« January 2005 | Main | March 2005 »

February 26, 2005

2本ともあえなく撃沈

虎の穴&オッティモ朝練に参加。

朝起きて、車に行ったらフロントウィンドウまーっしろけ。放射冷却キツかったのね。
でも、MPVのデフォッガーはとてもパワフル。(^^) 遅刻せず朝練集合場所に到着。

今日の「虎の穴」参加者はキャプテン塚ちゃん,GIANT小澤さん,竹内くん,塩田。
いつもの周回コースまでのんびりめに行って、周回コースは35kmくらいで回してく
感じで行きましょうとのこと。
日陰の路肩はやはり一昨日の雪の影響で水溜りが、んにゃ凍ってるよん。(~_~;)
でも、日なたは日差しの暖かさが感じられた気がする。春訪れも近いのかしら?
塚ちゃんが引き、竹内くん,小澤さん,塩田の列で周回コースまではいく。少し
風があるかしら?と思いつつも、周回コースに到着、本番(?)がスタートした。
ギアは39×15でケイデンス100超の感じか、今までとは感覚が全く違う次元って
感じ。スゴい負荷を感じる。すぐに両ふとももの付け根がふくれていくような感覚
になる。たんぼ道の後半に入るところで小澤さんが遅れる。「ありゃ、小澤さんが」
とちょっとビックリ。塚ちゃんにその旨一声かけて、3人で回す。塩田的にはまだ
ガマンできていたが、テンパイ間近って感じだった。塚ちゃん,竹内くんはかなり
余裕ありの感じ。うーん、スゴい。(~_~;)
カンナ街道に入って、少しペースを落として小澤さんが合流してくるのを待った。
小澤さん合流後、コースを逆走してきた土屋さんが合流。5人になって回していく。
竹内くんは先頭に立つと、後ろの塩田とヒュッと距離が開いてしまう。むぅ、こっち
の足がないのがバレバレですわ。(~_~;)
テンパイ間近で頑張っていた塩田もついにテンパった。柏印西線でギブアップ。
両ふともも重くなって動きましぇ~ん。4人に置いていかれたが、布瀬の信号を
曲がったところで待っていてくれたので合流できた。もう一度チャレンジしてみた。
...が、田んぼ道中盤で売り切れますた...。
田んぼ道の終盤で反則攻撃ショートカットして集団に合流を試みるも失敗。(~_~;)
とぼとぼと柏印西線~朝練コース逆走で集合場所に戻る。ちょと風強いデス。

1時間21分43秒(Ave.29.44km/h)でした。


そして、朝練。今日はけっこうな人数。足もなくなった(もともとないだろって。^^;)
ので、後ろのほうでおとなしくいこうとスタート。
最初は4名の集団でスタート。スピードは30km台中盤だが、先頭交代のリズムが
ゆったりなので、意外と楽。ギアは虎の穴と同じ39×15。布瀬の信号を越えると
前にスタートしていった2名が見えてきた。田んぼ道の中盤で合流して6名で走る。
カンナ街道に入って、「少しは重いギア踏んどく?」とばかり、フロントをアウターに
チャンジ!(重いっつったって52×18なんですけどね。^^;)ホントに重いです...。
その後、カンナ街道の後半では17にアップ!ちょと頑張ってみました。
でも、ここまででした。柏印西線に入って、向かい風との戦いに負け、→18→19と
ダウンしていき、布瀬の信号越えていよいよ、ダラダラ坂に...。
条件反射的に、→21→23とチェンジしてしまい。「うー、ちとツラいぞ」とSTIレバー
に手をやるがもうギアなかとです。ヒロシです...。(~_~;)
インナーには落としたくなかったので、仕方なく踏もうとしたら、左のふくらはぎが
ツリますた...。動かなくなりました...。
ちょっと必死モードでクリートはずして、路肩に。まずは動くようになるまで待つ。
2,3分かかったかな、動くようになったので、ストレッチを。
なんとか乗れるまで回復したので、とぼとぼと朝練コースを集合場所へと戻る。
最後の沼南高校前の坂なんて、23でケイデンス60台、時速12kmだって。さむっ。

1時間07分54秒(Ave.27.29km/h)でした。


やっぱり、段階踏んでいかないと身体ついてきませんね。何事も「急」はいけない
と思いました。激しく反省デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

太ももツリそうになりました

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

なーんかふくらはぎ重たい感じが抜けてません、スキーと自転車では使う筋肉は同じ
でも使い方は違うんですね。(競輪の武田豊樹選手もそんなこと言ってたっけ。)
今日もラストのスプリントまでで足使いきってしまおうとスタートした...。

前回と同じBGMでスタート。ウォーミングアップ1曲目はパレードモードで抑え目に。
2曲目に入って、「さー行くぞーっ!」と踏んでいく。続くクライミングは先週同様で
負荷を下げずにUP,UP,UP! 続くフラットロードでも踏んでいく。今日はふくらはぎ
から危険信号は出なかった。ん、そこまで踏めてなかったかな!?
その後の40秒×2のクライミングは、2本目でアタック! KOMを取りにいく感じ。
その先のフラットロード、今日はガンガン回していく。足テンパッてきた...。
続く今日一番の上り、軽めのテンションで入っていったが、足おもおも。かなりきた。
ダウンヒルに入り、ガンガン回していく。続くクライミングの最後はKOM奪取のため
DASH! 気持ち的には今日も1位通過。(^_-)-☆
続くフラットロードで逝けるだけ逝って、ほぼ店じまいモード。(~_~;) 続くクライミング
はおとなしく集団の中。
んで、ラストのスプリント1min×3。1本目,2本目は7割くらいで踏む。で、3本目に。
少し足が残っていたので、ラスト10秒だけ9割くらいにパワーアップ!
ふくらはぎパンパンでゴールを迎えますた...。

その後のストレッチ、太ももの前側ツリそうになったっす。(~_~;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

エーデルカップ スキーGS大会

エーデルカップ スキーGS大会@エーデルワイススキーリゾート

今シーズンの大会参戦はどうしようかなと迷いに迷って、一発目はここにした。
滑れてないぶんはイメトレで補ってきた(~_~;)、その成果はいかに?

受付が7:30~8:30と早いので、前日は鬼怒川温泉の佳祥坊 福松に泊まった。
やっぱり温泉はいーやねー。(^^) 露天風呂サイコーでした!
今日は6:30くらいに起きて、インナー着用後朝ゴハン。そして、レーシングワンピース
を着た上にスキーウェアを着込んで7:30にチェックアウト。
エーデルワイススキーリゾートには8:10くらいに到着。まずは受付を済ませる。
塩田のBib No.は102。エントリーした成年の部は塩田を含めて24名が参戦。
車に戻り、参戦準備を。ブーツ履いて,ヘルメットかぶって(ゴーグルはミラー仕様),
板2本かついで、いざ戦場へ!
天気はピーカンとはいかないが、良い天気。But 風が強くて寒いですぅ...。(~_~;)
今回はTriun-SとKC-RVの2本を用意。インスペクションしてからどっち使うか決める
つもりで、コース(ダイナミックコース)に向かう。このときの気持ちは、本番はTriun-S
かなと...。(おい、SL用の板ぢゃん! それって反則だろ!!)
コースは全長:900m,旗門数:22。まず最初はTriun-Sでインスペクションを始める。
っと、最初は緩斜面でクローチング組めって感じ。斜面変化で斜度が上がった...
バーンがコチンコチンに硬いデス。(~_~;) でも、縦のインターバル長めで、横の振り幅
もそんなでもないかなと。 んなら、KC-RVで逝ってみっか。
もう1本インスペクションして、となりのアルペンコースをバーンの硬さを確認するため
にフリーで滑ってみる。いや、硬い。Triun-Sでロングターンするのはちょっとビビりが
入ってしまう。(情けなや...。)
板をKC-RVに履き替え、プロムナードコースをKC-RVの感触を確かめながら1本滑る。
どうも両足荷重がうまくできない、昨シーズンは少しつかみかけたんだけどにゃあ。
そして、スタート位置に上がって、スクレーパーでWAX剥がし、コルクでゴシゴシ。滑走
面の準備をしながら、スタートを待つ。
そして、11時ちょい前、成年の部の選手達がスタート台に向かった。着ていたウェアを
脱いでワンピになったら、寒いのなんの。早く終わりにしましょー!って感じ。
スタート間隔は40秒。前の選手がスタート切って、30秒後に、「プーッ」と計測器からの
合図、5秒前からのカウントダウンが始まり、スタートを切った!
スタートして最初の緩斜面でクローチングを組んでいくが、なーんかおそおそな感じだ。
斜面変化で斜度が上がっての旗門、コチンコチンのバーンにエッヂは落とされることは
ないが、全然スムースなエッヂングができてない。ガリガリガリッ...みたいな。チョー
ブレーキ状態。(~_~;) その後、急斜面へと斜度変化してもターンがスムースになること
はなく、ガリガリガリッ... そのままおそおそでとりあえずゴールはしました。
ゴールにタイム表示はなかったので、そのままリフト直行。早くウェア着たかったのね。
スタート地点に戻り、ウェア着て、レースモードはしゅーりょー...。
その後再び、Triun-Sに履き替え、ワイドスタンス&両足荷重の感触を確かめながら、
数本を滑った。少し思い出せたかもしんない、次回(3/6@みつまた)で再トライぢゃ!

表彰式で配布されたリザルトによると...
 タイム:53秒61 順位:22/24(完走23名) ま、定位置ですね。(~_~;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 15, 2005

ガマンできずにラスト10秒だけ

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

3連休で300km走った疲れはそう簡単に抜けるもんじゃない、足重いっす。
そんなんで、ラストのスプリントまでで足を使い果たそうかなと...。

前回と違うBGMでスタート。ウォーミングアップ1曲目、足動きましぇ~ん。(~_~;)
But 徐々に上げていくには好都合、2曲目からペースを上げていく。
続くクライミング、インストラクターの金城さんの指示は...
 まずはシッティング→テンション上げてスタンディング
  →少しテンション戻してシッティング→テンション上げてスタンディング
But 塩田は
 まずはシッティング→テンション上げてスタンディング
  →テンションキープでシッティング→さらにテンション上げてスタンディング
かなり足にきたとです...。(~_~;)
続くフラットロードでは、左ふくらはぎからの危険信号を受信、少し足を緩める。
その後の40秒×2のクライミングは、1本目軽めに入って、2本目は負荷増!
フラットロードに入るが、ここはおとなしく集団の中に潜むイメージ。
続く今日一番の上り、軽めのテンションで入っていったので、足もだいぶ回復。
重さは残るものの、まだまだ動く感じ。
ダウンヒルに入り、余裕を持ちつつ踏んでいく。続くクライミングの最後はKOM
奪取のためにDASH! 気持ち的には1位通過。(^_-)-☆
当然、足は売り切れ寸前まで来たとです。続くフラットロード,クライミングでは
集団に吸収されてヒラヒラ走る...。
んで、ラストのスプリント1min×3。1本目,2本目は7,8割で踏む。で、3本目
少し足が残っていたので、ガマンできずにラスト10秒だけパワーアップ!
今にもピクピク言いそうなところでゴールを迎えますた...。

その後のストレッチではまー足痛かったっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2005

今年初の「虎の穴」

オッティモレーシングチームの朝練、通称「虎の穴」に参加

朝起きると、今日も身体おもおも。でも、走った後に温泉つかってきたので、
昨日よりはだいぶ楽!? でも、気持ちに疲れが残ってて、動きのろのろ。
集合場所の「アジト」に着いたのは7時2,3分前。(~_~;)
キャプテン塚ちゃんがすでに準備完了,塩田があわてて準備をしていたら、
GIANT小澤さん到着。3人で7:10くらいにスタート。
今日のメニューはLSD、39×16でケイデンス100でキープ。塚ちゃん,小澤
さん,塩田のローテーション。一昨日,昨日の疲れが残っているので、どこ
まで頑張れるか?気持ち的には最低4時間は持たせたい...。
39×16でケイデンス100だと、31,2km出る。巡航しているとそんなには感じ
ないが、直角コーナー等でSTOP & GOをすると16はけっこうな負荷だ。
一昨日,昨日は一人で走っていたが、今日は3人とはいえ集団走行。風の
影響が全然違う、一番後ろはかなり楽だ。(~_~;) ただ、朝から柏印西線で
一昨日よりは弱いが風を感じる。強くならないことを祈るばかりだ...。
塚ちゃん,小澤さんが先頭を走り、自分の番がきた。少し気合いを入れて、
先頭を引く。田んぼ道で「アジト」の先で田尻さんが合流。集団の一番後ろ
についたようだ。田んぼ道を抜け、カンナ街道に入ったところで、両太ももが
ズシーンと重たくなる。まだ1時間くらいしか走ってないっちゅーに...。
重たいが、動かせば動くので、気合いで回していく。柏印西線に入ると心拍
160台後半。先頭引いてると全然LSDぢゃなかとです。(ヒロシです。^^;)
なんとかガマンしきって、先頭を塚ちゃんに渡す。心拍一気に140台に戻る。
あーんど、足も一気に楽になる。集団走行のありがたみを実感デス...。
塚ちゃん,小澤さん,田尻さんが先頭を走っている間、できるだけ足を貯める。
走り出してから2時間を前に、持参したウィダー in ゼリーをチュ~。お腹にも
補給です。が、太ももの重さはより増してて、塩田が先頭を引く順番が回って
きたときにはかなりテンパッてました。が、自分のノルマを果たすべく気合い
でなんとか頑張る。田んぼ道の中盤では心拍170台後半までいってました。
カンナ街道に入って、ほんとシンドくって、チラチラとサイクルコンピュータを
見る回数が増えた。ケイデンスが99から100になかなか上がらんとです。
柏印西線での風が強くなっていない(少し弱くなった?)のが救いで、ペース
キープで再び先頭を塚ちゃんに渡す。一番後ろに下がったことで少し気持ち
がキレてしまったかもしれない、塚ちゃんから小澤さんへの先頭交代を前に
集団からキレかかる。すぐに距離が開かなかったのが幸いした?先頭から
おりてきた塚ちゃんが少し待っててくれて、集団復帰をアシストしてくれた。
アシストのおかげで集団復帰できた。追いついたところで、塚ちゃんが手を
ヒラヒラ、「Thank you!」と一声かけて、元のポジションに戻る。
元の集団構成に戻って、田んぼ道を走っていくと、島村さんが朝練後?で
合流。そして、カンナ街道の後半でTIME小林さんも合流して、人数増。
小澤さんから田尻さんへ先頭が交代、塩田は2番目に。塚ちゃんは今日は
ここで戦線離脱。カンナ街道に入ったところで、持参したウィダー in ゼリーを
チュ~。今度は"RECOVERY"大豆ペプチドが入っているレモン味。かなーり
刺激ある酸味で、これけっこうクセになるかも。
小澤さんと小林さんはトイレタイムだったか?逆走で合流。集団の並び順が
田尻さん,小林さん,島村さん,塩田,小澤さんの順に変わる。
このあたりでは、腕が固まって動かない。ヒラヒラと手信号出すのもツラい。
ほぐれるかなと、グルグル回したり、ブラブラさせたりするが効果なし。
田尻さんから小林さんに先頭が交代すると、小林さんまだまだ元気のようで、
32,3kmで集団を引っ張っていく。塩田的にはマヂ売り切れ直前。必死になり
集団にへばりついていった...が、それも布瀬の信号まで。信号左折する
際に「いって!もーギブ...。」と右手ヒラヒラし、加速していく集団を見送る。
もー足動きましぇん、ギアを17→18→19へと落とし、ケイデンスを90前後に
落として走る。カンナ街道に入ると、両太もも、特に付け根のあたりが「棒」
みたいに感じる。気持ちがキレると止まっちゃうんぢゃないかってくらい。
風はほとんど無風になっていたが、身体が動いていないので、発熱よりも
放熱が進んでいる感じ。「うぅ、寒いデス...。」とどめでお腹グゥ~...。
なんとか、「アジト」に到着。即着替えて、パンをお腹につめこんだ...。

走行時間:4時間28分くらい? 走行距離:135km でした。


※この3連休で300km走りました、だいぶ足もできてきたでしょーか!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

自主練 その2:山岳LSD風味

つくばりんりんロードで、LSD自主練 その2

つくば方面でリアルクライミングしようかと思っていたのだが、朝起きたら身体おもおも。
起きてすぐには動き出せず。しばしダラダラしてどうしようかと考える。
うん、つくばりんりんロードを往復しよう!と決めて、ようやく動き出すことに...。

りんりんロードの虫掛休憩所に車を停めて、10:10くらいだったかな?いざスタート!
今日はWH-7701に13-25の組み合わせ。さて、どのくらいで往復できるかな?

走り出して、気がついたことがある。虫掛方面からの道は筑波休憩所までほんの少し
だけどず~っと上りだったのだ。なぜ気がついたかというと、向かい風(筑波おろし)が
かなりキツくて、スピードが出なかった。んにゃ、出せなかったのね...。(~_~;)
39×21でケイデンス90前後、20~22kmくらいしか出ない。踏もうにも身体おもおもで
動かないし...ま、クライミングしてると思ってガマンガマン。(~_~;)
北条を越えると、筑波休憩所まで若干勾配がキツくなる。が、山の麓だから?向かい
風は気持ち弱くなったので、ペースキープ。
中間点くらいの筑波休憩所までの距離は約16km、46分もかかって通過。おそおそね。
筑波休憩所を過ぎると、平坦になったのでだいぶ楽になる。風も次の真壁休憩所近辺
まではほとんど感じなくなる。ギアを1枚重く(21→19)して、ケイデンスはキープする。
真壁休憩所近辺は山影から開けているのだろうか?また風が。今度は横(西風)から。
また、ギアは21に戻る...。平坦路なのがまだ救いだ。
しばらく走ると、また山影に入ったのか?風が弱くなる。雨引休憩所を過ぎた頃、走り
出してから1時間半弱がたった、少しお腹が空いたので、持参したウィダー in ゼリーを
チュ~。終点?の岩瀬休憩所まであと5kmくらい。ちょっと上って、残りは下っている。
岩瀬休憩所の手前の日陰では、路面の凹んだところが凍っていた。この辺寒いのね。
岩瀬休憩所までの距離は約36km、1時間38分で到着。一息ついて、トイレタイム...。

復路は風も逆になるし、楽チンだぁ~っ!と思いつつ、りんりんロード途中のつくし湖を
目指して再スタート。最初の上りは39×19でいって、その後ギアを1枚重く(19→17)
して若干ペースアップして走る。うん、往路と違って快調×2!と思っていたが、真壁の
あたりからまたしても西風の攻撃にあう。しっかりハンドル持ってないと、左に流される
くらいの風、ギアは→19→21とよわよわデス...。
西風の攻撃をなんとかくぐり抜けると、つくし湖が見えてきた。裏側?の上り坂からの
アプローチ。足がない&気持ちが入ってないのよわよわなので、400mくらいの上りを
23でなんとか上って、12時30分過ぎに湖畔のつくし亭へ。ここの手打ちそばがおいしいのです!
大盛天ぷらそばに舌鼓を打ち、お腹膨らまして、ごちそうさまでした!と1時ちょい前に
再々スタート。表側?に下って県道41号を200mくらい上る。エンペラーカップ本番では
アウターで上るが、今日はそんな足はあるはずもなく。(~_~;) その後下って、りんりん
ロードに戻る。筑波休憩所に向かう道ではギアを17まで上げて回していく。途中で16
に入れるが、明日も走るつもりなので、ここはやっぱり楽しとこうと17に戻す。
筑波休憩所を過ぎ、北条も過ぎると、田んぼの中にりんりんロードがあるのだが、往路
のような風はなく、ほぼ無風。ケイデンス100~110の間くらい軽いもんだ。小田城址を
超えると、藤沢休憩所のあたりまでまーっすぐなので、さらに走りやすくなる。クルクル
足が回り、17だとケイデンス120近くまでいける。これはこれでシンドい(~_~;)ので、ギア
を1枚重く(17→16)にして、ケイデンス100~110で走る。これで32,3kmになる。
感覚的にかなりアッという間、つくし湖から47分くらいで虫掛休憩所まで戻ってきた。

ついで?にりんりんロードの始点、土浦まで足を伸ばしてみることにした。土浦のどの
あたりなの?って感じだったが、西口横の駐車場の裏でした。
そこから虫掛休憩所までは当然筑波おろしの洗礼が待っていたのでした...。

走行時間:3時間30分くらい? 走行距離:83km でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

自主練 3時間LSD

オッティモ虎の穴コースでLSD自主練。

1月末に体調崩して、ゼロリセットされてしまった感があるので、今月はもう一度
足の作り直し。3連休初日の今日は3時間LSD。

道の駅しょうなんに車を停めて、7時50分くらいにスタート。まずは虎の穴コース
に移動、39×17でケイデンス90~100で走るが足が重い。風がないのが救い。
最後まで風が吹かずにもってくれるだろうか?
20分くらいで虎の穴コースに到着、本番スタート。ギア39×17,ケイデンス90台,
心拍が140台後半から150台でキープできる程度の一定のペース(27~8km?)
で走る。が、半周もしないうちから足に張りが。(~_~;) 全然ダメダメぢゃん!
スピニングでもこんな感じだったので、気にせず走る。踏み足にならないよう意識
しながら、ペダリングしていく。一人で走っているので、いつもよりはスピード低め
だが、風もないのでペースキープはできるかなと。
淡々と走って、1時間経過。走行距離はだいたい28kmくらいかな。虎の穴コース
3周目に入る頃、オッティモ通常朝練メンバーと遭遇。こっちのペースは全然遅い
ので、あっさり抜かれる。集団の一番後ろにいた外崎組長が声をかけてくれた。
4周目に入った田んぼ道の最初は若干の上り、心拍は160台にあがってしまう。
カンナ街道に入ると140台後半に戻る。持参したウィダー in ゼリーをチュ~。
...が、風が少し出てきた。柏印西線はかなりしんどい。ま、足は回ってるので、
ガマンガマン!(でも、心拍は170台)
5周目に入ると、足は回るものの、重たくなってきた。田んぼ道での向かい風が
堪える。(でも、いつもよりは弱め)ふぅふぅ言いながら、カンナ街道に入って、風
に背中を押してもらう。そんなあたりで2時間経過、1時間の走行距離は27km。
柏印西線に入ると、さすがに回せなくなってきた。ギアを1枚(17→18)軽くして
回すペダリングを維持する。
6周目に入り、たんぼ道はギアそのまま。心拍170台、かなーりしんどいっす。
カンナ街道入って、ギア&心拍をもどす。そろそろ足もいっぱいかなというところ、
柏印西線に入って、ギア軽くして、布瀬の信号までいく。
信号ひっかかって、信号青で朝練コース逆走して、道の駅に戻ろうとする。すると
スゴい向かい風。手賀ウィンドの洗礼か!? 虎の穴コースの比ぢゃないYo!
20kmチョイくらいしか出ない。ギア19に落として走り、3時間経過を迎える。1時間
の走行距離は26km。その先の橋の微妙な上りも手賀ウィンドと相まって、ギア21
でやっとのこと上る。ひぃひぃ言いながら手賀沼に戻ってきた。朝練集合場所では
組長&高校生増田くんがちょうど引き上げるところでした。
道の駅に戻って、走行時間&距離を見る...

走行時間:3時間14分くらい? 走行距離:86km でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

今日こそリハビリライド

スピニング@Y's Bike Academy に参加。

土日の疲れが抜け切ってない。無理する時期ではないので、今日はリハビリライド。

前回とは違うBGMでスタート。こっちのBGMはやっぱりリズムに乗り切れない。
まぁ、最初からいけないのは今日は良いのかも。徐々にペダリングスピードを
上げていく、足の重さもどんどん増していく。ウォーミングアップ~クライミング,
軽めのテンションで回す。その後、ダウンヒルをクリアしていくと、ふくらはぎは
おもおも...。続くクライミングをしっかり回していくと、ふくらはぎの重さは残る
ものの、だいぶ足が動くようになってきた。ダウンヒル~フラットロードを気合を
入れて踏んでいく。続くクライミングが終わると確かスプリント×3だったかなと
思い、クライミングのラストでガッツリ踏んでアタック! でも、ダウンヒルが間に
挟まっていますた。コース覚えられてましぇんでした~、残念~っ!
ダウンヒルは集団に必死にくらいついていく感じ。やっとの思いで、スプリントに。
今日は集団ゴールができれば良いくらいの感覚で、3本とも7,8割で踏む。
リハビリライド終了、ストレッチではまー足痛いっす。

これで、体調が戻ってくれると良いにゃあ...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

クロロホルムレーシング 2005年の始動

クロロホルムレーシング 2005年初練習会@大井埠頭に参加。

まずは昨日のオペの結果をお披露目(~_~;)

あとは、1,2回の通院(?)の必要がありマス。

今日は、チームリーダ向井田さんがフレーム新調したことが発端。(だよね?)
ステキです! >リーダ

参加者は向井田さん,蔭山くん,石野くん,日吉くん,塩田の5名。
参加を表明していた竹田くんは熱発したらしく、出走回避。(~_~;)

8:00スタートって周知したのに、誰も来ない。(~_~;) 時間は守ろうね。>メンバー各位

結局、走り出したのは8:20くらい。のんびりと走り出す。
フレーム新調してモチベーションは超高の向井田さん、走りもゴキゲンの様子。彼曰く
「反応スゲー良い。でも「もうおしまいかよ!」ってフレームが言ってる気がするよ。」
だそーな。ホイールも新調したらしい、そちらも早期デビューを期待しましょう。(^_-)-☆
そういう塩田もクランクをチェンジしたのだが、ホローテックⅡによる剛性UPのおかげ?
踏んだときのダイレクト感が増した気がします。早くギアかけられる足を作らねば!
コースは北風がけっこう強くて、前半,後半の向かい風区間はかなーりツラい。特に
後半、橋渡って折り返した後の軽い上り&線路沿いの平坦がマヂツラい。39×19で
ケイデンス90がやっとでした。反面中盤の追い風平坦区間はチョー楽チン。39×17
でケイデンス110くらいまで楽に上がる。昨日走ったせいか、今日は足も動くようだ。
11月の西湖以来と言いつつ、軽やかなペダリングの蔭山くん,筋トレ等身体動かして
いるとの日吉くん,今日も自走の石野くんと集団で走る。1周(9km強)25分くらいか?
のんびりLSDだ。途中でオッティモメンバー島村さんが集団走行で抜いていった。
2周目の線路沿いに入ったところ?向井田さん遅れる。足がモチベーションについて
きていないようだ。(~_~;) ややペースを落として走って、信号待ちをしていたら、集団と
いっしょに向井田さんが。集団に連れてきてもらったとのこと。再び5名で走る。
...が、同じようなところで向井田さんに加えて石野くんも遅れる。信号ショートカット
で合流。クロレーの白いレーパンはとても目立つ。けっこう遠くからでも、「お、いるよ」
と見つけられる。
4周目に入ったところで、後ろからオッティモメンバー島村さんが追いついてきて、声を
かけてくれた。しばし話をしながら走る。彼は今年前半は東京~糸魚川チャレンジに
向けて準備していきたいとのこと。うーん、300kmってスゴいよねー...。
信号待ちで石野くんスローパンクチャー?空気スコスコ。向井田さん追いついてきて、
「さすがにエラストマーでも足のピクピク感は吸収できないねー。」とな。(~_~;)
5周目に「ラストにしよう」と確認。最後に、蔭山くんがいく、塩田が追いかける、日吉
くんがさらにいく...。日吉くん,蔭山くん,塩田の順。
塩田的には最後は左ふくらはぎピクッ...。やっぱ病み上がりって感じね。


走行時間:1時間48分くらい 走行距離:46km でした。


また、3月も走ろうと。暖かくなったら、小酒井練習コース,石野練習コースにも足を
伸ばしてみようと話をして、解散。お疲れさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

身体動きましぇ~ん...

オッティモ朝練@手賀沼に参加

1/25のスピニングで頑張りすぎたせい?翌日から体調ボロボロ...。
週末は気象予報士試験があったし、今週のスピニングも乗れるほどは
体調回復していなかったのでキャンセル。今日は超リハビリライドしか
できないだろうなと...。
でも、モチベーションはツール・ド・ランカウイのおかげもあって、超高!
今月はスピードうんぬんはおいといて、距離を乗りたいと思ってマス。

今日も参加人数少なめ。 But スペシャの松丸選手乱入あり、
宮古島に向けてトレーニング中かな?

酒井さん,諏訪ッチ,松丸選手を含む第2集団でスタート。39×17から始めたが、
見事というくらい身体動きましぇ~ん。ケイデンス110くらいまでしか回らないし、
かといって、重いギア踏めるかっていうとそんなハズもなく...。(~_~;)
集団にしがみつこうと、フロントをアウターにチェンジして、30km台中盤で走る。
先頭交代で先頭を引く順番になっても、正直ひける足はなく、後ろからそれは
良くわかったよう(~_~;)で、諏訪ッチがすぐに代わってくれた。
布瀬の信号渡って、田んぼ道に入ると、お約束というか手賀ウィンドの洗礼が。
集団の後ろにしがみついて、ガマンする。少しはガマンしないとね。(~_~;)
カンナ街道に入ると、風向きが変わって少しだけ楽になる。第1集団から2名が
おりてきた。直後に塩田はギブアップ。回らない&踏めない足ではもうダメっす。
リハビリライドに切り替える。27,8kmくらいに落として(落ちてか!?)走る。
柏印西線に入ると、手賀ウィンドが向かい風で吹いてくる。まぁー23kmくらいが
いっぱいいっぱい。&背筋痛くなるし。(涙)
その後、ひとりLSDで2周目に入る。カンナ街道の中盤で組長率いる第3集団が
追いついてきた。(塩田が落ちてったんだろって。~_~;)いっしょに逝けそうだった
ので、つかせてもらうことにした。カンナ街道の後半でSPACEの藤光くんも合流。
みんなでいっしょに風にやられながら走る。でも、ひとりで走るよりペースを高い
ところで維持できる。ダラダラ坂上った後は30km台前半で頑張れた。
手賀の丘公園の信号でしばしばも合流、6名でゴールを目指す。が、皆いっぱい
いっぱいか?塩田も左ふくらはぎがピクッときたので、たね屋に向かうところで
集団引っ張って、そこでしゅーりょー...。
たね屋の坂,沼南高校前の坂とタレタレ...。あー、疲れますた。

1時間26分33秒(Ave.28.76km/h)でした。


塩田の中でしばらく続いていた(?)天使と悪魔の戦いに決着が着きました。
結果は当然ながら悪魔の圧勝だったんですけどね。(~_~;)(~_~;)(~_~;)
朝練が終わって、緊急日帰り手術のためにバイクをお店に引き渡しました。
現在オペ中でしょう、詳細は明日にでも...。(^_-)-☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »