞬発系が落ちたんだな。
   WH-7701をもってしてもMax 48kmってのはないよなー激しく反省。

課題良く分かりますた、秋シーズンに向けて徐々にね。GAMBAりマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2006

おニューのシューズ シェイクダウン!

朝練の後、先週買ったシューズをおろします。

一人で走るとついついペースを上げてしまいそうだったので、
ちょうど松尾さんが走り出す準備をしていたので、ごいっしょ
させてもらうことに。

レーサーシューズから履き替えたせいか、すげぇ軽く感じた。
軽くストレッチした後、ゆーったりとしたペースで手賀沼沿い
を走ります。ランニング,ウォーキングしてる方々がけーっこう
多いです。吹いている風が心地良く感じます。
シューズ、ペースがゆっくりのせいもあるでしょうが、走ってる
ときも軽く感じます。やる気になっちゃいマス。(単純!)
インソール、足裏全体で踏んでいるように感じられます。そら
そーだよね、熱成型して足型に合わせてんだから...。
親水公園とフィッシングセンターとの中間くらいの休憩所で
折り返し。軽く水分取って戻ります。
往路よりは気持ちペース速め? バイクライディングとは違う
筋肉を使っているようで、左のふくらはぎが軽く張ってきた。
理子さんが言ってた「ポンプ機能」が落ちてきたってことか?
なさけなや、ちゃんとケアしないとだな。(~_~;)
時間見てなかったけど、往復30分弱、距離は5kmくらい?
を走って駐車場に戻ってきました。

しばらくはこんな感じで走ってみて、徐々にペース上げて
いきますかね。違った結果が出ることを期待して。


松尾さん、ありがとうございました! またお願いします!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スピードあがらんとです...

オッティモ朝練に参加。

天気予報は曇りでしたが、朝起きたら太陽さんが顔出してました。
当然イキます!

今日は上下クロレージャージ。サイスポの「チームウェアコンテスト」への
無言の宣伝効果を狙いマス。(掲示板にカキコしてるだろって?)
朝練後に先週買ったシューズをおろそうと考えて、MPVで出撃します。

今日も練習用チューブラー with 13-25。先週意外と走れたので、今日は
第2集団でスタートしてみます。
えと、誰がいっしょだったっけ? 酒井さん,佐竹くん,竹内くん...他は
... 私はどこ?ここは誰?? (~_~;)  塩田含めて8名でしたかね。
手賀大橋を渡っているときには「風ないかな?」と思ったが、朝練コースに
入ったら、それなりに吹いてました。ま、集団で走っていれば大丈夫だな。
スタートきって、ペース上げていきますが、40kmくらいまでにしか引っ張れ
ません、すぐに右手ひらひら。佐竹くんは今日も強力。Over40kmにスッと
上げていきます。後ろにつく分にはこのスピードでも走れなくないんだけど、
先頭でこのスピードでは走れないなぁ。パワー落ちてんのかしら?
クルクルとまではいかないが、早めのローテかな。ポンプ場の先、今日は
少し交通量多し。声かけつつ、手信号出しつつ走っていきます。
先頭引くときには下ハン持ったりしてみるが、あんま変わんないっす。
布瀬の信号で一旦停止、停まると暑いですぅ。信号変わって戦闘再開。
田んぼ道に入って、前半はまだ良かったが、後半はかなりシンドくなった。
なんとか田んぼ道をクリア、カンナ街道に入ります...。
なんかポジションが変わったような気がした。どこがどうしたの???
わかりました、ハンドルが少し下向いてるんデス。力入れてブラケットを
握ってた? おっこっちゃってますた。下ハンを握ってグイグイ前に押して
みたが動かず。仕方なくそのままでイキます。
カンナ街道中盤に入ったところで、お約束?ペースアップ。ヤヴァいっす。
キレそうです。ダンシングで追いかけて、集団にコバンザメした...して
ないっす。キレますた、トホホ...。約30分のランデブーでした。(涙)
しばしペースを落として息を整えていると、後ろから第3集団が来ている
よう。カンナ街道の後半で合流させてもらいます。大杉さんが強力牽引!
左折して、柏印西線に入ったところで前に竹内くんが、彼も集団に合流。
ダラダラ坂にはそのまま入っていきます。田中さんがプッシュして先頭に
立ちます。塩田は直後で上ります。上りきってしばらくいくと、竹内くんが
ペースアップ。森脇さんが反応します。塩田は後ろで集団の動きに身を
委ねます。(~_~;) 信号先の下り~上りは少々縦長に。40km超で入って、
30km台中盤で上りきる。竹内くんは1周であがるようで去って行きますた。
残りのメンバー(8名?)で2周目に入ります。
2周目のカンナはゆったりめのローテーションで集団のまま走っていく。
カンナでは特に動きナシ、誰も切れず。
柏印西線に入ったら、後ろにトラックがいたが対向車多し、なかなか抜く
ことができなかった。布瀬の信号に向けて走っていると、草むらにネズミ
捕りの計測部隊が。そーゆーところで待ちますか...。(~_~;)
布瀬の信号で右折車がいて、集団は分断。塩田は取り残され組。
左を見ると、ネズミ捕りにかかってしまった車数台。(-_-;)
信号変わって戦闘再開。ダラダラ坂は中盤から前に出ます。上りきって、
その先の軽い下り~上りで30km台後半で走っていたが、後ろから松尾
さんが「何ヤッてんだYo!」といわんばかりに抜いてった。(~_~;) 宇佐美
さんも続きます。ここいらも少々交通量多し。天気良いから動き活発?
信号先の下り~上りは45kmくらいで入りました。ガッツリとダンシング!
その先の信号はのろのろ動いていたら赤→青になっちゃいました。
またまた取り残された塩田なのでした...。
信号変わって、手賀の丘公園に向けて下り→上り→下り。ペース上げて
イキます。左折してフラットロードへ、後ろに誰かついたみたい。誰かな?
と思ったら、一丸さんでした。前に出てくれたので、しばし一丸機関車に
牽引してもらいます。(~_~;)
その後、ヘロヘロの諏訪ッチを抜いて、たね屋の坂へと向かいます。
たね屋の坂へのアプローチは一丸さんが前。つか、後ろについてるのが
やっとですぅ。上りきり、一旦下って、最後の沼南高校の坂へと。
一度塩田が前に出て、一丸さんが再度先行。沼南高校の坂を前に再度
塩田が前に。ダンシングで坂に入っていきます。前に第2集団でスタート
したLOOKな方がいたので、捕まえてゴールしますた...。


1時間17分03秒(Ave.32.86km/h)でした。

40kmキープできる足がないですねぇ、これぢゃ上の集団ではダメっすね。
秋シーズンに向けて、徐々に戻していけるようトライしていきます!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2006

清き一票を!

6/20発売のサイクルスポーツ7月号

チームウェアコンテスト

クロロホルムレーシング
のチームジャージがエントリーされました!

みなさまの清き一票をお待ちしておりマス!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2006

金城さん、これまでありがとう!

スピニング@Y's Bike Academy に参加

日曜日は完全休養。少し足の疲れは抜けたかな?

今日も慣れているBGM、ウォーミングアップ1曲目、今日は最初から回していく。
2曲目もガッツリとイキます。
最初のクライミング、テンションかけてのシッティングからテンションを少しアップし
ダンシング→テンションちょい下げでシッティング→テンションUPしてダンシング。
続くフラットロード、意識して抑え目にイキました。
続くクライミング(40sec×2)1本目、テンションかけてイキます。2本目、1本目より
テンションかけて踏んでいきます。最後はKOMゲトのためにスパートしました。
フラットロードに入って、ガッツリ踏んでイキます。アタックかけて逃げ集団形成!
続くクライミングではテンション重めで回していく、中盤は最大勾配20%(つもり)。
後半はテンション緩めて集団に戻ります。
続いて3分間のダウンヒルに入っていく、回しながらも気持ち余裕を持たせます。
続くクライミングは軽くテンションかけて回して上る。ラストはペースアップして、
再度KOMゲトに動きます。続くフラットロードはおとなしく×2。
クライミングに入り、テンション軽めでゆったり入り、テンションかけてダンシング
→テンション少し落としてシッティング→テンションUPしてダンシング。
そして、ゴールスプリント1min×3。
1本目は90%でイーブンペース、2本目も0%でイーブンペース、ラストの3本目は
90%→95%→フルパワーでゴールしました。
うー、さすがに最後は足にきますた。使い切った感じでアリマス...。


インストラクターの金城さんは今日でおしまいデス。
通い出して約3年、これまでお世話になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2006

全てお見通し?

柏のBloqueというお店でシューズ(アシックスGT-2110 NEW YORK
を買いました。

なんでここかって? 

シューズ買うだけじゃなくて、インソールも併せてつくりたかったから。
シダスはコンフォマーブルだけじゃなくポディアテックを扱ってたので。
(ネットでコンフォマーブルからたどって見つけたのです。)

対応してくれたお姉さんに足を見せたら、触ることなくいきなり

「ふくらはぎ硬いですよね、ストレッチしないとヤヴァいですYo!」

全てお見通しでございます、参りました。

紐を締める効能,五本指ソックスの効能も聞かせていただき、
かーなり目からウロコでした。

インソールは、チームスポーツプラスを熱成型してもらいました。
足裏全体にぴったりフィットするってのはやっぱ良いです。

帰ってきて、お店のホームページを見返してみたら、
ぢつはスゴい方でした。
(対応してくれたのは理子さんデス)


少しずつトライして、11月のつくばマラソン(もち10kmよ)では
40分台前半にチャレンジだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨の合間の少ないチャンス?

オッティモ朝練に参加。

春シーズンは先週でおしまい。ますは秋シーズンに向けて一旦身体を緩めて、
見えない疲れを取り除いていこうかなと思ってます。
でも、梅雨時なので、走れるチャンスは逃がしちゃいけませんね!

ちょっと涼しいかなと思って、クロレージャージの下にインナー着て、CoolMaxの
アームウォーマをしてみる。

今日は自走でイキます。練習用チューブラーに空気入れて、走り出したら空気
がジメ~ッとしてる。朝練ではアームウォーマはずしますかね。
集合場所にはちょうど良い時間に到着。梅雨の合間の少ないチャンス、みんな
思うところはいっしょでしょうか?(笑)

今日は第3集団でスタート。ごいっしょするのは、菅野さん,春日さん,田中さん,
一丸さん,大杉さんであります。みんなの足はそろってるので、最後まで集団で
いけるかしら?(遅れずにガマンできるかしらん??)
スタートして、30km台中盤~後半でゆったりローテーションで走っていきます。
ポンプ場手前の直角コーナーを前に前にスタートしていったしばしばが率いる
集団をごっそり抜いていきます。風は向かい風だが、まぁガマンできるかなって
感じの風です。ペースキープして走っていくと、前に森脇さん。足が動いてない
ようです。先週のつがいけサイクルの疲れがまだ残ってるのかな?
そして、布瀬の信号は減速したら青に変わったので、そのまま通過であります。
田んぼ道に入り、少々ペースが上がる。一丸さん,大杉さんの牽引力は強力!
集団のままで田んぼ道が終わり、カンナ街道に入る。塩田が先頭だったので、
少しペース上げようかな?と思ったが、まだみんな足が残ってるので、ペース
上げて自分だけキレるとシャレにならないので、止めました。(~_~;)
今日のカンナは風吹いてるものの、集団で走っていればペース維持は楽勝。
田んぼ道からのペースをキープしながら進んで行きます。
そして、柏印西線に入っていきます。橋の手前で第1集団でスタートしていった
メンバーが停まってました。酒井さんも合流していた。誰か落車したのかな?
車は停まってなかったので、車との事故ではなさそうだし、寝かされてる人も
いなさそうだから、大事なかったかな?
我々はその場は減速したものの、そのまま走り続けます。布瀬の信号は通過
して、ダラダラ坂に入ります。今日は上りきるまでずーっとOver30kmでイケた!
集団の力はやはりスゴい!!
そのまま集団走行、信号先の下り~上り。15までギアを上げて、ペースキープ
でダンシング。2周目に入っていきます...。
カンナでは1周目同様なペースでイキます。カンナ後半でダウンスロープを利用
して虎の穴スプリントポイントに向けて、塩田が少しペースアップ。45kmまで↑
でも、他のメンバー的にはまだまだ楽勝? スプリントポイントを通過して、右手
をヒラヒラしたらすぐみんなに抜かれますた。(~_~;)
ピストに乗る遠藤くんを抜いて、柏印西線に入ります。橋の手前には救急車が
停まっていた。お世話になるようなケガをした人がいたんだ...。
第1集団も再スタートしていたようで、前に数名見えた。ダラダラ坂で追いついて
しまいそうだったので、「前と距離開けます。」と上りきったところで少しペースを
落とした。→プラズマンは我々の集団に合流しました。
集団で走っていると、白バイ数台とすれ違う。やっぱ、マークされてんのかな?
信号先の下り~上りは少々横に広がってしまう、前後から車来なくて良かった。
手賀の丘公園入口の信号にひっかかって一時停止。汗がブワーッと噴き出す。
今日は風が味方やったわ。(~_~;)
信号変わって戦闘再開。下って上って下って、フラットロードに入っていきます。
まずは菅野さんが引く。他のメンバーも即反応。40km前後まで上がっていく。
右折して最終局面、たね屋の坂ヘ。プラズマンが引いて、大杉さんが直後に。
塩田はその後ろ。うん、ぐっどポジション。上りきって左折、沼南高校へ向かう。
ポジションはそのまま。そして、最後の沼南高校の坂へ。スプリント勝負っす!
大杉さんが先行、後ろから塩田がイキます。あっさりかわせるかなと思ったが、
大杉さんも強い。でも、最後は負けられません! 抜け出して頭取りました!!

1時間12分52秒(Ave.34.79km/h)でした。

今年の最速でした。(^_-)-☆ 短いところは今の体調でも大丈夫みたいですね。
今年も秋シーズンは長いところに行こうと思っているので、ボチボチいきますわ。


P.S.
柏印西線でのアクシデント、ハスって落車したところに突っ込んで落車。
手首が腫れていたのでイッちゃったかも...ということでした。
早い回復&復帰を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2006

ピリピリきてる足に刺激を

スピニング@Y's Bike Academy に参加

Mt.富士ヒルクライムのダメージが激しく残る両足、ハムちゃんピリピリきてます。
軽めの刺激を与えて、リカバーしようかなと。

今日も慣れているBGM、ウォーミングアップ1曲目、意識してゆっくり入ります。
2曲目も意識してゆっくりとイキます。
最初のクライミング、テンション軽めでシッティングからテンションを少しアップし
ダンシング→テンションキープでシッティング→テンションアップしてダンシング。
いつもと比べるとかなり軽めのテンションでいってみました、足おもおもっす。
続くフラットロード、意識して抑え目にイキました。フライホイールに回される感じ。
続くクライミング(40sec×2)1本目、やや軽めのテンションでいきます。2本目、
1本目と同じくらいのテンションで踏んでいきます。
フラットロードに入って、ここも意識して軽めに。フライホイールに回されるくらい。
続くクライミングではテンション軽めで回していく、中盤は最大勾配10%(つもり)。
後半はテンション緩めてイキました。
続いて3分間のダウンヒルに入っていく、おとなしく回します。足が少し動いてきた。
続くクライミングは軽くテンションかけて回して上る。ラストのペースアップには後ろ
でおとなしくしてます。続くフラットロードはおとなしく×2。
クライミングに入り、テンション軽めでゆったり入り、テンション軽くかけてダンシング
→テンション少し落としてシッティング→テンションUPしてダンシング。
そして、ゴールスプリント1min×3。
1本目は90%でイーブンペース、2本目はやや落として80%でイーブンペース、ラスト
3本目は90%でイーブンペースでおとなしくゴールしました。

少し足が軽くなったかな。うまくリカバリーできたのではないかしらん...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2006

雨 寒い Mt.富士ヒルクライム

ロード男子35~39歳の部にエントリー。前回まで30歳台とざっくりとした
区分けだったのが、今回から最激戦区ってことで細分化。

前日は少し早めに現地入り。受付を済ませ、昨年同様に道の駅かつやま
に移動。そこから北麓公園往復で軽く流す。
少し空気が冷たく感じる。1時間半弱、30km程度を走り終わって、太ももに
ピリピリ感が残った。ちょと不安が残る...。
その後、「ホテルルートイン河口湖」にチェックイン。
夕方に他のメンバーと合流し、「すたみな太郎」で夕食を。たらふく食べて、
宿に戻る。お風呂入って、ビール飲んで...ちょと飲みすぎた。(~_~;)
眠気に耐え切れず、夜は更けていきました...。


朝から雨、スタート時には止むのを期待したが、降り続いていた。
7:25にスタート、富士北麓公園からスバルラインへと向かう。
そして、計測開始地点を通過、5合目のゴールを目指してペダル
を踏む足に力をこめた。

寒さのせいか、今いち足が動かない感じ。ペースが上がらない。
イケる範囲で前にスタートしていた選手達を捕まえてイク。
最初の5kmくらいまでは小酒井くんとランデブーしていたが、5km
過ぎから先行していく...。

山岳賞計測ポイントを前に小酒井くんが追いついてきた。むむむ、
マズいぞぅ。ここで離されるわけにはいきません!
19km~20kmの山岳賞計測ポイントでは力を入れていってみた。
が、直後のおなかぐぅ~。ガス欠寸前。CCDドリンクでごまかす。
先行していく小酒井くんの背中を見送るしかなかった...。
残り2kmくらいの平坦部はフロントアウターにチェンジ。ギアを18
まで上げていくが、33kmくらいまでしか上がらない。
そして、ラスト500mの上りに。気持ちが萎えそうになるが、前の
選手を一人でも多く捕まえようと最後の粘り。
フラフラな感じでフィニッシュラインを通過しました...。

スプリットタイムは以下の通り。(by GTMails)
5km: 18:51
10km: 36:08
15km:  53:47
20km: 1:12:22
Goal : 1:24:15

5合目は寒くて、預けていた上着を羽織って、即下山。
寒くて、ブレーキレバー握るのもツラかった...。


記録 Time: 1:24'15" クラス:93/670,総合:458/3404
山岳ポイント賞 Time:3'28" 順位:266/3404

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 11, 2006

Mt.富士ヒルクライム 速報

男子35~39歳

1時間24分15秒 で93位?

雨の中でのレース、寒かったっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2006

ちょと反動が怖いかな...

スピニング@Y's Bike Academy に参加

ひたちなかステージのダメージ大。でも、週末はMt.富士ヒルクライムが控えて
いるから、リカバーしつつ負荷をかけていかないとイカンですワン。

今日も慣れているBGM、ウォーミングアップ1曲目、意識してゆっくり入れません。
ついつい踏んでしまい、ひっこみつかなくなったとです。2曲目も回していきます。
最初のクライミング、テンション軽めでシッティングからテンションを少しアップし
ダンシング→テンションキープでシッティング→テンションアップしてダンシング。
いつもと比べると少々軽めのテンションでいってみました。
続くフラットロード、意識して抑え目にイキました。フライホイールに回される感じ。
続くクライミング(40sec×2)1本目、やや軽めのテンションでいきます。2本目、
1本目よりテンション上げて、まわりと合わせて踏んでいきます。
フラットロードに入って、ここも意識して軽めに。フライホイールを回すと回されるの
ちょうど中間くらいで...。
続くクライミングではテンション軽めで回していく、中盤は最大勾配10%(つもり)。
後半はテンション緩めてまわりと合わせて回していきました。
続いて3分間のダウンヒルに入っていく。おとなしく回します。
続くクライミングは軽くテンションかけて回して上る。ラストはペースアップして集団前
で上ります。続くフラットロードはおとなしく×2。
クライミングに入り、テンション軽めでゆったり入り、テンション軽くかけてダンシング
→テンションキープでシッティング→テンションUPしてダンシング。
そして、ゴールスプリント1min×3。
1本目は90%でイーブンペース、2本目はやや落として80%でイーブンペース、ラスト
3本目は踏んでイキます。90%→95%→ラスト10秒ゴールスプリント!


うまくリカバーできたかしらん? 明日に反動がこないことを祈りマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2006

ツール・ド・ジャパン2006 ひたちなかステージ

Cクラス 30km(5km×6周)

1周目:大集団の真ん中やや後ろで周回
2周目:真ん中より前に移動、センターライン外側から内側にゆっくりと
移動しようとしたら、後ろから「そこには入れねーぞ」とばかり前に出て
くるライダーがいて、左腕に軽くタッチ。後ろで「危ない!」という声が。
(ご心配をおかけしました。)無理してもしょーがないので、走行ライン
を少し外側に戻す。
3周目~5周目:前にチームメイト小酒井くんを見ながらおとなしく走行。
6周目:バックストレートに入ったところで集団がペースアップしていく
集団が蛇行し、ラインがアウトに出たところでゴールスプリントに備えて
アウト側ラインをキープしていく。そして、さらにペースが上がっていく。
そして、最終コーナーに入ったところで斜め前(イン側)で落車発生!
フルブレーキングで後輪ロックするもなんとかたてなおしてダンシングで
再加速しながら最終コーナーをまわり、ゴールスプリントに挑む。
...が、フィニッシュラインまで長い。少しずつ加速していき、一人ずつ
捕まえていくが、まだフィニッシュラインは遠い。気持ちが折れてしまい
そうになるが、目の前にFORZAの土屋くん,山口兄がいて、自分との
距離は確実に詰まっていた。「絶対捕まえてやる!」とペダルを踏み、
土屋くんは捕まえたものの、山口兄はほんのちょっと捕まえきれずに
フィニッシュラインを通過した。

43分35秒804 12/57 でした。


2時間個人エンデューロ

2時間個人,4時間個人,4時間チームの混走。

ブリヂストンアンカーが牽引する大集団の後方を走行する。
アンカーの若手の数名は集団の中に埋もれていたが、飯島誠が
都度集団の前へと強制連行していきますた...。
途中、2度の中切れに遭うが、これには即反応、事なきを得る。
しかし、1時間過ぎたあたりで中切れ発生、気づいて即反応するが
アンカーがマヂでペースを上げたようで、少人数対応できず。
目の前にいたアンカーの飯島誠は一般選手のことは眼中なしか?
若手の能見クンを連れてバヒューンと飛んでってしまいました。
「マズッ!」と追いかけるが、置いてかれた山口兄は凹んで無反応。
唯一反応してくれたのはファッサなおにーさん。しかし、足が合わず
追いつけず。シンザカヤさんな方とタカダフレンドな方に吸収されて、
その後、形成された小集団(→中集団)で最後までイキました。
クロロ2名(山口兄,塩田),シンザカヤさん2名,タカダフレンドの方
で始まり、塩田が先頭に立って集団を引いたら、連結キレてしまった
ようで、タカダフレンドの方が「少し緩めよう。」と教えてくれた。
シンザカヤさんが「まだ1時間あるもんね。」って返すと、
「僕4時間なんで、あと3時間もある。」とタカダフレンドの方。
イヤ、大変だわ...。(~_~;)
3人でしばし回していく。バックストレートでタカダフレンドの方が
「滑走路走ってるみたいだYo!」とな。
鳥人間コンテストに出てみますか。テイクオフできるよねぇ...。
しばらくすると、山口兄他一度連結がはずれたメンバーが先頭交代
に復帰、その後徐々に集団は増殖していきました。そ、そして...
なんと田代選手が残り30分くらいでなぜか我々の集団に合流して、
何度か先頭交代の輪に加わってくれました!
ラスト1周、シンザカヤさんの2名と山口兄はゴールスプリントを
かけたようですが、塩田は最終コーナーで離脱。

ストレートを半分流しながら走っていると、後ろからバイクが。
「集団ゴールするんで、どいてて。」
へ? 集団ゴール?? ラップされんの???
インベタで走ってると、大集団がゴールスプリント勝負でガーッ...
(でも、これは審判バイクがウソついて余計に走らされたって。)

85km(17周)を走行、TOPと同一周回でゴールしました。
2時間07分52秒873 46/123 でした。(同一周回:47名)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2006

ひたちなか速報

Cクラス 30km(5km×6周) 43分35秒804 12位

 最終コーナーに入ったところで斜め前で落車発生!

 フルブレーキングで後輪ロックするもなんとかたてなおしてゴールスプリント
に挑むが前は遠かった...。


2時間個人エンデューロ 85km(17周)を走行、TOPと同一周回でゴール。
順位は不明でアリマス...。

 1時間過ぎたあたりで中切れ発生、追いかけたがダメでした...。
その後、形成された小集団(→中集団)で最後までイキました。
目の前にいたアンカーの飯島選手は一般選手のことは眼中なしか?
バヒューンと飛んでってしまいました...。
 一方、田代選手は残り30分くらいでなぜか我々の集団に合流し、
何度か先頭交代の輪に加わってくれました!
この差はなんでしょね? >チームブリヂストンアンカーさま

| | Comments (497) | TrackBack (0)

June 03, 2006

ボロボロの前日追い

オッティモ朝練に参加。

先週の朝練は雨で×。スピニングは仕事で×。身体を動かさなかったので
疲れが抜けるかというと逆。適度に動かしてたほうが疲れは抜けるみたい。
今日も身体は重たいが、明日がレース。行かないわけにはいきません。

朝起きて、シャワー浴びた後に久しぶりに体重計に乗ったら、なんと61キロ。
ガ~ン、痩せちゃってますぅ。オッティモの諏訪ッチが「やせましたか?」って
言ってのに「そんなことない」と思ってたけど、正しかったんだ...。(-_-;)

今日はビミョーな気候、寒い思いするよりは汗かいたほうが良いかなと思い、
InterMaxジャージ(長袖)を着て、下もInterMaxジャージにスパッツ履きます。
完全にInterMaxな人であります。(~_~;)

バタバタやってたら出発が遅れ、集合時間にはビミョーに遅刻。スタートには
間に合ったので、まいっか!?

今日のスタートは第3集団。ゆっくりと入っていきます、スピードもローテもね。
前半は向かい風。きっとカンナは追い風だろうから、「カンナまでゆっくりと」
と岡田教官と話した。30km前半で走ります。つーか、これ以上に上げるのが
シンドいのよ。(~_~;)
前の集団はバラバラしてたみたいで、パラパラおりてくるのを拾いながら走行
します。森脇さんが先頭に立つとグイグイとひいてくれます。その後プラズマン
を吸収します。布瀬の信号を前に右の大きなカーブを回ると、少し風が止んだ。
集団スピードはあっという間にOver 40kmへ。そして信号、一旦停止です...。
信号変わって戦闘再開。カンナに入れば追い風だろうと、そこまで足を温存する
つもりで足を貯めるように集団を40km弱で引いてみます。その後、先頭交代を
したら、ペースが上がっていってしまいました。田んぼ道の対向になぜか白バイ。
チェックを入れているのでしょうか?
チロと心拍計に目がいった、心拍なんと190! でも、そんな心拍系はシンドいと
いう感じはない。むしろ足がヤヴァい感じ。(~_~;)
その先では、右側に車が停まり、人もパラパラ。なんでしょ? 草刈りかしら??
たんぼ道が終わり、いよいよカンナへ。左折して、狭いところから視界が開けたら
なんと向かい風。「なんでや~」と思いながら走るが、ペースはあまり上がらず。
30km台前半でヒィコラ(これって私だけ? by だいたひかる)
今日はスプロケのローギアがスポークと干渉してうまく使えない状態だったので、
たまらず、フロントをインナーにチェンジして集団にしがみつく。
カンナはなんとか乗り切ったが、柏印西線に入ると、森脇さんのつくるペースには
ついていけず。右手ヒラヒラして「もーダメ、先行って」と意思表示をする。
森脇さんは前を走る数名の小集団を吸収していく。そのおかげもあって、集団が
大きくなって一番後ろにくっつけたかに見えた...が、ダラ坂でギブアップ。(-_-;)
心身ともにダメージ大きく、明日に向けての流しに入ります。(をい!)
後ろからプリンス小川さんが抜いていくがついていく気力なし。身体が前に出て
いきましぇ~ん...。
少し距離が縮まったかなと思ったが、手賀の丘公園入口の信号でひっかかって、
再度距離が開いてしまった。、むぅ... 2周目に入ります。
2周目のカンナは足が動かず、20km台前半とサイクリングペースでしか走れず。
カンナ中盤で小川さんにおいつき、2人でサイクリングモード。(~_~;)
カンナ後半で酒井さん,大杉さんを見送ります。柏印西線に入ると、後ろから来た
集団に抜かれるが、無反応。(~_~;)
さすがに最後までサイクリングモードってのも身体タレタレになりそうなので、手賀
の丘公園入口の信号を曲がってからは少しペースアップ。下り終わって、たね屋
の坂に向かうフラットロードはフロントをアウターに戻し、30km台でちょっとだけね。
たね屋の坂はダンシングするがペースは上がらず。「イカンイカン!」と沼南高校へ
向かうフラットロードは30km台後半で。最後の沼南高校の坂はアウターのままで
タレタレダンシングでゴールしますた...。
集合場所まで酒井さんと明日の予想?を話しながら戻りました。

1時間25分55秒(Ave.29.42km/h)でした。


ボロボロになりますた、やってしまいますた...。

→夕方、松戸の佐藤先生んとこ行って、リカバーを試みる。かなりラクになりますた。
 先生、ありがとうございました。
  TIME小林さんも初挑戦? そーとー狙ってますね!(笑)

明日は最後までコバンザメすることにします。でも、クラッシュはイヤよん。(~_~;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »