« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

のんびりとリカバリーライド

のんびりリカバリーライド@つくばりんりんロード

昨日の湿気たっぷりの中での朝練はフィジカル的にかなり堪えた。
でも、昼寝(~_~;)の効果もあって、ハムストリングス以外はダメージ
残ってない。
今日も同じような天気だろうから、しっかりとリカバリーすることに。

りんりんロードの虫掛休憩所の駐車場に車を停めて、準備をする。
今日はマヂで走らないようにカッコもサイクリングモード(~_~;)
上はインテルジロのジャージを着用するが、下は七分丈サイクル
パンツ。景色見ながらリフレッシュできれば...。
練習用チューブラに昨日交換した13-25のスプロケで走る。
9:00頃にスタート。まずは土浦方面に逆走。2kmほど離れたセブイレ
直行、ボトルに入れる飲み物調達デス。(~_~;)
調達後、筑波山方面に向かう。今日はつくし湖で折り返してみよう
と思いながら走る。
りんりんロードの虫掛休憩所の辺りはレンコン畑、ハスの花が咲いて
いたりする。ギアは39×19で25km前後でのんびり走る。日曜の朝、
けっこう自転車で走っている人たちがいますね。湿度はかなり高めで、
遠くの山は中腹あたりまでしか見えません。藤沢休憩所を超えると、
あたりは一面田んぼ。緑がとても鮮やか、このあたりはコシヒカリか?
のんびり走っていると頭に「ボコッ」と何かが当たった、虫みたい!?
当たってしばらくしてもモゾモゾ...ヘルメットの穴から出れないよう。
一時停車。ヘルメットを脱いだら、ボロッと足元に落ちた。カナブン?
小田城跡を越えてすぐの竹林、路面の舗装が新しい。しばらく来ない
間に...。しばらくは凸凹のない走りやすい環境ですね。
筑波休憩所の手前では大規模で草刈りしてました、暑くて大変そう。
筑波休憩所を越えて、りんりんロードから県道41号に入る。つくし湖
への400m弱の上り、39×21でちょと踏んでみました。(~_~;)
上り切ったら息絶え絶えデス。(~_~;) 息を整えつつ、つくし湖を周回。
県道41号に戻り、ギアは39×19、ダンシングで上っていたら、歩道
を走っていた小学生?「速ぇ~っ」と感心してました。
(実際はぜーんぜんなんですけどね、彼的な相対的なもんですワン。)
上りきると、当然下り、足は動かさなくても45kmくらい出ちゃいます。
下り切って平坦になり、乗せたスピードを活かして、フロントアウターで
ちょとだけ踏んでみました。(でも、1kmももちましぇん...。^^;)
フロントをインナーに戻し、りんりんロードに戻って、再びのんびりライド。
筑波山は中腹の大鳥居あたりまでは見えてますた。
筑波休憩所を越えて、ギアを39×17にして行きよりややペースアップ。
(ほんのちょっと下ってるだけデス)。
小田城跡の堀?にガマの穂見つけました、こんなとこにあるんですね。
小田城跡を越えると、路面に影が、太陽が顔を出してきたようです。
相対的に湿度が下がったかな、山の上のアンテナ?がボンヤリですが
見えるようになってました。
藤沢休憩所を越え、虫掛休憩所も近づいてきたところで、ボトルが空に
なり、お腹も空いたので、虫掛休憩所で止めずに再びセブイレに。(~_~;)
虫掛休憩所の直前でふとレンコン畑を見ると、鴨? しかも3羽もいる。
レンコン畑も鴨による有機農法なのかしら??
そして、虫掛休憩所を通り過ぎて、セブイレに到着。いや、ソフトクリーム
おいしかったです。やっぱ動いた後は甘いもんですね!
その後、虫掛休憩所に戻ってきて本日のリカバリーライド終了しました。

走行時間:2時間14分くらい 走行距離:52km でした。


その後、筑波勤務時代からの友人、Wボーンくんから8耐用秘密兵器
を受け取りますた。チーム間連携に強力な武器となってくれるでしょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2005

アシストの気持ちがわかる!?

オッティモ朝練に参加。

メンタル面は少々重たいが、フィジカル面は少し重さがとれてきた?
大一番、来週の筑波夏の8耐に向けて疲れを残さず、メンタル面を
上げていければと思う。

今日はクロレージャージで出撃!(覚えといてね。>オッティモメンバー)
練習用チューブラにスプロケ13-23を装着して自走で集合場所に向かう。
16号をくぐったあたりからアウターに入れて少し心拍を上げる...。

今日も第1集団でスタートする。スタート時点ですでにジトーッと汗かいてて、
レーパンちょとスケてチョ~SEXY (^_-)-☆ ア~ン (失礼しますた
今日の第1集団は12名だったかな、ちょと人数多め。いつもの通りクルクル
ローテーションで走りだす。少し風があるが、人数多めで風を切っていく感じ。
最初から40km台前半で回していく。今日はこのペースであればついていける。
クルクル回りながら、布瀬の信号に向けて少しずつペースがあがり、今日も
一人,また一人と切り捨てていきます。塩田は今日はここではまだ大丈夫!
たんぼ道に入り、先にスタートしていったゆっくり班を抜いていく。
たんぼ道に入って、集団のペースは少し上がった? 40km台中盤で走る。
心拍は180台後半に張り付いてマス。たんぼ道の最後では190台突入デス!
たんぼ道をしっかり乗り切り、カンナ街道に入った... すると、実業団組が
さらにペースを上げていきます。う、ヤヴァいっす。ローテーションに加われず
コバンザメになった。なんとか一度は盛り返して、ローテーションに加わったが、
火がついた集団から振り落とされてしまいました...。
今日の第1集団とのランデブーは25分でした、トホホ...。
振り落とされたとは言っても、まだ1周目のカンナなのでまだ先は長い。気持ち
を切り替えて、ペースを作り直そうと走っていたら、後ろから小澤さんが抜いて
いったので、即座に後ろにつかせてもらう。ふたりで30km台中盤で走っていくと
前にしばしばが見えてきた。吸収して3人で回していく。3人とはいえ、やっぱり
集団で走っているほうが楽。
クルクルローテーションではなく、しばらく集団引いて後ろに下がるという走りで
柏印西線に入り、ダラダラ坂に入っていく。ダラ坂はしばしばに引いてもらって、
30km前後で走る。上りきって先頭交代したら、しばしばはそのままズルズルと
いってしまったよう...(後で聞いたら、「う、腹痛い...。」だって。)
そこからは小澤さんと2人で走る、ペースは30km台中盤。2周目に入り、カンナ
街道,柏印西線と先頭交代しながら走って、ダラダラ坂にきたところ、小澤さん
から塩田に先頭交代するところで小澤さんが「先に行って!」と声をかけてきた。
今日は虎の穴にも参加していた小澤さん、いっぱいになってしまったのだろう。
第1集団から落ちたところをひろってもらったことを感謝しながら、声に反応する。
ダラ坂は30km前後で走り、上りきったところからは30km台前半~中盤で走る。
その先の坂をクリアし、たね屋に向かうフラットロードへ。36,7kmにペースを
上げていく。今日は1人なので、ちょとペースが上がりませんワン。たね屋の坂,
沼南高校の坂を残りのパワー出してゴールしました。

1時間14分51秒(Ave.34.04km/h)でした。


今日はアシストをしてもらった感じだなぁ、ありがとうございますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

スプリント練習 切れ味はペーパーナイフ級!?

クロロホルムレーシング練習会@大井埠頭に参加。

夏の8耐前最後のチーム練習会。スプリント練習を入れつつ、コンディションを
上げていこうと目論む...。

MPVを大井埠頭に向けて走らせていると、首都高湾岸線で雨がポツポツきた。
「だいじょぶか?」と思いながら、集合場所のみなとが丘ふ頭公園に到着。
大井埠頭は雨は降っていない。少し空も明るくなっているので、だいじょぶそう?
既に蔭山くんの車が。蔭がいない...もう走ってるのか?
ほどなく、向井田さん,黒河さん到着。黒河さんはニューバイクを投入してきた。
TREKのマドン5.2(だっけ?)だ。本番に向けて乗り込んでほしいデス。
蔭も1周走って戻ってきた。なんだかんだ言いながら、やる気はあるワン。
クロレージャージにクロレーレーパンに着替えて、出撃準備完了!
今日も練習用チューブラにスプロケ13-23を装着します。
田辺さんと竹田くんが自走で到着。山口兄も来たが、シューズ忘れたって。(~_~;)
さぁ、8時ちょい過ぎから走り出します。まずはアップがてら軽めに入って行きます。
向井田,塩田が先頭を引きます。向井田さん、膝の調子もだいぶ戻ってきた様子。
塩田的には39×17でクルクル回して走ります。やっぱり身体はちょと重め。
アルコール充填120%が原因なのはハッキリしてますね。(~_~;)
大井埠頭での練習は4月以来だが、なんか路面が悪くなった気がします。これ
ってチューブラータイヤだから路面の凸凹が以前よりわかるようになったの!?
でも、橋に向かって左折する内側は再舗装されたみたい、走りやすくなりますた。
裏の線路沿いストレートに入ったところで、竹田くんがスプリント開始! 彼は9時
あがりってことで1周目から行きますた。他のメンバーは動かず。
ストレート中盤から山口兄合流、サンダルのままで走ることにしたようデス。(~_~;)
2周目に入って、前半は1周目同様。北側の高架下を折り返してきたところで、
後ろからパァ~ン!という音が。「パンクゥ。」蔭でした。塩田の持っていた予備
チューブに交換し、CO2ポンプでチューブ膨らましたらプシュ~ッ...。
蔭山くん、リタイヤを余儀なくされますた。(~_~;)
残りのメンバーは戦闘再開! 元のペースに戻り走ります。裏のストレートでは
全員参加のスプリント。塩田が機関車しますが、切れ味ありましぇ~ん。(~_~;)
インナー×TOPでは仕方ないか。そんな機関車から竹田,山口兄の両名発射!
黒河,向井田も後ろからついてきました。
3周目に入り、最初はスプリント疲労回復のための流し。山口兄は元気ですね。
みんなで北側に向かい、竹田くんはそのまま戦線離脱です。
向井田さんも元気、今日も積極的に先頭を引いて走ります。
そして、裏のストレートでのスプリント。山口兄先行! 塩田が逆転します!!
今度はアウターに入れて、52×16で踏んでいきました。
4周目に入り、息を整えるのにふぅふぅいっていたら、田辺さんがスーッと抜いて
いきました。1時間を越えても30km台中盤で楽々走れるようになってます。
北側折り返しの先で追いついていっしょに橋に向かっていきます。そして、3本目
のスプリント。向井田さんは少し膝にきたようで、スプリントからはずれます。
今回は塩田が先行! 後を見たらいません、もう一発かけます!
でも、すぐに黄金のタレでした。(~_~;)
向井田,黒河,田辺の3名はこの周であがったようです。
そして、5周目に入り、前半は息を整えながら流す。横を大きな集団が抜いていく。
その中に InterMaxジャージを着て、InterMaxのフレームに乗るライダーが2名。
「今中さんもどきがここにもいるね。」と山口兄と話しながら走る。
(でも、2名のうちの片方、もどきぢゃなくて今中さん本人でした。^^;)
走りながら、山口兄に「今度のスプリントは兄が発射ね! 気分はペタッキ!!」
と伝える。橋の折り返しのあたりからペース上げてって、裏のストレートへ。
塩田が機関車! 40km中盤で引っ張り、そして切り離し。山口兄を発射!!
山口兄が飛んでいきました...。
この周が終わって、おしまいにしようと思ったが、足があまりに重たかったので、
ダウンがてらもう1周一人で走ることにする。インナーでクルクル&のんびり。
裏のストレートに入ってきたら、雨がポツポツとサングラスを濡らす。良く見ると
けっこう雨降ってる、そのまま本日の練習はしゅーりょー...。

走行時間:2時間10分くらい 走行距離:64km でした。


練習後に着替えて、ふ頭公園のトイレに行こうとしたら、噴水横に今中さんが。
(白戸太朗さんもいっしょにいました。)
用足して、今中さんのところに軽く挨拶にいく。昨日のツール個人TTの解説を
終え、朝起きて走りに来たとのことでした。「我々は8時くらいから走ってた」と
話したら、「え~っ、そんな早くから走ってたんだ(@_@)」とな。
今日はFORZAで走られてました。今日はちょとタイミングが合わず、コース上
でごいっしょできませんでした。次回(いつだ?)はぜひコース上でご挨拶を
したいものです。(ついでにアドバイスもらえるとうれしいかも。~_~;)
またよろしくお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 23, 2005

一人よりも二人、二人よりも集団...

オッティモ朝練に参加。

今週前半の自分的にはハードワーク(決して仕事ではないっす。^^;)の疲れが
なんか残ってる感じ。どこまで頑張れるだろうか?
今日はカッコは今中さんレプリカ。(~_~;) 練習用チューブラにスプロケ13-23を
装着して自走で集合場所に向かう。梅雨明けしたというのに、肌寒いくらい。

今日は実業団組はレース出撃でいないが、けっこうな人数が集まっている。
第1集団でスタートしてみる、どこまでいけるだろ?
今日の第1集団は12名だったかな、ちょと人数多め。いつもの通りクルクル
ローテーションで走りだす。最初、集団のペースは30km台後半だったかな?
どうやらこのペースでは「おそおそぢゃん!」と思ってるメンバー多数だった
ようで、10分過ぎたくらいで前地さんペースアップ! かなーりヤヴァいっす。
ここあたりから集団のペースは40km台突入デス。心拍も当然180台突入で
シンドいんですが、それ以上に足がツラくて回りません...。集団は一人,
また一人と切り捨てていき、塩田も切られてしまいますた。
今日の第1集団とのランデブーは15分でおしまいですた...。(-_-;)
あっという間に集団は見えなくなってしまいましたが、まだまったり走るわけ
にはいかないので、30km台で走り続けていたら、布瀬の信号を前に酒井
店長率いる第2集団に吸収されました。ふうっ...。
布瀬の信号を越えると前に集団が見えた、前の集団は第1集団だと思って、
「追いつくよ!」とペースアップ! 追いついたら、小林班長率いるゆっくり班
でした。(~_~;) そーだよねー、追いつかないよねー。(~_~;)
ローテーションを続けながら、たんぼ道,カンナ街道を走る。柏印西線に入った
ところで酒井店長のペースについていけなくなりかけたところで、後ろから斉藤
さんが「ガンバだよ~」と前に出てくれた。助かった...。(~_~;)
でも、ダラダラ坂を越えたところで再度離れかけて、一度はついたものの、ダメ
でした...。「あー、離れちゃった...。」とちょと凹みかけたところで後ろから
小野さんが「速いっすよねー」と前に出てくれた。ありがたいこってす。
しばしランデブー。手賀の丘公園入口先の折り返しで前が少し近づいたので、
「お、追いつけるか?」とちょと踏んでペースアップしてみましたが、追いつく
どころか、離れる一方...ガッカリですぅ。再度小野さんが「速いねー」と前に
出てくれた。いや、助かりますたワン。黄金のタレにならずに済みますた。
カンナ街道をずっとお付き合いいただきました、ありがとうございました。
柏印西線に入って、ちょと息を吹き返すことができましたが、布瀬の信号で一時
停止。信号変わって、ダラダラ坂を気合い入れて上りましたが、ちょと息切れ。
そんなときに三竹さん率いる第3集団が。三竹さん「お待たせ~」と前に出ます。
いや、ほんとにありがたい。(^_-)-☆
けっこうな人数いたかな。ローテーションの輪に加わって、ゴールを目指します。
信号先の下り~上りで、ちょとアタック! 頂上?でちとヘロっていたら、ドンと
抜かれますた。みんな速くなってきてますね。うかうかしてられませんワン!
手賀の丘公園入口の信号を右折、下って上って、遠藤さんが上がってきます。
少し人数絞られて、フラットロードに入ります。集団のままで一発目のたね屋
の坂に入ります。足を少し貯めつつダンシングで上ります。頂上で三竹さんが
先行。塩田が続きます。沼南高校に向かうフラットロードで先頭交代。塩田が
集団を引っ張ります。最後の坂を前に数人が先行。離れずについていきます。
さぁ、最後の上り坂で先行した数人をダンシングで追いかけます。ガッツリと
踏んで、集団でゴールしました。

1時間14分04秒(Ave.34.47km/h)でした。

今日は一人で走ってるんじゃないんだということを実感。助けていただいた
みなさま、ホントにありがとうございますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

連日の山岳ステージ(イメージです)

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

昨日の夜(!)のトレーニングの疲れが残ってる感じ。ゆったり入るよ...。
昨日の昼の部は山岳コースだったので、連日の山岳ステージって感じか?
今日の気分はポポヴィッチか? ヒンカピーか? (~_~;)

今日は先週とは違うBGMでスタート、5分間のウォーミングアップから。最初は
抑え目に入り、徐々にペースを上げていく。
続く軽めのクライミングでは、回すペダリングを意識して、シッティング重視。
徐々にテンションを上げていく。
そして、ダウンヒルに入って、ガッツリ回していく。昨日の疲れで中盤は少々
ペースダウン、終盤で再度ペースを回復させます。
続くクライミング(1)、シッティング,ダンシングを交互に。最後のダンシングは
少しテンション上げてペースをアップして、軽いアタックって感じ。
そしてダウンヒル、ガンガン回していく。最後のほうはいっぱいいっぱいに。
続くクライミング(2)へ。テンションかけてダンシング。緩めてシッティング。
続くダウンヒルではまわりを見ながら踏んでいき、再度クライミング(2)へ。
1本目よりテンション上げます。
ダウンヒルに入って集団をリードしていく感じ。そして、クライミング(1)に戻り
ます。最後の力を振り絞って機関車フルパワー! ラストはスパートしますた!
続くダウンヒル、もうダメですぅ。お仕事終えて、ずるずる集団後方に落ちていく
感じですワン...。
最後のゴールスプリント1min×3。3本全部集団にコバンザメ走行で同一タイム
でゴールにたどり着きました...。(-_-;)

クールダウンの後半、ふくらはぎにドーンと重さがきました。あー疲れたっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

久しぶりの筑波

オッティモ有志との自主練@筑波

表不動~フルーツライン~ユートピア~きのこ山~一本杉
 ~(平坦)~フルーツライン~裏不動 というコースで自主練

参加者は、松尾さん,小林さん,小澤さん,岡崎さん,塩田の5名

集合場所の大池公園の駐車場に着いて、みなさんのバイクを見ると、
オールクリンチャー。急遽、WH-7701のスプロケを練習用チューブラー
の13-25と交換しました。(以前にパンクで迷惑かけてしまった教訓)

まずはアップがてら表不動を上ります。39×19でのんびり行きます。
前日の夜に雨降ったのかしら? 路面けっこう濡れてます、おまけで
コケで緑色の箇所がけっこうあります。ツルッって行かないよね!?
のんびり走って、最後の斜度10%のところはダンシングでゆっくりと。
伊豆合宿とかの効果かな、19のみで全く問題なく上れちゃいました。
(のんびりスピードのせいか?)
裏不動もけっこう路面濡れてたので、ゆっくりと安全第一で下ります。
フルーツラインでは集団を小林さんが引きます。そして、ユートピアに
向かいます。
ユートピアに向かう上り、ユートピア入口?のキツいところを意識して、
ギアを1枚とっておいて、39×23中心で上ります。峠の頂上手前まで
は小林さんについて上っていったが、頂上が見えてきたところで小林
さんのペースアップについていけず。本人も言っているが、16×27は
大きな武器になっているようです。回転系の走りにマッチしてますね。
峠の頂上でしばし休憩。蒸し暑くて、汗が噴き出してきます...。
その後、きのこ山~一本杉峠に向かいます。きのこ山までの上りは
最初は小林さん,中盤以降は岡崎くんといっしょに上ります。最初の
ほうは39×25中心、斜度が緩くなってきて、23,21を中心で走ります。
続く、一本杉峠への上りは小林さん,岡崎くんと3人で走っていたが、
中盤の斜度の緩くなったところで小林さん,岡崎くんがペースアップ!
ちょと踏み遅れて、あっという間に見えなくなっちゃいました。
一本杉峠で休憩、松尾さんが先行していったので、追いかけます。
先のちょっと平坦なところで追いついて、そこでしばし休憩。
トンボがいっぱい飛んでましたね、山のトンボはおっきいよ。
その先の上りが終わるところに向けて、小林さんについていき、頂上?
に向けて、ペースアップした! ちょっとリードしたが、コースを覚えて
なくて、「あやや? まだ終わんないぞ。」の繰り返し。(~_~;) 最後で
小林さんに差し返されてしまいました。残念~っ!
その後の下りは安全第一で下る。下ってる途中でチェーン落っこちて
ました。なんてこったい。(~_~;)
フラットコースになってすぐのところに自販機コーナー?があったところ
にコンビニできてました。このポジションはちょとありがたいかも。(^^)
水分補給して走り出します。
フラットロードではみんなで一列でローテーションしながら走ります。
フルーツラインに戻ってくるフラットロードの最後で、コンビニ休憩を
目の前にしてのペースアップが大ブーイングでした。(~_~;)
休憩を目の前にちょと頑張り過ぎちゃいましたかね、スマソです。
コンビニで補給しながら休憩です。
「ゆっくり行こうね!」とみんなに釘を刺されて(~_~;)再スタート。
フルーツラインから裏不動に向かいます。
裏不動に入るところで既に心拍180台、もういっぱいいっぱいですぅ。
最初から39×25です。松尾さんが遅れ、岡崎くんが遅れ、塩田も
残り1kmで遅れ... いや、疲れました。
表不動をゆっくり下って大池公園に戻ってきました。

めっちゃ暑かったです。堪えますた。

フライトデッキの走行記録は、65km,3時間23分(平均時速19.21km/h)でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

クロレー練習会 for Beginners

8耐デビュー予定のメンバーが集団で走ることに少しでも慣れてもらおうと
戸田の彩湖で走りました。

8耐デビュー予定の二村さん,鹿又くんが参加。吉田さんも春の8耐以来
久しぶりに乗りに来てくれました。後は奥村くん,おっさんチックな山口弟,
蔭山くん,竹田くん,そして私。

休みを挟みながら50km走りました。
二村さん,鹿又くん、2人とも思った以上に走れそうです。

竹田先生,蔭山先生による二村さんへのレクチャー
吉田さん said 「蔭山くんのとなりはどこのおっさん?」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

銚子センチュリーラン レポート

2005.7.10 銚子センチュリーラン

前日夜はかなりの雨、「雨の中走るのかぁ...」と思いつつ、「おやすみぃ。」
朝起きてみると、雨はあがり、路面も乾いていた。良い方に裏切られますた。

朝5:00に南柏を出発、スタート地点の成田市営東和田駐車場には6:00ちょい
前に到着。成田はとても良い天気、良すぎ。(~_~;) さっそく受付を済ませる。
その後、ダベりながら準備をする。練習用チューブラ with スプロケ13-25 で
走ることにする。パンクは勘弁!ってことで空気圧は7気圧にしました。

クロレーからは向井田,蔭山,日吉(小酒井の代走),山口兄,山口弟,塩田
小酒井くんは風邪ひいてギブアップ、田辺さんはSTS-114対応で海の向こう。
オッティモからは多数参加、ゆっくり班の小林班長,高島監督,外崎組長は
主催者側での参加。スピニングでごいっしょしている坂東さんの顔も見えた。

今回はコースマップとCue Sheetを見ながら走ることになる。レースじゃないし、
銚子でおいしい魚でも食べますか!という感じ。楽しく走れると良いにゃあ。

7:30から順次スタートが切られ、7:47にクロレーメンバー全員同時スタート。
まずは第1CPの蓮沼海浜公園に向かって走る。蓮沼までの道は少しアップ
ダウンがあるので、のんびり走るかなと思っていたら、いきなり後ろでガシャッ
という音が。落車したようだ...。
(後で聞いたら、スポークがポッキリいってガシャッといったとな。→即DNF)
のんびり走ろうかなと塩田がフロントインナーで先頭走っていると、向井田さん
が前にいきます。けっこう良いペースに上げていきます。塩田と交代しながら
ペース維持して走っていくと、前にスタートしていった選手達に追いつき,追い
抜きます。途中の下り~上りでは軽~くギアかけてみます。後ろで陰と山口
弟がちょとブーイングモード?(~_~;)
1時間ちょっと(約30km)走って、9時くらいに第1CPの蓮沼海浜公園に到着。
トイレ行ったり、水分補給したり少々休憩。

休憩終了、第2CPの君ヶ浜しおさい公園に向かって再スタート。湿気が多くて
曇ってる。再スタートしてすぐにミスコース。Cue Sheetに書いてある積算距離
が微妙に違ってたような...。我々だけじゃなくみんな間違えてました。(~_~;)
本来のコースに戻ります、蓮沼~銚子は最後の旧銚子有料道路のをのぞけば
ほぼフラットコース。ちょと回していってみるか!と先頭交代を促してみる。でも、
うまく回りません。結局、向井田,塩田で先頭交代しながら走ります。飯岡の
飯岡九十九里自転車道に入るちょっと手前で山口弟が後輪パンク。ちょっと
拓けた路肩に停まって修理。第1CPまでに抜いた選手達に抜き返されます。
山口弟、なかなか手際良い修理。修理を終えて走り出します。
飯岡九十九里自転車道に入り、すぐ横は海(砂浜)で、ちょと風ありますね。
海ではボード乗ってる人たちがけっこういます。ちょっと波が低いかな?
途中、コースが砂で埋まってる箇所あり。バイクから降りて押します。砂が
クリートの穴にたぷーり入ってしまい、ペダルがはまらんとです。(~_~;)
自転車道の残り数キロ?というところで、今度は日吉くんがパンク。停まると
汗が噴き出してきました。いや、暑い。砂浜を見ると、水蒸気が良く見えます。
修理を見守っていたら、坂東さんに抜かれました。坂東さんとこも大所帯だぁ。
修理完了、再スタート。ほどなく自転車道に別れを告げ、旧銚子有料道路に
向かいます。軽いアップダウンが始まります。後ろからオッティモのしばしば
が集団を引き連れ抜いていきます。おや?第1CP我々より早く出発したよな?
しばしば機関車はなかなかパワフル。すぐに見えなくなりますた。(^.^)
その後、クロレー集団は旧銚子有料道路に入ります。最初は下ります。重力
にモノを言わせて加速していくのは陰&山口弟、しょーがねーな!とフロント
をアウターにチェンジし、マヂモード突入デス。下りの後は当然上りなわけで
陰と山口弟あっという間にヘタレモードに。一瞬で立場逆転です。山口兄と
日吉くんはついてきます。日吉くんは次の下りで先行します。
旧銚子有料道路、最後の上りは一段,二段,三段と斜度が上がりますた。
ま、斜度上がったといっても、アウターのままでいける程度でしたが。
最後はダンシングで上りました。向井田さんは平坦で集団を引っ張って足を
使ったのか、遅れてしまったようです。
下りきって、銚子電鉄の駅を過ぎたところで後ろを待ち、君ヶ浜しおさい公園
に向かいます。最後の分岐で「どっち行けば良いの?」と迷いましたが、結論
はどっちから行ってもおんなじでした、(~_~;) 第1CPから約35km。11時くらい
だったかな?第2CPに到着。スイカ&バナナが振る舞われてました。スイカ
けっこう甘かったデス。(^_-)-☆
このあたりも湿気たぷーりですワン...。

しばし休憩後、今日のメインイベント?銚子市街に向かいます。海沿いを
走り、銚子漁港の横を通り、漁協の前に行って...「どこ入ろうか?」と
チームメンバーと顔を見合わせる。何軒がお店が並んでます...列?の
最後のお店の前でストップ! 「海ぼうず」というお店でお昼にします。
幸いにも並ぶことなくお店に入れた、12時ちょうどでした。
(既にアルコール消毒して盛り上がってる方々がいますた...。)

銚子ってことで「なめろう」,あと「特大イワシの塩焼」をみんなで食べようと。
あとは各自定食 or 丼。
塩田は「油ぼうず(タラの仲間?)の照焼と刺盛定食」を頼みました。
いや、まいう~。どっかり座って40分も居座ってしまいますた。
身体が重たくなってしまいましたワン。(爆)

さ、うまいモン食べたし、第3CP目指して頑張りますか! 再スタートします。
足重たいし、お腹に血液集中って感じだし、向かい風はキツいし。条件悪し。
銚子駅のそばはやはり交通量多し、途中お祭りでお神輿出てましたね。
市街地からはずれると、交通量激減。向かい風はさらに強くなる。さらに暑さ
が堪えます。銚子小見川佐原自転車道に入る前に、コンビニで休憩&水分
補給します。向井田さんはかなりキツそうです。
(色白な彼は日焼け通り越して火傷チックになって、よーけにキツかったかも)

しばし休んで、銚子小見川佐原自転車道に入っていきます。利根川沿いは
ホント向かい風がキツくて、塩田は39×21で25kmくらいで走るのがやっと。
山口兄はまだまだ元気。塩田とはつかず離れず、いや離れていきますた。(^^;)
後ろでは向井田さんヘロヘロ&陰は右ヒザが爆発したよう、遅れてしまった。
15時くらいになんとか120km地点の第3CPにたどりついた。
高島監督&外崎組長がいた。聞けば、ほとんどドン尻らしい。(~_~;)
遅れて第3CPに到着した陰、ここでリタイヤするという。放牧明けを考えれば
良く走ったか?

しばし休んで、残り30km強。下総経由で成田に向かう。ほどなく自転車道に
別れを告げて、R356に。利根川から少し離れたせいか?向かい風は気持ち
弱くなった感じ。でも、暑さはかなり堪える。15kmくらい走ったところで休憩を
取ろうとコンビニに寄る。そして、各自補給。

そして、再スタート。平坦コースに別れを告げ、最後のアップダアウンに向かう。
先日向井田さんが4位入賞を果たしたフレンドリーパーク下総の横を通過して、
アップダウンが始まる。山口弟に檄を飛ばして、黄金のタレを許さず。(~_~;)
向井田さんは集団から離れてマイペースで走る。山口兄,日吉,塩田は集団
で走る。山口弟は一旦遅れるが、下りで集団に復帰。復帰後はコバンザメに
徹して集団に食らいついていたそうな...。
3名の集団は塩田が引いていたが、最後はちょっと足が止まりかけた。すると
日吉くんがスッと前に出てくれて、アウター×TOPをグイグイ踏んでいった。
その後ろで塩田はクルクル回してついていった。うん、対照的な走りだね...。
そして成田市街に戻ってきた。交差点で向井田さんを待って、みんなでゴール
に向かう。17時過ぎにゴールにたどりついた。お疲れさまでした。

公式記録?は、9時間22分で完走しました。

フライトデッキによる走行記録は、6時間09分(平均時速24.99km/h)でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

余計に身体が重たくなりますた。(~_~;)

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

銚子センチュリーランの疲れが昨日よりはずっと楽になったけど、まだ残っている感じ。
今日はリカバリしようか? うん、アシスト役で途中まで機関車してみますか !?

今日も慣れているBGMでスタート、ウォーミングアップ1曲目はゆったりと入っていく。
ラスムッセンのようなスタート直後のアタックは完全無視。2曲目に入って上げていく。
最初のクライミング、最初はゆったり入って、テンションアップしてダンシング→ちょっと
テンション下げてシッティング→UPしてダンシング、続くフラットロードへ。
ギアかけて前追っかけます。集団は一列棒状。続くクライミング(40sec×2)1本目、
少し軽めのテンションでクルクル。2本目はテンション上げて上ります。そして、フラット
ロードに入っていく。ここもガッツリ踏んで行きます。続くクライミング、しっかりテンション
かけて踏んでいく、中盤は最大勾配22%(のつもり)...。
続いてダウンヒルに入っていく。ダウンヒル前半から前を追っかけます。ここも集団一列
棒状のハイスピードです。クライミングに入る前に前を捕まえます。続くクライミングでは
集団の動きに注意しながら上ります。続くフラットロードで最後の仕事、エース引き連れ
集団を引っ張ります。クライミングに入り、機関車としての仕事を終えて、集団後方へ。
そして、ゴールスプリント1min×3。今日は集団ゴールできれば良いかなと...。
1本目,2本目は足を貯めながら集団後ろにコバンザメ。そして3本目、途中からペース
が上がり、中切れ注意報発令! 反応したら、さらにペースが上がる。なんとか対応。
集団ゴール成功デス。

うー、余計に身体が重たくなりますた。(~_~;)


あ、銚子センチュリーランのレポートは明日にでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2005

銚子センチュリーラン 速報

良い方に?天気予報がはずれ、朝から良い天気。
でも、ほぼ全行程向かい風で苦しめられました。

所要時間 9時間22分で完走しました。

フライトデッキでの計測では
走行時間6時間09分(平均時速24.99km/h)


お昼に銚子で食べた「なめろう」はうまかったなぁ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

記録更新!

オッティモ朝練に参加。

虎の穴に参加するつもりで早起き、でもまだ路面は濡れてて虎の穴は中止。
のんびりと朝ゴハン食べて、まったりしてたら、「朝練も止めっか?」と悪魔の
ささやき。でも、悪魔の負けです。(笑)

雨降ってきたときのことを考えつつ、8:00頃に車で出発。集合場所に着いた
ときにはあんまメンバーいませんでしたが、続々と集まってきました。

今日はWH-7701 with スプロケ13-23で第1集団で出撃してみることに。
どこまでついていけるかしらん?
今日の第1集団、塚野,土屋,小林,菅野,斉藤,小玉,岡崎,FORZA武井,
そして塩田(敬称略)の9名でスタート!
いつもの通り、クルクルローテーションで走るが、スタートして10分もしないうち
から40km台中盤にスピードがあがるときも。(武井くんの強力な引きだよ~。)
塩田の心拍は当然180台突入です。(~_~;)
菅野さんはコバンザメに徹している。かなり正解ですね、見習おうかしら?(~_~;)
コースは向かい風強め、30km台後半でのローテーション。布瀬の信号越えて
たんぼ道に入り、前半の若干のアップスロープのところでちょっとキツくなって、
ローテーションからはずれ一番後ろでコバンザメ。なんとか集団にしがみつく。
コースがフラットになったところでローテーションに復帰できた。ヤヴァかったYo!
なんとかたんぼ道はガマンしきってカンナ街道へ。カンナ街道に入って、一回り
ローテーションしたくらいのところで、塚野,武井が集団の前でペースアップ!
っていうか彼らにすると自分たちのペース?40km台中盤に上がった。そこまで
上がると塩田はついていけましぇん。(~_~;) あっという間に置いていかれますた。
団体旅行?今日は25分でした。低レベルですが、記録更新かしら?(~_~;)
頭を切り替え、足と心拍の回復に努めるべく、ペースをダウン。27,8kmくらいで
カンナ中盤を走る。だいぶ回復してきたかな?カンナ後半は30km台に復帰。
柏印西線に入ると、前に岡崎くんの姿が。彼も切られちゃったのね...。
布瀬の信号先のダラダラ坂で合流。塩田が先行、52×19でケイデンス90台で
30km前後で上ります。上りきったところでギアを18に上げて、2人で回していく。
やっぱり1人のときよりも2人のときのほうが速く走れます、30km台中盤~後半
で短時間で交代していきます。(走り終わってから、「このあたりはキツかった」
と岡崎くん。) 信号先の下り~上りは52×16でダンシングで岡崎くんの後ろで
上ります。ギアを戻して、手賀の丘公園入口先の信号で折り返し、2周目突入。
カンナ街道でゆっくり班班長小林さん,ニューカマーを引っ張る酒井さんを抜く。
柏印西線に入るところで後ろを確認すると、第2集団が視界に飛び込んできた。
でも、ペースは落とさず。ツール第3ステージのデッケル@ラボバンク状態。(^^;)
布瀬の信号を越えてダラダラ坂へ。1周目よりも1枚重いギアで上る。35kmくらい
で上りました。岡崎くんはダラ坂で集団に吸収されたとのころ。塩田も上りきった
ところで吸収されますた。ふうっ...。
第2集団は諏訪ッチ,丸岡さんをはじめとして、いっぱいいたなぁ。足に余裕ある
メンバーが集団の前に陣取って走ります。信号先の下り~上りは集団前で入る
が、ちょと前につまってしまったので、無理せず横から前に上がっていくメンバー
を見送りました。
その先の手賀の丘公園入口信号にひっかかり、一旦戦闘中断。信号変わって
戦闘再開!最後の勝負どころ、たね屋の坂,沼南高校の坂に向かいます。
集団で上って下ってフラットコースに入ります。諏訪ッチが集団活性化のトリガ
をかけます、塩田がそれに乗って、さらに活性化していきます。丸岡さんも今週
は毎日?走っていたようでかなり乗れてますね。たね屋の坂に向かうT字路で
対向にダンプがいたせいで、集団が2つに分かれてしまう。塩田は後ろのほうに。
最後のたね屋の坂,沼南高校の坂での争いを前に見ながら(つかず離れずで)
走ってゴールしました。

1時間13分57秒(Ave.34.43km/h)でした。

こちらも今年の記録更新です、低レベルなんですけどね...。
明日の銚子センチュリーラン、天気だいじょぶかなぁ?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

気持ちはツール!?

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

海の向こうではTour de France が始まった。
昨日はついつい最後まで見てしまった。
気持ちはツールのチームエースってことで...。(笑)

今日は慣れているBGMでスタート、ウォーミングアップ1曲目はゆったりと入っていく。
コージくんのように0kmアタックは完全無視。2曲目に入って徐々に上げていく。
最初のクライミング、最初はゆったり入って、テンションアップしてダンシング→KEEP
してシッティング→UPしてダンシング、続くフラットロードへ。前を追っかけます。集団
は一列棒状。続くクライミング(40sec×2)1本目、少し軽めのテンションでクルクル。
2本目はテンション上げてグイグイ上る。そして、フラットロードに入っていく。
ここは少し抑え目。続くクライミング、しっかりテンションかけて踏んでいく...。
続いてダウンヒルに入っていく。ダウンヒル前半は集団の中に戻って足を温存する。
後半は前を追っかけます。ここも集団一列棒状のハイスピードです。
続くクライミングの中盤でペース上げて前を捕まえます。最後はKOM争いになるが、
ここは無理せず前を譲ります。
続くフラットロードは足を貯めます,クライミングは集団走行。ラストはゴールスプリント
1min×3に向けて良い位置を取ろうと少しペースを上げる。
そして、ゴールスプリント1min×3。今日はゴールをマヂで取る気で逝きます!
1本目,2本目は3本目に向けて足を貯めながら、集団内で良い位置を取るべく走る。
そして、3本目。80%くらいで入り、ラスト30秒で90%にアップ。そして、ラスト10秒で
MAX! どうだ? TOP取れたか?? 
え、進路妨害で降着だって!? オーマイガーッ! (これはフィクションです。^^;)


今日は最後で足がなくなる感じでいけたかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2005

蚊帳の外 & 個人TT

虎の穴&オッティモ朝練に参加。

今日の朝は早起き、ホイール交換は現地でしようと考え、車で出撃。
集合場所には6:15くらいに到着。

練習用チューブラーからWH-7701 with スプロケ13-23へとチェンジ。
空気圧も8気圧にして、レース決戦仕様デス。(~_~;)
InterMaxジャージではちょと涼しいくらい。走り出せばなんとかなる?

今日の「虎の穴」は参加者は7名。キャプテン塚ちゃん,土屋さん,小林さん,
ランス小川さん,竹内くん,増田くん,塩田。
今日のメニューは前回と同じでスプリント強化(いつもの周回コースを4周)、

今日はちょと風があるかな、周回コースまでは35kmでローテーションしていく。
心拍表示はなぜか93固定、なんだかなーと思いながら、クルクルと先頭交代
しながら周回コースに向かう。20分弱で周回コースに入る。
たんぼ道はそのまま35kmでローテーション。カンナ街道に入ってペースアップ!
40km台でローテーション。今日はちと足が重たいなーと思って、チロと心拍計
に目がいったら180の数字。いつの間にか正常になってますた。(~_~;)
カンナ中盤の見通しの良い直線に出てきたら、向かい風の洗礼。ちょとキツい。
でも、1周目からキレるわけにはいかないのでガマン。先頭交代を繰り返して
スプリントポイントへ。良い位置取れずにスプリントが始まる。最後に止めた?
土屋さんを抜いて5番目でゴール...。うー足全然動きません...。
カンナ最後~柏印西線は一列で流し。2周目のたんぼ道に入って、戦闘再開!
35kmローテーションに入ります。52×19をケイデンス100で回していく。カンナ
に入って、52×17に上げて、40kmローテーション。カンナ中盤は17ではガマン
できずに18に落とす。中盤最後のアップスロープで先頭に立ってしまった。既
に位置取り合戦始まってます。「えーい、行ったれ!」と機関車してみましたが、
いよいよこれからってところで一瞬停電デス。(~_~;) あっという間に後続は発射
しました、なんにもできずにダントツのドベ...。
柏印西線は流し、3周目に入り、たんぼ道からローテーションし、カンナに入る。
最後は集団一番後ろながらも一団でスプリント開始。直前の竹内くんを捕まえ、
土屋さんのお尻についたところでゴール...。ちょとスプリントしたかなって感じ。
ラストの4周目に突入していく。ちょと左ふくらはぎがビリッときました...。
たんぼ道,カンナとローテーションしながら走り、最後のアップスロープへと向かい、
集団はちょと縦長に。塚ちゃん,増田くんの後ろ3番手でスプリントに入る。
「いよ~し!」と気合い入れて、踏んでみたものの、増田くんを捕まえるどころか
どんどん離れていく。おまけに後ろから差される差される。(~_~;) 結局ドベでした。
オーマイガー... 全くの蚊帳の外って感じ。情けなさすぎですワン。(-_-;)
柏印西線から朝練コースを一列で逆走、クルクル回して集合場所に戻りました。

1時間53分47秒(Ave.33.66km/h)でした。


そして朝練、今日もけっこうな人数。第1集団についていけるような足は残ってない
ので、第2集団でスタート。第2集団は4名。塩田は30km台前半でしか走れません。
なので、あっという間に個人TT状態に突入デス。(~_~;)
たんぼ道,カンナ前半はなんとか30km台をキープしましたが、カンナ中盤の風には
勝てません、27,8kmに落ちます。うー、足が回りません...。柏印西線に入っても
改善せず。布瀬の信号にひっかかって一時停止。信号変わって、ギアを21にして、
回してダラダラ坂を上ります。ケイデンス100前後、30km近くまで上げて頑張りマス。
ケイデンス維持してなんとか上りきって、ギアを19に上げて、ちょっとペースアップ。
30km台前半に上げて、信号先の下り~上り、ギアを17にしてダンシング。ペースを
維持するというよりはケイデンスを一定にしていくことを優先。2周目に入ります。
2周目、ハムストリングスがかなりきつくなってきた。回すペダリングで走っていく。
でも、カンナ中盤はケイデンスが90以下になってしまう...。ふぅっ。
柏印西線に入って、車線の左端を走っていたら、後ろから車が。真横に来たときに
左に寄ってきた。かなーりヒヤッとさせられた。運転していた女性は私の存在には
気づいていたのかしら?
布瀬の信号はひっかからずに通過、1周目同様ギア21でケイデンスは90台中盤。
上りきって、ギア19に上げる。30km前後で走り、信号先の下り~上りはギア18。
手賀の丘公園入口を右折、上って下って、たね屋の坂に向かうフラットロードへ。
ここでは風がややフォロー。今日最後の悪あがきパート1、ギア19ケイデンス100
台で回し、35km前後で走る。たね屋の坂は21でシッティングで上ります。
そして、沼南高校に向かうフラットロードで悪あがきパート2、ギア18で30km台の
後半で行きます。そして最後の沼南高校の坂、ギア23で粘ってゴールしました。

1時間23分38秒(Ave.30.34km/h)でした。

なんとかかんとかAve.30km台で走りきりました、疲れますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

午後から軽く流す...

あまりにうっとおしいので、朝いちで髪を切りに行くことに。
昨日の夜の天気予報は見事ハズレ。雨降ってません。
...ってことで、今日は午後から流します。

頭はスッキリしましたが、湿気多し。汗がジワーッとにじんできます。

自分の中で流しの定番コース、江戸川~利根運河~利根川。
オッティモジャージ着て、1:30くらいに南柏をスタート。30分弱で三郷に到着。
なぜかドラムたたいてる人が。車に積み込んできたのかしらん?
江戸川河川敷のサイクリングコースを走り出す。
今日は久しぶりに三郷から利根運河まで約8kmの個人TTをしてみることに。
スタート直後の上りを駆け上がり、フラットコースに。52×16でケイデンス100、
Over40kmのスピードで飛んでいく。少し向かい風かな?でも、風に負けずに
スピードキープ。中間くらいの常磐道をくぐるところまではペースをキープ。
くぐった先で親子連れに道を塞がれ、止むなく減速。一声かけて、道を空けて
もらって、再びコンバットスピードに。ちょとスピード落ちるが、40km前後維持。
そして、利根運河が見えてきて、そのまま駆け抜けてゴール!
タイム:11分39秒、平均時速:39.61km/h 悪くないけど、もちょっといけるな。
その先、野田橋まで流す。スピード落ちた途端に汗が噴き出してきました。
野田橋で折り返す。そしたら、かなりの向かい風。ここの風向きは未だ理解
できません。(~_~;) のんびりと利根運河まで戻ってきますた。
利根運河を利根川に向かう。利根運河では39×17でケイデンス100キープ。
時間が時間だけにほとんど人いません。とても走りやすいですね。(~_~;)
利根川に来ると、江戸川ほど向かい風が強くないので、利根運河と同様な
走り。ちょと足に張りが出てますが、もちょとで休憩場所?なので、そのまま
走ります。そして、有料道路への接続道路を柏方面に下り、休憩場所?の
オッティモに到着。来週の銚子センチュリーランに向けて、装着必須のベル
についての相談に乗ってもらいました。(1時間近くダベってしまいますた。^^;)
その後、手賀沼へのサイクリングコースに入り、最後にちょとだけ踏みました。
そして、朝練への自走コースを逆走。自宅に戻ってきました。

走行時間:2時間30分くらい 走行距離:54km でした。


明日は天気だいじょぶそうなので、虎の穴に出撃したいと思ってマス!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »